生活知恵袋
HOME > 食材の疑問 > 緑がかったじゃがいもって食べられるの?

緑がかったじゃがいもって食べられるの?

赤い斑点の出たじゃがいも

はじめに

緑がかってきたジャガイモ、まだ食べられるのかどうか気になるかと思います。結論から先に言うと食べない方がいいです。今回は緑がかったじゃがいもを通常のジャガイモと比較しながら、その違いについてみていきます。

さらに緑色に変色してしまう理由や、変色したジャガイモを食べるとどうなるのかについても解説します。最後にジャガイモの上手な保存法についても取り上げます。

緑色のジャガイモと黄金色のジャガイモ

見た目の違い

緑がかったじゃがいもはこのように見た目でもやや緑っぽくなっています。

緑がかったじゃがいも

ちなみに通常のジャガイモはこのように黄金色です。

皮が黄金色のじゃがいも

並べるとこんな感じです。左が通常のジャガイモで、右は緑がかったじゃがいもです。並べるとその違いがよく分かるかと思います。

緑がかったじゃがいもと黄金色のじゃがいもを比較

ちなみにこちらは男爵イモと呼ばれる品種です。ジャガイモはメークインと呼ばれる品種も市場によく出回ります。メークインは男爵イモほど黄色ではなく、土っぽい色をしています。こちらも鮮度が落ちると緑がかってきます。

男爵いもとメークインの違いについては男爵いもとメークインの違いと料理での使い分けで詳しく解説しています。

男爵いもとメークインの違い

中の果肉の違い

緑がかったじゃがいもの皮をむいてみると、中の果肉も緑がかった色をしています。匂いも青っぽい感じが強くなります。

皮をむいた緑がかったじゃがいも

こちらは通常のジャガイモの果肉です。奇麗な黄色です。

皮をむいた通常のじゃがいも

並べるとこんな感じです。左は通常のジャガイモの果肉で、右は緑がかったじゃがいもの果肉です。

果肉が緑色のじゃがいもと果肉が黄色のじゃがいも

なぜじゃがいもが緑色になるの?

じゃがいもは基本的には長期保存が可能ですが、保存期間が長くなると芽の周りを中心に緑がかってきます。また日の光に浴びるとすぐに緑がかってきます。日の光を浴びると発芽が促され、芽も出やすくなります。

じゃがいものソラニン生成までの流れ

緑がかった部分にはソラニンが含まれる

ソラニンは有毒成分

緑がかった部分にはソラニンが含まれています。ソラニンとはアルカロイドの一種でポテトグリコアルカロイド(PGA)と呼ばれる有毒物質です。

アルカロイドの特徴は強い生理作用で、中毒となるものもあれば薬として利用されるものもあります(カフェインやモルヒネ、ニコチンなどもアルカロイドの一種)。

緑がかったじゃがいもその2

緑がかったじゃがいもを食べるとどうなる?

めまいや腹痛、場合によって命の危険も

ソラニンを含む芽や緑がかった皮を食べるとめまいや腹痛、場合によっては命を落とす危険もあるので注意してください。ちなみに下の画像はジャガイモの芽です。

芽が出たジャガイモ

緑がかったじゃがいもの対処法

ソラニンは熱に強いので、火にかけてもなかなか分解されません。なので加熱したから大丈夫だというものではありません。緑がかったじゃがいもも、その範囲が一部であれば、しっかりとその部分を厚めにカットすれば食べることができます。ただ全体的に緑がかっている場合捨てたほうが無難です。

ちなみに緑がかったじゃがいもについては以下の動画でも詳しく検証しているので、併せて参考にしてみてください。

上手なじゃがいもの保存の仕方

じゃがいもは光に当たると発芽が促進されてしまうので、直射日光の当たらない場所で保存するようにします。乾燥しないように新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するといいです。

じゃがいもをポリ袋に入れて保存

室温が7℃〜15℃くらいであれば常温でも保存ができます。この場合も直射日光の当たらない場所で新聞紙で包み、ポリ袋に入れて保存するといいです。

これでだいたい2か月は保存が可能です。ジャガイモの上手な保存方法についてはじゃがいもの保存方法と保存期間、長持ちのコツでも枠しく解説しています。

また以下の動画でもその保存効果について検証しているので合わせて参考にしてみてください。

まとめ

今回は緑がかったじゃがいもについて、通常のジャガイモとの違いや、緑に変色する理由、緑に変色したジャガイモの対処法を詳しく見ていきました。ジャガイモは長期保存が効くので、ついつい常備野菜として使わずにそのままにして置きがちです。

長く保存しすぎてしまうと緑に変色して食べられなくなるので、保存期間内でしっかりと使いきるようにしましょう。

公開日 2021/10/23

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の食材の疑問


キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
里芋の切り口の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
里芋の切り口の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
レタスの芯の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
レタスの芯の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved