生活知恵袋
HOME > 間違った野菜の保存方法 > かぼちゃに白カビが!この保存方法だけはやっちゃダメ!ちなみにまだ食べれるの?

かぼちゃに白カビが!この保存方法だけはやっちゃダメ!ちなみにまだ食べれるの?


白カビの生えたかぼちゃ

はじめに

かぼちゃは長期保存が可能な野菜ですが、保存の仕方が悪いと白カビができることがあります。そこで今回は白カビを発生してしまったかぼちゃの保存の失敗談と、正しいかぼちゃの保存方法を紹介します。

かぼちゃの保存失敗談

湿度の高い環境で保存

かぼちゃは常温でも長期保存ができる野菜です。また分厚くてかたい外皮に覆われているので、乾燥にも強い野菜です。しかしながら湿度が高い環境で、長期保存する場合には注意が必要です。

今回はこの湿度が理由で白カビが発生してしまいました。まずは今回失敗した保存方法について見ていきます。かぼちゃを新聞紙で包み、そのまま冷蔵庫の野菜室に入れて保存しました。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存

野菜室で保存するかぼちゃの見た目の変化

今回は底側での変化が大きかったので、まずは底側から見ていきます。まずは初日の状態です。ハリつやもあり色も濃い緑色できれいです。

新聞紙で包んで野菜室で保存するかぼちゃの底側1日目

こちらは1週間目です。特に変化は見られません。

新聞紙で包んで野菜室で保存するかぼちゃの底側1週間目

こちらは1カ月目です。特に変わった様子は見られません。

新聞紙で包んで野菜室で保存したかぼちゃの底側1カ月目

こちらは6週間目です。ところどころ白カビが発生していました。まさか冷蔵庫の野菜室に保存して白カビが生えるとは思いませんでした。下の方が湿気がたまりやすいので、おそらく湿気により白カビが発生したのだと思われます。

白カビの生えたかぼちゃ

並べてみるとこんな感じです。左上が初日のかぼちゃの裏側で右上は1週間目のもの、左下は1カ月目のもので右下は6週間目のものです。1か月前までは特に変化がなかったものが、6週間目にして白カビが発生しているのがわかるかと思います。

新聞紙で包んで野菜室で保存するかぼちゃの底側の1日目から6週間目までの変化

野菜室で保存するかぼちゃの表側の変化

ちなみに新聞紙に包んで野菜室で保存するかぼちゃの表側の初日はこんな感じです。ハリつやもあり、触るとしっかりとした固さもあります。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存1日目

こちらは1週間目です。見た限りでは特に大きな変化は見られません。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存1週間目

こちらは1カ月目です。1か月たっても特に変化は見られません。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存1カ月目

こちらは6週間目です。こちらは6週間目でも特に大きな変化は見られません。表側よりも底側の方が湿気がたまりやすく、カビも生えやすいようです。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存6週間目

並べてみるとこんな感じです。左上が初日のかぼちゃで右上は1週間目のかぼちゃ、左下は1カ月目のかぼちゃで右下は6週間目のかぼちゃです。並べても表側にはそんなに変化がないのがわかるかと思います。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存1日目から6週間目までの変化

野菜室で保存するかぼちゃの重さの変化

重さの変化を見ていくとこんな感じです。初日の重さは2013.1gです。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存1日目の重さは2013.1g

そこから6週間目までの重さの変化はこんな感じです。1週間目は2002.5gで初日からは0.6%減、1カ月目は1972.9gで初日からは2.0%減、6週間目は1953.9gで初日からは3.0%減となっています。

かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存1日目から6週間目までの重さの変化

経過日数重さ(増減率)
初日の新聞紙で包んで野菜室で保存するかぼちゃ2013.1g
1週間目の新聞紙で包んで野菜室で保存したかぼちゃ2002.5g(-0.6%)
1カ月目の新聞紙で包んで野菜室で保存したかぼちゃ1972.9g(-2.0%)
6週間目の新聞紙で包んで野菜室で保存したかぼちゃ1953.9g(-3.0%)

白カビが生えたかぼちゃは食べられるの?

ちなみに白カビが生えたかぼちゃですが、他の部分はきれいだったので、白カビの生えた部分をしっかりと取り除けば食べれそうです。

かぼちゃに生えた白カビ

そこで白カビ部分を包丁で切り取ってみました。

中まで白カビが進行したかぼちゃ

ただこの程度の切り込みでは、果肉が変色している部分があり、まだ傷みは中まで進んでいそうです。そこでさらに切り込みを深く入れてみました。

局所的ですが、だいぶ中まで傷みが進んでいたようで、ここまで深く切り込みを入れてカットすることで、しっかりと傷んだ部分を取り除くことができました。

白カビ部分をしっかりカットしたかぼちゃ

半分にカットしてみると、種やワタには特に傷みは見られませんでした。

野菜室で6週間保存したかぼちゃのカットした断面

湿気がたまらないようにしてもう一度検証

そのまま野菜室で保存したかぼちゃの見た目の変化

新聞紙で包むと蒸れて白カビが出てきてしまったので、今度は新聞紙には包まず、そのままで冷蔵庫の野菜室で保存しました。こちらは初日の底側の状態です。

そのまま野菜室で保存するかぼちゃの底側1日目

こちらは6週間目です。こちらは底側を見ても特に白カビなども見られず、変わった様子は見られません。やはり湿気がたまらないように新聞紙で包まなかったのがよかったようです。

そのまま野菜室で保存するかぼちゃの底側6週間目

並べるとこんな感じです。特に変わっていないのがわかるかと思います。

そのまま野菜室で保存するかぼちゃの底側1日目十6週間目

新聞紙で包んで野菜室で保存したかぼちゃと並べるとこんな感じです。どちらも6週間保存したものですが、並べると白カビの有無がよくわかるかと思います。

新聞紙で包んで保存したかぼちゃの底側とそのまま野菜室で保存したかぼちゃの底側

そのまま野菜室で保存したかぼちゃの表側の変化

かぼちゃの表側の1日目はこんな感じです。

かぼちゃをそのまま野菜室で保存1日目

こちらは6週間たったものです。熟してきたのか黄色みが増してきている部分も見られますが、傷んだ様子などは特にありません。

かぼちゃをそのまま野菜室で保存6週間目

並べるとこんな感じです。濃い緑がやや明るくなり、全体的に黄色みが増してきているのがわかるかと思います。

かぼちゃをそのまま野菜室で保存1日目と6週間目

新聞紙で包んだものと並べるとこんな感じです。こちらはどちらも目立った傷みは見られません。

新聞紙で包んで保存したかぼちゃそのまま野菜室で保存したかぼちゃ

そのまま野菜室で保存したかぼちゃの重さの変化

重さの変化はこんな感じです。初日は1204.7gで、これが6週間目では1105.1gで、初日の1204.7gからは8.3%も減少しています。こちらは新聞紙で包んでいなかったせいか、乾燥して大分重さが減ってしまいました。

そのまま野菜室で保存したかぼちゃの1日目から6週間目までの重さの変化

かぼちゃは厚い皮で覆われていますが、そのまま野菜室で保存するとやはりだいぶ乾燥は進むようです。

経過日数重さ(増減率)
初日のそのまま野菜室で保存するかぼちゃ1204.7g
6週間目のそのまま野菜室で保存したかぼちゃ1105.1g(-8.3%)

食べて見たら薬っぽい味に

味の方はどうなのかを実際に食べて見ることにします。まず半分にカットした断面です。特に傷んだ様子は見られません。こちらをだし汁や砂糖、しょうゆなどで煮物にして食べて見ることにします。

野菜室でそのまま6週間保存したかぼちゃのカットした断面

で実際に調理して食べて見たのですが、なぜかかなり薬っぽい味がしました。この薬っぽさが強烈で、正直全然おいしくはありませんでした。食べれないことはありませんが、おいしくないので、残りは処分しました。

そのまま野菜室で保存したかぼちゃを煮物に

調べてみたところかぼちゃは高温や乾燥下にさらされると、かぼちゃに含まれる糖質やでんぷん質が結晶化する「クリスタル症状」というものを引き起こすそうです。食べる分には問題ないようですが、味は薬っぽくなるそうです。

確かに重さの変化でも見ましたが、乾燥はかなり進んでいました。また断面にもクリスタル症状である、ぽつぽつとした白い結晶のようなものが見られます。

かぼちゃの断面にクリスタル症状が

6週間新聞紙で包んだ方の断面と比べると、その違いがよく分かります。冷蔵庫でかぼちゃをそのまま保存する方法にもどうやら問題があるようです。

新聞紙で包んで保存したかぼちゃ断面そのまま野菜室で保存したかぼちゃ断面

正しいかぼちゃの保存法は?

常温で保存したかぼちゃの底側の変化

野菜室で保存する方法では白カビが生えたり、薬っぽい味がしたりしてしまったので、次は同じように新聞紙で包み、ポリ袋に入れて室内で常温で保存することにします。

かぼちゃを新聞紙で包んで常温保存

まずは初日の底側の状態です。

夏場に常温保存するかぼちゃの底側1日目

こちらは2カ月目です。特に白カビなども見られません。ただ熟してきたのかだいぶ色は黄色っぽくなっています。

夏場に常温保存したかぼちゃの底側2カ月目

並べるとこんな感じです。並べると色味の変化がよくわかるかと思います。

夏場に常温保存するかぼちゃの底側1日目と2カ月目

それぞれの保存方法での変化を並べるとこんな感じです。新聞紙で包んで野菜室で保存したもの以外は、白カビなどは見られません。

それぞれの保存方法でのかぼちゃの底側を比較

常温で保存したかぼちゃの表側の変化

表側はこんな感じです。

かぼちゃを夏場に常温保存1日目

こちらは2カ月たったものです。こちらも熟してきたのか全体的にだいぶ黄色みが増してきています。

かぼちゃを夏場に常温保存2カ月目

並べるとこんな感じです。黄色っぽくなってきているのがわかるかと思います。

かぼちゃを夏場に常温保存1日目と2カ月目を比較

それぞれの保存方法での変化を並べるとこんな感じです。常温で2カ月間と少し長めに保存しているので、熟したせいか、色味は常温で保存したものが全体的に一番黄色みが増してきています。

それぞれの保存方法でのかぼちゃの見た目の変化を比較

常温で保存したかぼちゃの重さの変化

重さの変化はこんな感じです。1日目は1794.6gです。2カ月目は1691.4gで、初日の1794.6gからは5.8%減少しています。

常温で保存したかぼちゃの1日目から2カ月目までの重さの変化

経過日数重さ(増減率)
初日の常温で保存するかぼちゃ1794.6g
2カ月目の常温で保存したかぼちゃ1691.4g(-5.8%)

それぞれの保存方法での重さの変化を並べるとこんな感じです。やはり新聞紙に包まずそのまま保存したものが、最も重さの減りが多いです。

それぞれの保存方法でのかぼちゃの重さの変化を比較

かぼちゃを常温保存した時の気温と湿度の変化

かぼちゃを常温で保存した気温と湿度の変化を見ていくとこんな感じです。初日の気温は29度で、湿度は57%でした。

かぼちゃを夏場に常温保存した時の気温と湿度の変化

1週間目の気温は30度で、湿度は58%、1カ月目の気温は28度で、湿度は58%、6週間目の気温は28度で、湿度は55%、2カ月目の気温は27度で、湿度は60%となっています。27度から30度と真夏の時期で検証でした。

食べた感想は?

断面をカットしてみるとこんな感じです。中も特に傷んだ様子は見られません。クリスタル症状も特に出ていません。レンジで加熱してから食べて見ましたが甘くておいしいかぼちゃでした。

夏場に2カ月間常温保存したかぼちゃのカットした断面

それぞれの保存方法での断面の変化を並べるとこんな感じです。そのまま野菜室で保存したかぼちゃ以外は、奇麗な断面で、クリスタル症状は見られません。

それぞれの保存方法でのかぼちゃの断面を比較

ちなみに今回の失敗談についてはこちらの動画でも取り上げているので、よかったら合わせて参考にしてみてください。

またかぼちゃの保存方法全般についてはかぼちゃの保存方法と保存期間、長持ちのコツでも詳しく解説しています。

まとめ

今回はかぼちゃの保存に失敗して白カビがはえてしまった失敗談を取り上げました。かぼちゃを新聞紙で包んで野菜室で保存する場合、1か月ほどなら特に変化もなく保存ができますが、6週間目になると湿気からか白カビがはえてしまいました。

湿気がこもらないように新聞紙には包まずそのまま野菜室で保存した場合は、6週間目でクリスタル症状が起き、味が大きく劣化してしまいました。

一方常温で保存した場合は、2カ月たっても特に白カビなども発生せず、またクリスタル症状も出ることもなくおいしさを維持していました。なのでかぼちゃを長期で保存したいなら、常温で保存をおすすめします。

公開日 2022/07/31

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜のやっちゃダメな保存法


アスパラガスに白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
アスパラガスに白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
アスパラガスが溶けた!この保存法だけはやっちゃダメ、ちなみにまだ食べれるの?
アスパラガスが溶けた!この保存法だけはやっちゃダメ、ちなみにまだ食べれるの?
カリフラワーに黒い点や茶色のしみが!カビなの?まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
カリフラワーに黒い点や茶色のしみが!カビなの?まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
キャベツが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
キャベツが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
きゅうりが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
きゅうりが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
小松菜の葉が黄色に!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
小松菜の葉が黄色に!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
春菊が枯れて黄色や茶色に変色!間違った保存方法でこんなことに!
春菊が枯れて黄色や茶色に変色!間違った保存方法でこんなことに!
ナスが茶色に変色、間違った保存法でこんなことに、ちなみにまだ食べれるの?
ナスが茶色に変色、間違った保存法でこんなことに、ちなみにまだ食べれるの?
菜の花(なばな)に黄色い花が咲いてしまった!間違った保存法でこんなことに!食べると苦いって本当?
菜の花(なばな)に黄色い花が咲いてしまった!間違った保存法でこんなことに!食べると苦いって本当?
長ねぎが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
長ねぎが黄色に変色!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
白菜の葉が黄色や茶色に変色、間違った保存方法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
白菜の葉が黄色や茶色に変色、間違った保存方法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?
パプリカ表面が凸凹のクレーター状に!間違った保存法でこんなことに!これってまだ食べれる?
パプリカ表面が凸凹のクレーター状に!間違った保存法でこんなことに!これってまだ食べれる?
ブロッコリーが黄色に?実際に食べてみたら味や触感が全然違う
ブロッコリーが黄色に?実際に食べてみたら味や触感が全然違う
ほうれん草が溶けて異臭が!間違った保存法でこんなことに!
ほうれん草が溶けて異臭が!間違った保存法でこんなことに!
レタスが溶けた!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに! レタスが溶けた!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!


その他の食品群のやっちゃダメな保存法


食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved