生活知恵袋
HOME > 食材の保存方法 > ほうれん草の保存方法と保存期間、長持ちのコツ

ほうれん草の保存方法と保存期間、長持ちのコツ

そのまま保存したほうれん草とポリ袋に入れて保存したほうれん草

ほうれん草の保存方法

はじめに

ほうれん草は高原など冷涼な気候での栽培に適した野菜です。保存する場合も常温ではなく冷蔵庫での保存が適しています。今回はほうれん草の冷蔵庫、冷凍庫での保存方法、干して保存する方法、作り置きのおかずにして保存する方法を紹介します。さらにほうれん草が傷んだ場合の変化や、おいしいほうれん草の見分け方についても解説します。

保存方法と保存期間

ほうれん草は常温保存には向きません。冷蔵庫での保存なら1週間、冷凍庫なら1ヵ月の保存が可能です。下の表は各保存方法と保存期間の一覧です。

保存方法常温冷蔵冷凍漬物乾物土中
保存期間-1週間1ヵ月-1ヵ月-

ほうれん草の保存の基本

立てて保存

野菜は収穫後も呼吸をしているので、畑と同じ状態に立てて保存してやると鮮度が長持ちします。もし横にして保存すると野菜はストレスを感じてそれだけ鮮度の落ちが早くなります。

ほうれん草保存の最適温度、最適湿度

ほうれん草の保存の最適温度は0〜5℃です。保存するなら野菜室ではなく冷蔵庫の冷蔵室がいいでしょう。最適湿度は95〜98%です。湿度がしっかりと保たれた状態が重要です。湿度を維持するためにも新聞紙で包んだりポリ袋に入れて保存するといいでしょう。ほうれん草以外の野菜の最適保存温度、湿度については野菜の最適保存温度と最適保存湿度についてで解説しています。

ほうれん草を冷蔵庫で保存

新聞紙で包んで保存

ほうれん草は収穫後も呼吸をしていて水分を発散しています。乾燥を防ぐためにポリ袋に入れて軽く口をしめ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。これで1週間は持ちます。

立てて保存する場合、ペットボトルをカッターなのでカットして、カットした断面をビニールテープで保護したものを使うと便利です。

ほうれん草をポリ袋に入れて立てて保存

  • 使う道具 - ポリ袋
  • 保存方法 - ポリ袋に入れて野菜室で立てて保存
  • 保存期間 - 1週間

ポリ袋の口は軽くしめる

ほうれん草は乾燥に弱い野菜ですが、ポリ袋を固く締めてしまうと密閉されてしまい、ほうれん草から出た水分が行き場をなくして今度は逆にむれてします。下の画像のようにポリ袋の口は軽く締めるようにしましょう。

保存用のポリ袋の口のしめ方

ほうれん草の冷蔵保存の効果を検証してみた

ほうれん草の保存方法ごとの重さの変化

実際にほうれん草をポリ袋に入れて立てて保存すると、どのくらい鮮度は持つのでしょうか。気になったので実践してみることにしました。今回はさらに新聞紙で包んでからポリ袋に入れた場合の保存効果についても検証しました。

何もしないで野菜室で保存したほうれん草とポリ袋に入れて保存したほうれん草、新聞紙で包んでからポリ袋に入れて保存したほうれん草を比較してみたところ次のようになりました。

経過日数そのままのほうれん草ポリ袋のほうれん草新聞紙とポリ袋のほうれん草
1日目26.5g44.9g27.6g
2日目21.3g(-19.7%)44.3g(-1.4%)26.0g(-5.8%)
3日目18.1g(-31.7%)43.9g(-2.3%)24.0g(-13.1%)
5日目42.7g(-4.9%)22.8g(-17.4%)

何の対策もしてない方は3日間で水分が31.7%減少しています。一方でポリ袋に入れて保存したほうは、5日たっても4.9%の減少にとどまっています。

何もしないで保存したほうれん草の3日間の変化

こちらは何もしないでそのまま冷蔵庫の野菜室で保存するほうれん草の1日目の状態です。ハリつやがあってみずみずしさを保っています。

そのまま保存するほうれん草1日目

これが3日たつとこうなります。たった3日でかなりしなびれて、しわしわになっています。

そのまま保存したほうれん草3日目

並べてみるとこんな感じです。左は初日のそのまま野菜室で保存するほうれん草で、右は3日たったそのまま野菜室で保存したほうれん草です。並べてみると一目でしなびれ具合がわかるほど変化しています。

そのまま保存したほうれん草の1日目と3日目の違い

ちなみにしなびてしまったほうれん草も、再生させて再びハリやみずみずしさを取り戻すこともできます。要は水につけて戻す方法なのですが、詳しくはしなびたほうれん草が元通りになるの?ほうれん草の復活術、再生術を検証しますで解説しています。

また以下の動画でもその効果を検証しています。

ポリ袋に入れて保存したほうれん草の5日間の変化

ちなみにこちらはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存するほうれん草の1日目の状態です。こちらも初日はハリつやがあり、みずみずしさもしっかりあります。

ポリ袋に入れて保存するほうれん草1日目

これが5日間たつとこうなります。こちらは5日たってもほとんど変わっていません。ハリやみずみずしさもしっかり維持しています。

ポリ袋に入れて保存したほうれん草5日目

並べてみるとこんな感じです。左は初日のポリ袋に入れて野菜室で保存するほうれん草で、右は5日間たったポリ袋に入れて野菜室で保存したほうれん草です。

並べてみると、そんなに変化していない様子がよくわかるかと思います。

ポリ袋に入れて保存したほうれん草の1日目と5日目の違い

新聞紙とポリ袋に入れて保存したほうれん草の5日間の変化

ちなみにこちらは新聞紙とポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存するほうれん草の1日目の状態です。こちらも初日はハリツヤ、みずみずしさともにしっかりとあります。

新聞紙とポリ袋に入れて保存するほうれん草1日目

これが5日間たつとこうなります。こちらは5日たつとそのまま保存したものほどではありませんが、大分しなっとしてきています。

新聞紙とポリ袋に入れて保存したほうれん草5日目

並べてみるとこんな感じです。左は初日の新聞紙とポリ袋に入れて野菜室で保存するほうれん草で、右は5日間たった新聞紙とポリ袋に入れて野菜室で保存したほうれん草です。

新聞紙とポリ袋に入れて保存したほうれん草の1日目と5日目の違い

初日と比べるとだいぶしなびてきているのがわかるかと思います。新聞紙で包むとかえって新聞紙が水分を吸収してしまい、その結果、そのままポリ袋に入れた物よりもしなびてしまったのかもしれません。

ちなみに3日たったそのまま保存したほうれん草と、ポリ袋に入れて5日間保存したほうれん草、新聞紙とポリ袋に入れて5日間保存したほうれん草を並べるとこうなります。ポリ袋に入れたものが最もハリつやがよく、次いで新聞紙とポリ袋に入れたほうれん草が、一番しなびているのがそのまま保存したほうれん草です。

このように保存方法の違いでかなり差が出る結果となりました。

そのまま保存したほうれん草3日目と、ポリ袋に入れて保存したほうれん草5日目、新聞紙とポリ袋に入れて保存したほうれん草を比較

なお以下の動画でもポリ袋に入れて保存する方法の効果を、1日目、2日目、3日目、5日目と検証しているので、併せて参考にしてみてください。

ほうれん草を冷凍庫で保存

ゆでて冷凍保存

ほうれん草は茹でてから冷凍保存をすることもできます。ほうれん草を水でさっと洗ってから、鍋に水と塩(水1リットルに対して小さじ1ほど)を少々加えて沸騰させます。そこにほうれん草をまずは茎の部分だけ入れて30秒ほど茹で、残りの葉の部分も入れてさらに30秒茹でます。こうすることで全体にむらなくゆであがります。

ほうれん草を塩ゆでする

これを冷水にさらしてから取り出し、よく絞ってから食べやすい大きさにカットします。そして小分けにしてラップで包みます。小分けにしておくと解凍して使う時に便利です。

茹でたほうれん草をラップで包む

これを冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存します。これで1ヵ月は保存ができます。

茹でたほうれん草を保存袋に入れて冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - 茹でてからカットして小分けにしてラップした後、冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月

生のまま冷凍と加熱した後に冷凍のどっちがいいの?

ちなみにほうれん草を冷凍保存するなら生のままといったん加熱調理してからだと、どちらがいいのでしょうか。先に結論を書くと加熱調理してから冷凍した方が、解凍した後も味や食感はいいです。

詳しくはほうれん草の冷凍保存は生と茹でどちらが正解なのか検証してみたら意外な結果にでも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。

また以下の動画でも詳しく解説しています。

ペースト状にして冷凍保存

ほうれん草はペースト状にして冷凍保存もできます。ペースト状にしたほうれん草は離乳食やお菓子作りの材料に、またポタージュに加えてほうれん草入りポタージュにしてもいいです。まずはほうれん草を茹でて5cmほどに切り分け、フードプロセッサーかすり鉢でペースト状にすりつぶします。

茹でたほうれん草をフードプロセッサーに入れる

ちなみにすり鉢でペースト状にするにはなかなか手間がかかるので、今回はamazonや楽天市場で人気の以下のフードプロセッサーを使いました。

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P
パナソニック

amazonで購入 楽天市場で購入

フードプロセッサーでペーストすると簡単に以下のようにペースト状のほうれん草にすることができます。

ほうれん草をフードプロセッサーでペースト状に

あとはペースト状にしたほうれん草を冷凍用保存袋に入れて冷凍保存します。これで1ヵ月は保存ができます。

ペーストしたほうれん草を保存袋で冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、金属トレイ、フードプロセッサー or すり鉢
  • 保存方法 - 茹でてからカットしてペースト状にした後、冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月

ほうれん草の冷凍保存のコツ

加熱処理して冷凍保存

ほうれん草を冷凍保存する際は、加熱処理してから冷凍した方が色や鮮度の持ちがいいです。これはほうれん草に含まれる酵素の働きによります。酵素は低温化だとその働きも鈍りますが、それでも徐々に味や鮮度は落ちていきます。そこで冷凍保存の前にあらかじめ加熱処理しておくことで、酵素の働きを抑え、味や鮮度の落ちを抑えることができます。

保存袋には保存日の記載を

冷凍保存の場合、長期保存できるのでついつい使いそびれて後になっていつ保存したのかがわからなくなりがちです。こうなるとまだ食べれるのか食べれないかも判別しにくくなります。そこで保存する際に保存袋に保存した中身とその保存日を記載しておくことで、後になってもいつ保存したのかが一目でわかります。

ジップロックの日付記入欄

冷凍用保存袋といえばジップロックが有名です。こちらはパック表面に保存する食品の名前と保存日を記載する項目があらかじめプリントされています。スーパーやホームセンターなどでも置いています。ネットでまとめて購入することもできます。サイズはS、M、Lとあります。

ジップロック フリーザーバッグ
旭化成ホームプロダクツ

amazonで購入 楽天市場で購入

保存袋の空気はしっかりと抜く

冷凍用保存袋の空気はしっかりと抜いておきましょう。空気は熱伝導率が低いので、空気が残っているとその分冷却時間もかかってしまいます。少しでも早く冷凍させるなら空気をしっかりと抜いておくことが大切です。

薄く平らにして保存する

食品の冷凍で大事なのはいかに早く冷凍するかですが、そのためにも保存する際は食材をなるべく薄く平らにして保存しましょう。こうすると素早く均一に冷凍することができます。また解凍時の時間も短縮することができます。

金属トレイで急速冷凍

金属トレイの画像

冷凍保存するときは素早く冷凍することが大事です。冷凍に時間をかけるほど食品の鮮度も落ちていきます。冷凍する際は熱伝導率の高い金属トレイの上に乗せてやるといいです。こうすると通常よりも早く冷凍できます。

ほうれん草の冷凍保存についてはほうれん草の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介でも詳しく解説しています。

ほうれん草の解凍方法

茹でたほうれん草の解凍方法

冷凍した茹でたほうれん草は、解凍する場合は流水解凍するといいです。

茹でたほうれん草を流水解凍

解凍では氷結晶が大きくなりやすいマイナス5度からマイナス1度の間と、酵素反応が起きやすい10度から40度の間の温度帯が特にダメージが出やすいといわれています。この時間帯をいかに短く通過するから鮮度を保つコツです。

解凍温度とダメージの出やすい温度帯の図

流水解凍ならマイナス5℃からマイナス1度の温度帯を素早く通過することができます。以下は冷凍した茹でたほうれん草です。

こちらを流水解凍すると以下のようになります。触感はしっかりとハリとシャキシャキ感が残っています。

流水解凍した茹でたほうれん草

ちなみに加熱料理で使う場合は冷凍のまま直接加えるといいです。この方がより早くダメージを受ける温度帯を通過することができ、解凍による食材のダメージを抑えることができます。

ほうれん草のおすすめの解凍方法については冷凍したほうれん草の解凍方法、自然解凍、流水解凍、氷水解凍のどれがいいのか検証してみたでも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。

また以下の動画でも詳しく解説しています。

ペースト状にしたほうれん草の解凍方法

ペースト状のほうれん草も冷凍庫で保存すると以下の画像のようにカチカチに固まります。

冷凍したペースト状のほうれん草

これを離乳食やお菓子の材料として使う場合はまずは解凍が必要です。解凍は冷蔵庫で自然解凍します。こちらも低温下での解凍の方が味や食感の低下は少なくて済みます。以下は冷蔵庫で自然解凍させたペースト状のほうれん草です。

冷蔵庫で自然解凍したペースト状のほうれん草

じゃがいものポタージュなどにいれて使う場合は凍ったまま直接加えてもいいです。

ほうれん草を乾物にして保存

ほうれん草を干して長期保存

ほうれん草を干して乾物にして保存することもできます。干すことによりうまみが凝縮されます。まずは土が残らないように1株を何個かに分け、根元をよく洗います。つぎにほうれん草を逆さにしてフックにかけて、風通しのいい場所で2、3日ほど干しておきます。

他にもほうれん草をみじん切りして、それをざるにのせて、同じように風通しのいい場所で2〜3日ほど干しておいてもいいです。どちらも使う時はそのまま汁物などに加えて使うといいでしょう。保存する場合は瓶や保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。これで1ヵ月は持ちます。

  • 使う道具 - ざる、フック、保存袋、瓶
  • 保存方法 - 風通しのいい場所で2〜3日干してから保存袋などにいれて冷蔵庫で保存
  • 保存期間 - 1ヵ月

保存袋に保存日を記入

ほうれん草も乾燥させれば長期保存が可能ですが、ついつい使いそびれて後になって保存日がわからなくなるなんてこともありがちです。そこで保存する際は保存袋に保存日を記入しておくようにしましょう。ビンならシールやラベルに保存日を記入して貼っておくといいです。

干しかごで鳥や虫よけ

ほうれん草を干していると場所によっては虫や鳥に食べられてしまうこともあります。虫や鳥が寄ってきそうな場合は周囲が網で囲われた干しかごがあると便利です。これなら風通しを維持したまま虫や鳥の侵入を抑えることができます。

万能干しカゴ 3段 50×50×高さ55cm アウトドア 干し物に活躍
全国家庭用品卸商業協同組合

amazonで購入 楽天市場で購入

ほうれん草を作り置きにして保存

ほうれん草のごま和えにして保存

あらかじめほうれん草を作り置きのおかずにして保存しておけば、簡単に料理に一品加えることもでき、料理時間の短縮につなげることができます。保存は冷蔵庫なら3〜4日、冷凍庫なら2週間ほど可能です。まずはほうれん草のごま和えから紹介します。

作り方はまずはほうれん草を水洗いして、塩をふって沸騰させた鍋に入れて固めに茹でます。ゆであがったら冷水に取り出し、水けを絞って5僂猟垢気棒擇蠅修蹐┐泙后しょうゆをかけて混ぜ、水けを絞ります。あとは白ごま、砂糖、塩を加えて混ぜ合わせて出来上がりです。

ほうれん草のごま和え

レシピ(4人分)
  • ほうれん草 … 400g
  • しょうゆ … 大さじ1
  • 白いりごま … 大さじ2
  • 砂糖 … 小さじ2
  • 塩 … 少々

ほうれん草の磯部あえ

次にほうれん草の磯部あえについて紹介します。まずはほうれん草を水洗いし、水を入れ塩を少々加えて沸騰された鍋にいれ、ゆであがったら冷水にさらします。水けを絞って5cmの長さにカットし、ボールにいれてしょうゆ、ちぎった焼きのりを加えて混ぜ合わせて出来上がりです。

ほうれん草の磯部あえ

レシピ(4人分)
  • ほうれん草 … 300g
  • 焼きのり … 1枚
  • しょうゆ … 小さじ2

作り置きを冷凍保存する場合

ほうれん草の作り置きを冷凍保存する場合は冷蔵庫での保存なら容器に入れての保存でもいいですが、冷凍庫に保存するなら冷凍用の保存袋がいいです。こちらの方が空気を抜きやすく密閉しやすいし、平らになるように入れれば冷却も早くなります。

冷凍したものを使う際は電子レンジでまずは解凍し、そのあと耐熱容器に移してレンジで温めるといいです。

電子レンジの解凍キー

保存方法別の保存期間の目安

ほうれん草は冷蔵庫の保存で1週間ほど持ちます。茹でてから冷凍保存すれば1ヵ月は持ちます。また屋外で乾燥させてから保存容器に入れて冷蔵庫での保存でも1ヵ月は持ちます。ほうれん草のおひたしやごま和えにしてから冷凍保存した場合は2週間ほど持ちます。

保存方法保存期間
冷蔵保存1週間
冷凍保存1ヵ月
干してから冷蔵保存1ヵ月
作りおきにして保存冷蔵保存 3〜4日
冷凍保存 2週間

ほうれん草が傷んでくるとどうなる?

ほうれん草も保存期間が長くなると次第に傷んできた最後には腐ります。では傷んで腐るとどのようになるのでしょうか。まずはしわしわになってきます。さらに傷みが進むと茶色く変色し、葉は溶けドロッとして汁も出てきます。さらに異臭も発生します。こうなるともう食べれません。

おいしいほうれん草の見分け方

ほうれん草を長く保存しておきたいなら購入段階でしっかりと鮮度のいいほうれん草を選ぶことも大切です。ほうれん草は葉が濃い緑でみずみずしいもの、葉先までピンと張っているものが鮮度がいいです。茎はふと過ぎず細すぎずで、適度な太さのもの、根元は鮮やかなピンクで、切り口はみずみずしいものが良品です。詳しくはおいしいほうれん草の見分け方・選び方で解説しています。

ほうれん草は濃い緑でみずみずしいものを

以下ではほうれん草の見分け方・選び方をドアップの映像で動画で解説しているので、併せて参考にしてみてください。

保存方法まとめ

ほうれん草は乾燥に弱いので保存する場合は新聞紙に包んでからポリ袋に入れ、立てかけて冷蔵庫で保存します。これで1週間は持ちます。茹でてから水けを絞り、カットして冷凍用保存袋に入れて冷凍保存すれば1ヵ月は持ちます。

風通しのいい場所で2〜3日乾燥させてから瓶などにいれて冷蔵庫で保存することもできます。これでも1ヵ月は持ちます。ほうれん草のおひたしやほうれん草の磯部あえなどをあらかじめ作って起き、冷凍用保存袋に入れておけば2週間ほど持ち、解凍して温めるだけで手軽に料理に1品加えることもできます。

参考書籍
プロが教える食材の裏ワザ
いちばんわかりやすい家事の基本大事典
材料の下ごしらえ百科
もっとおいしくながーく安心食品の保存テク
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ
組み合わせ自由自在作りおき野菜おかず357
節約&かんたん冷凍保存大事典

最終更新日 2021/10/08

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の葉物野菜の保存方法


キャベツの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
キャベツの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
かぶの葉の保存方法が本当に効果があるのかを検証してみたら驚きの結果に!
かぶの葉の保存方法が本当に効果があるのかを検証してみたら驚きの結果に!
小松菜の保存方法が本当に効果があるのかを検証してみたら驚きの結果に!
小松菜の保存方法が本当に効果があるのかを検証してみたら驚きの結果に!
春菊の保存方法が本当に効果があるのかを検証してみたら驚きの結果に!
春菊の保存方法が本当に効果があるのかを検証してみたら驚きの結果に!
大根の葉の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
大根の葉の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
長ねぎ(白ねぎ)、葉ねぎ(青ねぎ)の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
長ねぎ(白ねぎ)、葉ねぎ(青ねぎ)の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ニラの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ニラの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
白菜の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
白菜の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
芽キャベツの保存方法と保存期間、長持ちのコツ 芽キャベツの保存方法と保存期間、長持ちのコツ


その他の食品群の保存方法



食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved