HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方・選び方 > ゴーヤ(にがうり)の見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!

ゴーヤ(にがうり)の見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!




ゴーヤの画像


はじめに

ゴーヤは沖縄での呼び名で、本来はにがうりもしくはつるれいしと呼びます。つる状の果実で、熟した実は果物のライチ(レイシ)に似ていることからつるれいしと呼ばれます。現在ではゴーヤという呼び名も一般的に使われています。

今回はおいしいゴーヤを見分けるポイントを詳しく解説していきます。ゴーヤの旬やゴーヤの色や見た目での見分け方、ゴーヤの重さや食感での見分け方をそれぞれ見ていきます。さらにゴーヤの種類やゴーヤに含まれる栄養素、傷んだゴーヤの見分け方についても取り上げます。






ゴーヤを旬で選ぶ


ゴーヤの旬

ゴーヤは通年出回りますが、旬は夏から秋で7月から11月にかけてです。生産量が最も多いのは沖縄県で、次いで鹿児島、宮崎、熊本など南九州の県が並びます。九州以外だと群馬の生産量も多いです。



ゴーヤの色や見た目での見分け方・選び方

青々として緑色が濃い

ゴーヤは青々として緑色が濃く、つやのあるものを選びましょう。先端や尻部分が黄色く変色しているものは枯れてきているので、鮮度はあまりよくありません。また黒っぽい斑点が出てきているものも古いので、避けた方がいいです。

ゴーヤが青々として緑色が濃い


イボが隙間なく詰まっている

ゴーヤは表面のイボが隙間なく詰まっていて、潰れていたりかけていないものが良品です。

ゴーヤのイボが密集していて潰れが少ない


太さが均一で先がとがっている

ゴーヤは全体的に太さが均一でずんどう型の物がいいです。端の部分はとがっているものを選びましょう。

ゴーヤの太さが均一



ゴーヤの重さや触感での見分け方・選び方

イボに張りのあるものを

ゴーヤは触ってみて張りのあるものがいいです。鮮度が落ちると水気がなくなり、表面のイボの部分からしなびてきます。

ゴーヤのイボにはりがある


両端がふわふわしていない

両端も押してみてふわふわしているものも鮮度はよくありません。


重量感のあるもの

手に取ってみて見た目よりも重量感のあるものがいいです。複数ある場合は同じ大きさでより重いものを選びましょう。





ゴーヤの重さはどのくらい?

ではゴーヤの重さはどのくらいなのでしょうか。実際計ってみることにしました。検証したのは縦27cm、横5cmのサイズのものです。

ゴーヤ1本の大きさ

このサイズでの重さは214.6gでした。さらにゴーヤ(にがうり)の重さは1本で何グラム、大きさやカロリーは?では様々なサイズのゴーヤの重さやゴーヤを薄切りに切ったときの重さなども検証しています。

ゴーヤ1本の重さは214.6g




ゴーヤの品種での見分け方・選び方


日本には中国を経由して入ってきた

ゴーヤはもともとは東インドや東南アジア原産の野菜で、日本には中国を経由して入って来たといわれています。沖縄や九州南部では昔から食べられていましたが、全国的に普及しだしたのは1990年代に入ってからです。


ゴーヤの種類

一般に緑色で中長(25〜35cm)のものが多く出回ります。他にも15cmほどのミニゴーヤや15cmほどで見た目の白い白ゴーヤ、果皮のイボがなくすべすべしたなめらかゴーヤ、通常のゴーヤよりも細長いさつま大長レイシなどもあります。

種類特徴味や合う料理
一般的なゴーヤ25〜35cmほどの長さで緑色一般的なゴーヤ。流通量が多い。
ミニゴーヤ15cmほどの長さで緑色苦味は少なめ。
白ゴーヤ15cmほどの長さで白色、イボは丸みを帯びている。苦味が少ないので生食に向いている。
なめらかゴーヤ25cmほどの長さでイボがなくすべすべ。苦味は少ない。
さつま大長レイシ細長くて緑色鹿児島で昭和初期から栽培。やや苦味が強い。

白ゴーヤ



ゴーヤの栄養素について

苦み成分の効能

ゴーヤの苦味はモモルデシンという成分で、胃液の分泌を促進して食欲を増進させる働きや血糖値を下げる働きがあるといわれています。


ビタミンCが非常に豊富

ゴーヤにはビタミンCが非常に多く含まれています。ビタミンCは抗酸化物質の一つで、体を酸化や老化から守ってくれます。また肌のはりや潤いを担うコラーゲンの合成にもかかわります。ゴーヤに含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくいのが特徴です。



ゴーヤが傷んだり腐ってくるとどうなる?

ゴーヤはまだ未熟な状態のものをいただく野菜です。収穫せずに完熟までさせるとだんだんと黄色に変色に、中の実も種を中心に真っ赤なゼリー状の果肉で覆われます。この果肉は甘くておいしいです。黄色く変色した外皮はシャキシャキ感や苦みが失われているため食用にはむきません。

ゴーヤが傷んでくると色は茶色くなってきます。皮もぶよぶよとしてきてカビが生えたり異臭がしたりします。こうなるともう食べられないので処分するしかありません。



ゴーヤの保存方法について


冷蔵庫で保存

ゴーヤの選び方、見分け方について見てきましたが、ゴーヤの保存方法についても紹介します。ゴーヤはワタと種から傷んでくるので、半分にカットして種とワタをスプーンでくりぬき、冷蔵庫の野菜室で保存すれば1週間は保存ができます。

ゴーヤの種とワタをくりぬいてラップで包む


冷凍して保存

冷凍保存するなら茹でたり炒めたりしてから保存するといいです。これで1ヵ月は持ちます。ゴーヤの保存方法について詳しくはゴーヤ(にがうり)の保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

茹でたゴーヤを保存袋に入れる



チェックの大まかな流れ

それでは最後にゴーヤの見分け方・選び方をおさらいしてみます。まずは鮮やかな緑色をしたもの、太さが均一なもの、イボが隙間なく詰まっているものを選びます。手に取ってみてイボにはりがあり、両端もふわふわしてなくて、さらに重量感もあるものを選びましょう。

ゴーヤのチェックの流れ
  • 緑色が鮮やか
  • イボが隙間なく詰まっている
  • 太さが均一で先がとがっている
  • イボにはりがある
  • 両端がふわふわしていない
  • 重量感がある




※参考書籍
からだにおいしい 野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
新・野菜の便利帳 おいしい編
野菜の基礎知識
野菜の保存&使いきりレシピ
野菜のソムリエ
野菜・山菜ハンドブック
食材図典 生鮮食材篇



公開日 2019/06/04



その他の野菜の見分け方・選び方


おいしいオクラの見分け方・選び方
おいしいオクラの見分け方・選び方
おいしいかぼちゃの見分け方・選び方
おいしいかぼちゃの見分け方・選び方
きゅうりの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!
きゅうりの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!
おいしいさやいんげんの見分け方・選び方
おいしいさやいんげんの見分け方・選び方
おいしいとうもろこしの見分け方・選び方
おいしいとうもろこしの見分け方・選び方
おいしいトマトの見分け方・選び方
おいしいトマトの見分け方・選び方
おいしいミニトマトの見分け方・選び方
おいしいミニトマトの見分け方・選び方
おいしいなすの見分け方・選び方
おいしいなすの見分け方・選び方
おいしいパプリカの見分け方・選び方
おいしいパプリカの見分け方・選び方
おいしいピーマンの見分け方・選び方
おいしいピーマンの見分け方・選び方
おいしいもやしの見分け方・選び方 おいしいもやしの見分け方・選び方


その他の食品群の見分け方・選び方




















食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved