HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方・選び方 > おいしいかぼちゃの見分け方・選び方

おいしいかぼちゃの見分け方・選び方




かぼちゃの画像


はじめに


かぼちゃは1年中出回っていますがしっかりと熟していないものはおいしさもいまいちです。そこで今回はおいしいカボチャを見分ける方法を紹介します。まずはカボチャの旬はいつなのかを紹介し、カボチャにはどのような種類があるのかを解説します。ついでおいしいカボチャを見た目から判断する方法と、手に持ってみて判断する方法、そしてカットしたカボチャの見分け方を紹介します。さいごにかぼちゃの種類ごとの栄養素の違いとカボチャの保存方法について解説します。







かぼちゃを旬で選ぶ


かぼちゃの旬

かぼちゃの国産品の産地は北海道、鹿児島、茨城、千葉、長崎などで旬は5月から9月です。鹿児島産、茨城産は5〜7月頃でまわり、長崎産は6〜8月ごろ、北海道産は7月から9月ごろ出回り、千葉産は周年出回ります。かぼちゃの輸入品の産地はメキシコやニュージーランド産が多く、旬は11月から3月頃です。



かぼちゃの種類での見分け方・選び方


かぼちゃの原産地と日本へ来た時期

かぼちゃは大きく日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3つに分類されます。日本かぼちゃのルーツは中央アメリカで、西洋かぼちゃは南アメリカ、ペポかぼちゃも中央アメリカが原産です。

国内に最初に伝わったのは日本かぼちゃで16世紀にポルトガル船により持ち込まれました。19世紀後半になると西洋かぼちゃが北海道を中心に広まり、現在では国内で流通しているかぼちゃの9割近くは西洋かぼちゃになります。

日本かぼちゃの特徴

日本かぼちゃの菊座かぼちゃ

日本かぼちゃは西洋かぼちゃに比べて皮が黒っぽく、ねっとりとした食感なので煮物やてんぷらなどに向いています。上の画像は日本かぼちゃの菊座かぼちゃですがかなり凹凸がはっきりしているのがわかるかと思います。

西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの特徴

西洋かぼちゃ

西洋かぼちゃは日本かぼちゃと比べると凹凸が少なく、ほくほくして甘いので、サラダやコロッケ、スープなどに適しています。ペポかぼちゃは種類によって料理の仕方も異なります。ペポかぼちゃのうちそうめんかぼちゃは酢の物、和え物などに利用されます。そうめんかぼちゃとはその名の通り煮ると中身がそうめんのように糸状にほぐれます。日本かぼちゃと西洋かぼちゃの違いについては西洋かぼちゃと日本かぼちゃの違い、味や食感、見分け方についてでも詳しく解説しています。

種類見た目味とあう料理品種
日本かぼちゃ凹凸が深く色みが濃いねっとりとしていて、煮物、てんぷらなどに合う鹿ヶ谷かぼちゃ、黒川かぼちゃ、菊座かぼちゃ、ちりめんかぼちゃ
西洋かぼちゃ凹凸が少ないほくほくと甘いのでコロッケやサラダ、スープなどに栗かぼちゃ、白川栗かぼちゃ、黒川栗かぼちゃ
ペポかぼちゃ-種類によって異なるそうめんかぼちゃ、ズッキーニ



かぼちゃの見た目での見分け方・選び方


へたがよく乾燥しているもの

かぼちゃのへた

かぼちゃは出荷時にはまだ甘みは弱く、1〜2ヶ月ほど置き熟成させることで水分が乾燥して粉質へと変わり甘味も増すので、おいしいかぼちゃになります。熟成具合を見分けるならかぼちゃのへたを見るといいです。へたがよく乾燥してコルクのようになっているもの、特に縦に線が入っているようなものはしっかりと熟成していて良品です。またへたの周りがへこんでいるものも熟成を見分けるポイントの一つです。

もしへたに水気が残っているなら少し保管しておき、乾燥させてから食べるといいでしょう。

へたが左右対称

へたは比較的左右対称に肥大していて十円玉台の大きさのものがいいです。

縞模様がはっきりしている

縞模様がはっきりしていて、緑色の濃いものを選びます。



かぼちゃの触感での見分け方・選び方


程よい固さ

皮がきれいで滑らかなものは出荷の早い未熟品です。表面がゴリゴリしていて滑らかでなく、爪がたたないほどかたいものほど良品です。

重量感がある

もってみてずしりと重量感のある物を選びます。同じサイズのかぼちゃと持って比べてみて重たいものを選ぶのもいいでしょう。



カットしたかぼちゃの見分け方・選び方


切り口が濃い

切り売りのものは、切り口の果肉の黄色が濃い物を選ぶ。完熟時には赤みを帯びた黄色をしています。切ったカボチャは種から傷みはじめるので、種が沈み込んでいないものを選びます。

種がふっくらとしたものを

カットしたかぼちゃは中の種がふっくらしたものを選びましょう。種は熟したものほどふっくらとしています。

種とワタがぎっしりとつまってる

ぎっしり詰まったかぼちゃのたね

カットしたものは中の種やワタがぎっしりとつまっているものを選びましょう。たねの間に隙間があるものは熟しすぎです。





かぼちゃを栄養素で選ぶ


β-カロテンやビタミンEが豊富

かぼちゃには抗酸化物質であるβ-カロテンやビタミンEが豊富に含まれています。抗酸化物質は活性酸素による体内の酸化から細胞を守ってくれます。活性酸素が増えすぎると細胞の老化や肌荒れ、動脈硬化の要因となります。β-カロテン、ビタミンEともに西洋かぼちゃの方が日本かぼちゃよりも多く含まれます。β-カロテンについてはビタミンAの効果・効能、レチノール、β-カロテンとはで、ビタミンEについてはビタミンEの効果・効能、抗酸化物質としての働きで詳しく解説しています。

食品名 β-カロテン含有量(μg/100g) ビタミンE含有量(mg/100g)
西洋かぼちゃ 4000μg 4.7mg
日本かぼちゃ 830μg 2.2mg

ビタミンCが豊富

かぼちゃには抗酸化物質の一つであるビタミンCも多く含まれます。ビタミンCは同じく抗酸化物質であるビタミンEを再活性化して抗酸化作用を高める働きがあります。ビタミンCは西洋かぼちゃに特に多く含まれその量は日本かぼちゃの約2倍です。ビタミンCについてはビタミンCの効果・効能で詳しく解説しています。

食品名 ビタミンC含有量(mg/100g)
西洋かぼちゃ 32mg
日本かぼちゃ 16mg

カリウムが多く含まれる

西洋かぼちゃ、日本かぼちゃともにカリウムが多く含まれます。カリウムはナトリウムの吸収を抑制と尿中への排出を促進する働きがあるため、高血圧やむくみの改善が期待できます。カリウムについてはカリウムの効果・効能でも詳しく解説しています。

食品名 カリウム含有量(mg/100g)
西洋かぼちゃ 430mg
日本かぼちゃ 480mg



かぼちゃの保存方法


かぼちゃの種とワタをくりぬいて冷蔵庫で保存

おいしいカボチャを買ってきても腐らせてしまっては元も子もありません。そこでかぼちゃの保存方法についても紹介します。かぼちゃはそのままなら冷暗所で2〜3か月ほど保存が可能です。カットしたものは中のわたと種をくりぬいてラップして冷蔵庫で1週間ほど保存できます。

一口サイズに切って固ゆでしたものや、加熱して潰したものをラップで包んだり密閉容器に入れて冷凍保存することも可能です。冷凍保存なら1か月ほど持ちます。他にも天日で干してから保存袋に入れて冷蔵庫で1週間ほど、みそ漬けにして冷蔵庫で1年ほど保存ができます。くわしくはかぼちゃの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。



かぼちゃの見分け方・選び方まとめ


かぼちゃを選ぶならまずは見た目からチェックしましょう。へたの部分がよく乾燥してコルクのようになり、へたの周りがくぼんでいるものほどよく成熟しています。また縞模様がはっきりして緑色の濃いものを選びましょう。

次は実際に手にとって確認です。持った感触がずしりと重量感のあるもの、さわってみて皮が滑らかでなくゴリゴリしていて、つめが立たないほどかたいものを選びます。

カットして切り分けられたものは中身でかぼちゃの良し悪しが判断できます。実の色が赤みを帯びた黄色なものほどよく熟しています。種はふっくらとしていて種やワタがぎっしりとつまっているものを選びましょう。





参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
料理の裏ワザ便利帳
野菜の基礎知識
野菜のソムリエ
栽培技術・利用方法がわかる野菜・山菜ハンドブック
おいしく健康をつくるあたらしい栄養学
オールガイド食品成分表2017
食材図鑑生鮮食材篇




最終更新日 2017/10/15
公開日 2006/06/19



その他の野菜の見分け方・選び方


おいしいオクラの見分け方・選び方
おいしいオクラの見分け方・選び方
おいしいきゅうりの見分け方・選び方
おいしいきゅうりの見分け方・選び方
おいしいさやいんげんの見分け方・選び方
おいしいさやいんげんの見分け方・選び方
おいしいとうもろこしの見分け方・選び方
おいしいとうもろこしの見分け方・選び方
おいしいトマトの見分け方・選び方
おいしいトマトの見分け方・選び方
おいしいミニトマトの見分け方・選び方
おいしいミニトマトの見分け方・選び方
おいしいなすの見分け方・選び方
おいしいなすの見分け方・選び方
おいしいパプリカの見分け方・選び方
おいしいパプリカの見分け方・選び方
おいしいピーマンの見分け方・選び方
おいしいピーマンの見分け方・選び方
おいしいもやしの見分け方・選び方 おいしいもやしの見分け方・選び方


その他の食品群の見分け方・選び方




















食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved