生活知恵袋
HOME > 食品を上手に冷凍保存・解凍する方法 > きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!

きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!

冷凍保存する生のきゅうりと塩もみきゅうり

はじめに

きゅうりは生のままだと冷凍保存には向いていないといわれています。冷凍するなら塩もみしてから冷凍保存する方がいいそうですが、本当なのでしょうか。

気になったので実際に塩もみしてから冷凍保存したものと、生のまま冷凍保存したものを比較してみて、その味や食感にどの程度違いが出るのかを検証してみることにしました。

今回検証するきゅうりの冷凍保存の仕方

きゅうりを塩もみしてから汁ごと冷凍保存

まずは今回検証するきゅうりの冷凍保存の仕方を紹介します。それではピーマンの冷凍保存の仕方を解説します。きゅうりを薄めに輪切りにします。

きゅうりを薄めの輪切りに

これをボウルに入れ、きゅうり1本に対して塩小さじ1/3ほど振りかけます。全体になじむように手でもみます。このまま置いておきます。

薄切りにしたきゅうりに塩をふる

30分ほど置いておくとこのように水気が出てきます。

塩もみしたきゅうり

この汁ごと冷凍用の保存袋に入れ、冷凍保存します。汁ごと入れたほうが、冷凍時の乾燥や酸化を抑えることができ、きゅうりのポリポリとした食感を維持できるそうです。

塩もみきゅうりを汁ごと保存袋に入れて冷蔵保存

きゅうりを塩もみして汁は捨てて冷凍保存

もう一つは同じようにきゅうりを塩もみしたら、出てきた汁は捨てて冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存します。これで汁の効果がどの程度あるのかを検証します。

塩もみきゅうりを汁なし保存袋に入れて冷蔵保存

きゅうりそのまま冷凍保存

最後はきゅうりを薄く輪切りにしたら、塩もみはせずそのまま冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存します。ちなみに冷凍保存自体は1か月は可能だそうです。

きゅうりを生のまま保存袋に入れて冷蔵保存

冷凍保存したきゅうりを流水解凍する

冷凍した生のきゅうりを流水解凍する

それでは冷凍したきゅうりを実際に解凍してみることにします。解凍は流水解凍で行います。

解凍方法については自然解凍、流水解凍、氷水解凍などありますが、食感や効率が最もよかったのが流水解凍だったので、こちらを採用しました。

ちなみに冷凍したきゅうりの解凍方法については冷凍したきゅうりの解凍方法、自然解凍、流水解凍、氷水解凍のどれがいいのか検証してみたでも詳しく検証しているので、こちらも参考にしてみてください。

では実際に生のきゅうりを流水解凍してみることにします。まずはこちらが冷凍した生のきゅうりです。

冷凍した生のきゅうり

冷凍した生のきゅうりをポリ袋に入れます。このときストローなどで中の空気をしっかり抜くと、隙間がなくなり流水による解凍も早くなります。

コツはこのようにキュッと手でビニールを締めながらストローで中の空気を吸引し、これを2、3回繰り返します。

ポリ袋を手で押さえてストローで中の空気を吸う

あとは空気が漏れないように抑えながら、ポリ袋をねじり、このまましめます。

ポリ袋をねじりこのまましめる

これでこのように密封に近い状態になります。

ポリ袋に入れたきゅうりが密封に近い状態に

つぎに容器に入れ、上から水を流して流水解凍します。

冷凍したきゅうりを流水解凍

解凍するとこのようになります。見た目は冷凍する前よりも大分しなっとしています。ポリポリとした食感はありますが、少し弱いです。味は水っぽいきゅうりといった感じです。

解凍した冷凍の生のきゅうり

並べるとこんな感じです。左は冷凍する前の生のきゅうりです。真ん中は冷凍した生のきゅうり、右は冷凍して流水解凍した生のきゅうりです。

生のきゅうりと冷凍した生のきゅうりと解凍した生のきゅうり

生のキャベツもいったん冷凍してから解凍すると、見た目は塩もみしたきゅうりのようにしなっとした感じになっています。

冷凍した塩もみしたきゅうり(汁なし)を流水解凍する

つぎは冷凍した塩もみしたきゅうり(汁なし)を流水解凍します。まずはこちらが冷凍した塩もみしたきゅうり(汁なし)です。

冷凍した塩もみきゅうり(汁なし)

この冷凍の塩もみしたきゅうり(汁なし)をポリ袋に入れ、中の空気を抜いてから口をしめます。容器に入れて上から水を垂らし続けます。これで10分ほど置いておけば解凍できます。解凍は触ってみて柔らかくなってるかどうかで判断します。

こちらが流水解凍した塩もみしたきゅうり(汁なし)です。食べた感想はポリポリとした食感もしっかりありました。味は塩もみしているので、塩味が効いておいしかったです。

解凍した冷凍の塩もみきゅうり(汁なし)

並べるとこんな感じです。左は冷凍する前の塩もみしたきゅうり(汁なし)です。真ん中は冷凍したもの、右は冷凍して流水解凍したものです。

塩もみしたきゅうりと冷凍した塩もみきゅうり(汁なし)と解凍した塩もみきゅうり(汁なし)

並べてみると、冷凍してから解凍した後のものは、冷凍する前のものよりも大分しなっとしているのがわかるかと思います。

冷凍した塩もみしたきゅうり(汁あり)を流水解凍する

最後に冷凍した塩もみしたきゅうり(汁あり)を流水解凍します。こちらが冷凍した塩もみしたきゅうり(汁あり)です。

冷凍した塩もみきゅうり(汁あり)

こちらもポリ袋に入れて空気を抜いてから口をしめ、容器に入れて上から水を垂らし続けます。こちらも10分ほどで解凍できます。

こちらが流水解凍したものです。食べた感想はこちらもポリポリとした食感がよく残っていました。味は塩もみした汁も一緒に保存したせいか、汁なしのものよりも塩味が効いていました。

ただ味が濃いというわけではなく、ちょうどいい塩味で、個人的には汁なしのものよりもこちらの方が好みです。

解凍した冷凍の塩もみきゅうり(汁あり)

並べるとこんな感じです。左は冷凍する前の塩もみしたきゅうり(汁あり)です。真ん中は冷凍したもので、右は冷凍して流水解凍したものです。

塩もみしたきゅうりと冷凍した塩もみきゅうり(汁あり)と解凍した塩もみきゅうり(汁あり)

こちらも冷凍する前と比べると、解凍したものはしなっとした見た目になっています。

3つを食べ比べた感想

3つのやり方で冷凍したきゅうりをまずは並べてみます。並べるとこんな感じです。

冷凍した生のきゅうりと塩もみきゅうり(汁なし)と塩もみきゅうり(汁あり)

流水解凍したものも並べてみましたが、見た目は生のものが一番ハリがありそうです。

流水解凍した生のきゅうりと塩もみきゅうり(汁なし)と塩もみきゅうり(汁あり)

ただ食べ比べてみた感想は生のきゅうりを冷凍したものよりも、塩もみして冷凍したものの方がポリポリとした食感がしっかりとありました。ちなみに汁なしと汁ありでは食感はそんなに変わりません。

味に関しては生のきゅうりは調味料も何も使っていないので、水っぽいきゅうりといった感じの味です。塩もみしたものは塩味が効いておいしかったです。汁なしよりも汁ありの方が塩味は効いていて、ここはどちらがいいかは好みがわかれるかと思います。自分は汁ありの方がよかったです。

流水解凍したそれぞれのきゅうりの味や食感の違い

結果としてはポリポリとした食感もしっかりとあるので、冷凍保存するな塩もみしてから保存することをおすすめします。汁なしと汁ありに関しては味以外食感は大した差はなかったので、どちらでも構いません。

ちなみに今回の検証については以下の動画でも詳しく取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

塩もみして冷凍したきゅうりを使ったレシピ

きゅうりとわかめのしょうが酢の物

それでは冷凍保存した塩もみしたきゅうりを使ったレシピをいくつか紹介します。まずはきゅうりとわかめのしょうが酢の物です。使う材料は以下の通りです。

きゅうりとわかめのしょうが酢の物

レシピ(2人前)
  • 塩もみしたきゅうり … 1本分
  • 生わかめ … 50g
  • 調味料A
    • だし … 大さじ1
    • 酢 … 大さじ1
    • 砂糖 … 大さじ1/2
    • しょうがのすりおろし … 1/2片
    • しょうゆ … 小さじ1

それでは作り方を紹介します。まずはきゅうりの水気を絞ります。生ワカメは茹でてない場合は水洗いして熱湯でゆで、色が変わったら冷水にとり、水けをきってから一口サイズにカットします。

次にボールに調味料Aを入れてよく混ぜ、そこにきゅうりとわかめを入れてよく合えたら完成です。

調味料ときゅうりとわかめを混ぜ合わせる

こちらは冷凍した茹でた塩もみきゅうりを使って作ったきゅうりとわかめのしょうが酢の物です。

冷凍塩もみきゅうりを使ったワカメのしょうが酢の物

一方こちらは塩もみしてから冷凍せずにそのままのきゅうりを使って、作ったきゅうりとわかめのしょうが酢の物です。

生の塩もみきゅうりを使ったワカメのしょうが酢の物

並べるとこんな感じです。左は冷凍した茹でた塩もみを使って作った酢の物で、右は冷凍せずにそのまま塩もみしたきゅうりを使って作った酢の物です。冷凍して解凍したきゅうりの方が、見た目はしなっとしています。

冷凍塩もみきゅうりと生の塩もみきゅうりを使ったワカメのしょうが酢の物を比較

肝心の味ですが、食感に関しては意外にもどちらもそんなに差はありませんでした。ただ生の塩もみきゅうりは、冷凍したものに比べるとおいている時間が短いので、水分がまだ残っていて、その分少し水っぽい感じがしました。

また水分が残っている分調味料の浸透も控えめでした。一方冷凍して解凍したきゅうりの方が、しなっとしている分、しっかりと調味料がしみこんでいておいしかったです。

味や食感の違いをまとめるとこんな感じです。

冷凍塩もみきゅうりと生の塩もみきゅうりを使ったワカメのしょうが酢の物の味や食感の違い

個人的には味か十分しみこんでいた分冷凍して解凍したきゅうりを使ったものの方がおいしく感じました。なので冷凍した塩もみきゅうりでも十分おいしい酢の物を作ることができます。

きゅうりとツナのマヨネーズ和え

次にきゅうりとツナのマヨネーズ和えを紹介します。使う材料は以下の通りです。

きゅうりとツナのマヨネーズ和え

レシピ(2人前)
  • 塩もみきゅうり … 1本分
  • ツナ缶 … 1缶
  • 塩・あらびき黒胡椒 … 少々
  • マヨネーズ … 大さじ2

まずは解凍した塩もみしたきゅうりの水気を絞ります。ボールにきゅうりとツナを入れて塩、あらびき黒こしょうをふります。

最後にマヨネーズを加えてよく合えたら出来上がりです。

きゅうりとツナをマヨネーズと和える

こちらは冷凍した茹でた塩もみきゅうりを使って作ったきゅうりとツナのマヨネーズ和えです。

冷凍塩もみきゅうりを使ったツナマヨ和え

一方こちらは塩もみしてから冷凍せずにそのままのきゅうりを使って、作ったきゅうりとツナのマヨネーズ和えです。

生の塩もみきゅうりを使ったツナマヨ和え

並べるとこんな感じです。左は冷凍した茹でた塩もみを使って作ったツナのマヨネーズ和えで、右は冷凍せずにそのまま塩もみしたきゅうりを使って作ったツナのマヨネーズ和えです。冷凍して解凍したきゅうりの方が、見た目はしなっとしています。

冷凍塩もみきゅうりと生の塩もみきゅうりを使ったツナマヨ和えを比較

肝心の味ですが、食感に関しては意外にもどちらもしっかりとしたシャキシャキ感がありました。ただ冷凍して解凍したきゅうりは水分がだいぶ抜けるので、見た目が大分しなっとしているのに対し、生の塩もみきゅうりは、身にもまだだいぶ水分が含まれていて、その分食べた時のみずみずしさがありました。

冷凍塩もみきゅうりと生の塩もみきゅうりを使ったツナマヨ和えの味や食感の違い

なのでみずみずしさのあるなしという違いはありましたが、それ以外はそんなに差はありませんでした。味の方はどちらもおいしかったです。

きゅうりとささみの梅和え

次にきゅうりとささみの梅和えを紹介します。まずは使う材料です。

きゅうりとささみの梅和え

レシピ(2人前)
  • 塩もみきゅうり … 1本分
  • 鶏ささみ … 3本(160g)
  • 梅干し … 3個
  • しょうゆ … 少々

作り方はまずはささみの白い筋を取り除きます。鍋に水と塩(水1リットルに対し小さじ2)を加えて火にかけ、沸騰したら鶏ささみを入れて30秒ほど茹でてから火を止めます。そのまま余熱で10分ほど火を通したら取り出します。

後は鶏ささみを食べやすい大きさに裂きます。きゅうりは水けを絞ります。梅干しは種を取って包丁で細かく刻みます。

ボールに刻んだ梅干、きゅうり、ささみを入れ、しょうゆを振りかけてからよく合えたら出来上がりです。

まとめ

今回はきゅうりを冷凍するなら生のままと塩もみした物のどちらがいいのか、さらに塩もみしたものは汁ありと汁なしどちらで冷凍保存した方がいいのかを検証してみました。

流水解凍して使う場合はポリポリとした食感は、生のものよりも塩もみしてから冷凍したものの方がよかったです。なので冷凍保存するなら塩もみしてから保存することをおすすめします。

ちなみにポリポリ感に関しては汁ありでも汁なしでもたいした差はないです。

味に関しては塩もみしたものが適度に塩味が効いておいしかったです。汁ありと汁なしだと汁ありの方が少し塩味が効いているので、ここは食べてみて好きな方を選ぶといいと思います。

※参考書籍
材料の下ごしらえ百科
おいしくできるきちんとわかる基本の家庭料理洋食篇
まるごと使い切ってムダなし!野菜の保存&使いきりレシピ
おいしくできるきちんとわかる基本の家庭料理洋食篇
もっとおいしく、ながーく安心食品の保存テク

最終更新日 2022/09/18

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の上手な冷凍保存


オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた


その他の食品群の上手な冷凍保存


食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved