生活知恵袋
HOME > 間違った野菜の保存方法 > 白菜の葉が黄色や茶色に変色、間違った保存方法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?

白菜の葉が黄色や茶色に変色、間違った保存方法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?


白菜の葉が緑から黄色や茶色に変色

はじめに

白菜も保存法を間違えると、葉の一部が黄色や黒っぽく変色してきていしまいます。そこで今回は白菜が黄色や黒色に変色してしまった保存の失敗の過程を紹介し、その上で正しい白菜の保存方法について紹介します。

白菜の間違った保存方法

白菜を常温で保存

まずは今回失敗してしまった白菜の保存方法について解説します。白菜は芯につまようじを刺してから保存すると長持ちするといわれているので、このように芯に3か所つまようじを刺します。

白菜の芯につまようじを刺す

飛び出た部分はこのようにカットします。

つまようじの飛び出た部分をカット

これを新聞紙で包み、ポリ袋に入れて軽く口をしめ、このように段ボール敷いた上に置き、常温で保存します。

白菜を新聞紙とポリ袋に入れて常温保存

白菜が黄色や茶色に変色するまでの様子

白菜を常温保存した時の見た目の変化

まずは初日の状態です。葉はみずみずしくてハリもあり、きれいな状態です。

白菜を常温保存1日目

こちらは3日目です。見たところ特に変化は見られません。

白菜を常温保存3日目

こちらは1週間目です。外葉にそんなには変化は見られません。

白菜を常温保存1週間目

こちらは2週間目です。2週間目にして葉の上部の方に黄色や茶色に色あせてきた部分が見られるようになってきました。

白菜を常温保存2週間目

こちらは2週間と4日目です。葉の変色している部分がさらに広がってきています。

白菜を常温保存2週間と4日目

並べてみるとこんな感じです。左上が初日の常温で保存する白菜で、上真ん中は1週間目のもの、右上は10日目のもので左下は2週間目のもの、右下は2週間と4日目のものです。2週間目以降葉の変色が進んでいるのがわかるかと思います。

常温保存した白菜の1日目から2週間と4日目までの変化

こちらは白菜の変色した部分をアップにしたものです。

白菜の葉が黄色や茶色に変色

こちらの変色した葉を1枚めくってみると、その下は特に変色も見られず奇麗な状態でした。

白菜の変色した外側の葉を1、2枚めくる

白菜を常温保存した時の芯の変化

次は芯の変化を見ていきます。こちらは初日です。芯はこのように特に傷んだ様子も見られません。

常温保存する白菜の芯1日目

こちらは3日目です。芯は少し茶色っぽく変色していますが、比較的奇麗な色です。

常温保存した白菜の芯3日目

こちらは1週間目です。芯はやや茶色への変色が進んでいます。

常温保存した白菜の芯1週間目

こちらは2週間目です。芯はかなり茶色っぽく変色してきています。

常温保存した白菜の芯2週間目

こちらは2週間と4日目です。芯の部分は茶色への変色だけでなく、白カビも生えてきていたので、検証はここまでにしました。

常温保存した白菜の芯2週間と4日目

並べてみるとこんな感じです。左上が初日の常温で保存する白菜の芯で、上真ん中は1週間目のもの、右上は10日目のもので左下は2週間目のもの、右下は2週間と4日目のものです。

常温保存した白菜の1日目から2週間と4日目までの芯の変化

こちらは変色の進行とともに、2週間と4日目で白カビまで生えてきているのがわかるかと思います。

ちなみに白カビの生えた部分も、このように5mmほどカットしたら、中はきれいな状態でした。なので食べれないことはありませんが、一度白カビがはえてきているので、なるべく早くに食べきったほうがいいでしょう。

白カビの生えた白菜の芯を5mm程カット

外葉が変色した白菜のカットした断面は?

それから中の状態はどうなっているのかも気になったので、半分にカットしてみました。意外なことに中の状態は特に傷みもなく、きれいな状態でした。つまようじを刺したのが効いているのかもしれません。

2週間と4日常温保存した白菜の断面

白菜を常温保存した時の重さの変化

次は重さの変化についてみていきます。まずは1日目です。重さは1658.8gです。

常温保存した白菜1日目の重さは1658.8g

3日目の重さは1655.8g(-0.2%)、1週間目は1650.9g(-0.5%)、2週間目は1653.0g(-1.0%)、2週間と4日目は1641.9g(-1.1%)です。乾燥対策をしていたので重さ自体はそんなに減ってはいません。

常温保存した白菜の1日目から2週間と4日目までの重さの変化

経過日数重さ(増減率)
初日の常温で保存する白菜1658.8g
3日目の常温で保存した白菜1655.8g(-0.2%)
1週間目の常温で保存し白菜1650.9g(-0.5%)
2週間目の常温で保存した白菜1643.0g(-1.0%)
2週間と4日目の常温で保存した白菜1641.9g(-1.1%)

白菜を常温保存した際の気温と湿度の変化

白菜を常温保存した際の2週間と4日目迄の気温と湿度の変化はこんな感じです。1日目の気温は12度で、湿度は63%、3日目の気温は14度で、湿度は66%、1週間目の気温は14度で、湿度は66%、2週間目の気温は15度で、湿度は66%、2週間と4日目の気温は12度で、湿度は66%です。

常温保存した白菜の1日目から2週間と4日目までの気温と湿度の変化

今回は12度から15度の温度帯と比較的涼しい気温での保存でした。

白菜を冷蔵庫の野菜室で保存した場合は?

野菜室で保存した白菜の見た目の変化

本来白菜は常温ではなく野菜室で保存した方がいいといわれています。そこで野菜室で保存した場合の変化についても見ていきます。まずは同じように芯につまようじを刺し、新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、軽く口をしめます。

白菜につまようじを刺して新聞紙とポリ袋に入れて野菜室で保存

これを冷蔵庫の野菜室にいれて保存します。

まずは初日の状態です。

白菜の芯につまようじを刺して保存1日目

こちらは3週間経過したものですが、一部で少し変色が見られますが、全体的には変色もなく、葉先にもハリがあってみずみずしい状態を維持しています。

白菜の芯につまようじを刺して保存3週間目

並べるとこんな感じです。左は初日の野菜室で保存する白菜で、右は3週間目のものです。並べて見てもそこまで変化がないのがわかるかと思います。

白菜の芯につまようじを刺して保存1日目と3週間目

常温保存した白菜と野菜室で保存した白菜の違いを比較するとこんな感じです。常温保存したものは全体的にだいぶ変色しているのに対し、野菜室で保存したものは、ほとんど色に変化は見られません。

常温保存した白菜と野菜室で保存した白菜を比較

野菜室で保存した白菜の芯の変化

芯はこんな感じで、白くてきれいな状態です。

つまようじを刺して保存する白菜の芯1日目

こちらは3週間目です。芯はやや変色していますが、それでも常温で保存したものと比べるとだいぶ変色は抑えられています。またカビなども見られません。

つまようじを刺して保存した白菜の芯3週間目

並べるとこんな感じです。左は初日の野菜室で保存する白菜の芯で、右は3週間目のものです。並べると色味の変化がよくわかるかと思います。

つまようじを刺して保存する白菜の芯1日目と3週間目

芯も常温保存したものと比べると、野菜室で保存したものはだいぶ変色が抑えられています。

常温保存した白菜の芯と野菜室で保存した白菜の芯を比較

野菜室で保存した白菜のカットした断面

ちなみに半分にカットして断面を見てみると、このように白くてきれいな状態を維持していました。

つまようじを刺して保存した白菜の断面

カットした断面も常温保存したものと比べてみると、断面はどちらも比較的白くてきれいな状態を維持しています。

常温保存した白菜の断面と野菜室で保存した白菜の断面を比較

野菜室で保存した白菜の重さの変化

重さは1979.5gで、初日の2005.9gからは1.4%減少しています。

つまようじを刺して保存した白菜の重さ1日目と3週間目

それから冷蔵庫で保存する場合は、4、5日ほどたつと白菜から出る水分で包んでいる新聞紙が濡れてくることがあります。このままだと傷むのも早くなるので、4、5日ごとにチェックして、濡れていたら新しい新聞紙と交換してください。

白菜の保存中に濡れてきた新聞紙

ちなみに正しい白菜の保存方法の効果の検証については白菜の保存方法と保存期間、長持ちのコツでも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。

それから今回の検証についてはこちらの動画でも取り上げているので、よかったら合わせて参考にしてみてください。

まとめ

今回は間違った保存法で白菜の葉の一部が黄色や黒色に変色してしまった失敗談について取り上げました。白菜は気温がそれほど高くなければ常温でも保存はできます。10日ほど保存した段階では、特に葉にも変化は見られませんでした。

ただ2週間もすると葉の一部に茶色や黒色への変色が見られるようになります。さらに2週からと4日もすると、今度は芯に白カビもみられるようになります。

一方同じように白菜の芯につまようじを刺して新聞紙で包み、ポリ袋に入れた場合は、3週間たっても特に葉の変色も見られず、きれいな状態を維持していました。なので保存するなら野菜室で保存するといいです。

公開日 2022/11/16

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜のやっちゃダメな保存法


アスパラガスに白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
アスパラガスに白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
アスパラガスが溶けた!この保存法だけはやっちゃダメ、ちなみにまだ食べれるの?
アスパラガスが溶けた!この保存法だけはやっちゃダメ、ちなみにまだ食べれるの?
かぼちゃに白カビが!この保存方法だけはやっちゃダメ!ちなみにまだ食べれるの?
かぼちゃに白カビが!この保存方法だけはやっちゃダメ!ちなみにまだ食べれるの?
カリフラワーに黒い点や茶色のしみが!カビなの?まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
カリフラワーに黒い点や茶色のしみが!カビなの?まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
キャベツが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
キャベツが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
きゅうりが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
きゅうりが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
小松菜の葉が黄色に!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
小松菜の葉が黄色に!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
春菊が枯れて黄色や茶色に変色!間違った保存方法でこんなことに!
春菊が枯れて黄色や茶色に変色!間違った保存方法でこんなことに!
ナスが茶色に変色、間違った保存法でこんなことに、ちなみにまだ食べれるの?
ナスが茶色に変色、間違った保存法でこんなことに、ちなみにまだ食べれるの?
菜の花(なばな)に黄色い花が咲いてしまった!間違った保存法でこんなことに!食べると苦いって本当?
菜の花(なばな)に黄色い花が咲いてしまった!間違った保存法でこんなことに!食べると苦いって本当?
長ねぎが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
長ねぎが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
パプリカ表面が凸凹のクレーター状に!間違った保存法でこんなことに!これってまだ食べれる?
パプリカ表面が凸凹のクレーター状に!間違った保存法でこんなことに!これってまだ食べれる?
ブロッコリーが黄色に?実際に食べてみたら味や触感が全然違う
ブロッコリーが黄色に?実際に食べてみたら味や触感が全然違う
ほうれん草が溶けて異臭が!間違った保存法でこんなことに!
ほうれん草が溶けて異臭が!間違った保存法でこんなことに!
レタスが溶けた!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに! レタスが溶けた!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!


その他の食品群のやっちゃダメな保存法


食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved