生活知恵袋
HOME > 食材の疑問 > レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた

レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた





レタスの芯に小麦粉を塗る


はじめに


レタスは芯を少しカットして、その断面に小麦粉をつけて保存すると、長持ちするといいますが本当なのでしょうか。気になったので、実際に試してみて、その保存効果がいかほどなのかを検証してみることにします。






今回試す保存方法


そのまま保存

今回は2つの保存方法と何もしないで保存したときの違いをみて、保存方法に効果があるのかどうかを検証します。まずは何もしないでそのまま野菜室でレタスを保存します。


新聞紙とポリ袋で保存

もう一つは新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、軽く口をしめてから冷蔵庫の野菜室で保存します。

レタスを新聞紙で包んでポリ袋に入れて野菜室で保存


芯の断面に小麦粉をつけて保存

もう一つはまずはレタスの芯のを少しカットします。そうすると断面からじんわりと乳白色の液体がにじみ出てきます。

ここに小麦粉をふりかけます。こうすることで芯の断面からの水分の蒸発を防ぐことができ、鮮度を維持できるそうです。

あとは新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、軽く口をしめて冷蔵庫の野菜室で保存します。

芯に小麦粉を塗って野菜室で保存



保存するレタスの初日の状態


初日のそのまま保存するレタス

まずはレタスの初日の状態を見ていきます。こちらはそのまま野菜室で保存するレタスです。葉先もピンとしていてハリがあり、みずみずしくて新鮮です。

初日のそのまま保存するレタス

芯は白くて特に変色は見られません。

初日のそのまま保存するレタスの芯

重さは336.6gです。

初日のそのまま保存するレタスの重さは336.6g


1日目の新聞紙とポリ袋で保存するレタス

つぎは新聞紙に包んでポリ袋に入れ、保存するレタスです。こちらも葉先もピンとしていて、みずみずしくて新鮮です。

初日の新聞紙とポリ袋で保存するレタス

芯も白くて変色は見られません。

初日の新聞紙とポリ袋で保存するレタスの芯

重さは472.4gです。

初日の新聞紙とポリ袋で保存するレタスの重さは472.4g


1日目の芯の断面に小麦粉を付けてから保存するレタス

こちらはカットした芯の断面に小麦粉を付け、新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存するほうのレタスです。こちらもみずみずしくて葉先もピンとしています。

初日の芯に小麦粉をつけて保存するレタス

断面は白くて特に変色は見られません。

初日の芯に小麦粉をつけて保存するレタスの芯

重さは382.3gです。

初日の芯に小麦粉をつけて保存するレタスの重さは382.3g



保存したレタスの3日目の変化


3日目のそのまま保存したレタス

何もせずにそのまま野菜室で保存したレタスは、3日目には少し葉にハリがなくなってきています。

そのまま保存したレタスの1日目と3日目の違い

断面も赤く変色してきました。ちなみに赤くなるのはレタスに含まれる色素成分のポリフェノールが空気に触れて酸化することによるもので、特に食べても問題ないそうです。

そのまま保存したレタスの芯の1日目と3日目の違い

重さは323.3gで、初日の336.6gからは4%減少しています。

3日目のそのまま保存したレタスの重さは323.3g


3日目の新聞紙とポリ袋で保存したレタス

つぎは3日目の新聞紙とポリ袋で保存したレタスです。見た目には特に大きな変化は見られません。

新聞紙とポリ袋で保存したレタスの1日目と3日目の違い

断面はだいぶ赤く変色してきました。

新聞紙とポリ袋で保存したレタスの芯の1日目と3日目の違い

重さは464.6gで、初日の472.4gからは1.7%減少しています。

3日目の新聞紙とポリ袋で保存したレタスの重さは464.6g


3日目の芯の断面に小麦粉を付けてから保存したレタス

こちらは断面に小麦粉をつけて保存したレタスです。こちらも特に見た目には大きな変化は見られません。

芯に小麦粉をつけて保存したレタスの1日目と3日目の違い

断面は若干の変色が見られます。

芯に小麦粉をつけて保存したレタスの芯の1日目と3日目の違い

重さは377.8gで、初日の382.3gからは1.2%減少しています。

3日目の芯に小麦粉をつけて保存したレタスの重さは377.8g



保存したレタスの5日目の変化


5日目のそのまま保存したレタス

何もせずにそのまま野菜室で保存したレタスは、5日目には見た目にもかなりしなびれてきました。葉も元気がなくしんなりしています。

そのまま保存したレタスの1日目と3日目と5日目の違い

断面もさらに赤く変色してきました。

そのまま保存したレタスの芯の1日目と3日目と5日目の違い

重さは318.0gで、初日の336.6gからは5.6%減少しています。

5日目のそのまま保存したレタスの重さは318.0g


5日目の新聞紙とポリ袋で保存したレタス

つぎは5日目の新聞紙とポリ袋で保存したレタスです。こちらは見た目には特に大きな変化は見られません。

新聞紙とポリ袋で保存したレタスの1日目と3日目と5日目の違い

断面はさらに赤っぽく変色してきています。

新聞紙とポリ袋で保存したレタスの芯の1日目と3日目と5日目の違い

重さは463.3gで、初日の472.4gからは2.0%減少しています。

5日目の新聞紙とポリ袋で保存したレタスの重さは463.3g


5日目の芯の断面に小麦粉を付けてから保存したレタス

こちらは断面に小麦粉をつけて保存したレタスです。こちらも特に見た目には大きな変化は見られません。

芯に小麦粉をつけて保存したレタスの1日目と3日目と5日目の違い

断面はやや茶色く変色してきています。

芯に小麦粉をつけて保存したレタスの芯の1日目と3日目と5日目の違い

重さは375.7gで、初日の382.3gからは1.8%減少しています。

5日目の芯に小麦粉をつけて保存したレタスの重さは375.7g



保存したレタスの1週間目の変化


1週間目のそのまま保存したレタス

何もせずにそのまま野菜室で保存したレタスは、1週間目にはさらにしなびれて、ハリもなくしんなりしています。

そのまま保存したレタスの1日目と3日目と5日目と1週間目の違い

断面もさらに赤くなっています。

そのまま保存したレタスの芯の1日目と3日目と5日目と1週間目の違い

重さは311.1gで、初日の336.6gからは7.6%減少しています。

1週間目のそのまま保存したレタスの重さは311.1g

経過日数重さ(増減率)
初日のそのままのレタス336.6g
3日目のそのままのレタス323.3g(-4.0%)
5日目のそのままのレタス318.0g(-5.6%)
1週間目のそのままのレタス311.1g(-7.6%)

ちなみに外葉を4枚ほど剥ぐと、中の葉は比較的新鮮で、ハリがある状態でした。

外葉をはいだ1週間そのまま保存したレタスg

これをカットすると断面はこんな感じです。外葉はしなびれてしまっていましたが、中の葉はまだみずみずしいようです。

1週間目のそのまま保存したレタスの断面


1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したレタス

つぎは1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したレタスです。こちらはまだ葉にみずみずしさがあり、ハリもしっかりとあります。

新聞紙とポリ袋で保存したレタスの1日目と3日目と5日目と1週間目の違い

断面はさらに赤っぽく変色してきています。

新聞紙とポリ袋で保存したレタスの芯の1日目と3日目と5日目と1週間目の違い

重さは461.4gで、初日の472.4gからは2.4%減少しています。

1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したレタスの重さは461.4g

経過日数重さ(増減率)
初日の新聞紙とポリ袋に入れたレタス472.4g
3日目の新聞紙とポリ袋に入れたレタス464.6g(-1.7%)
5日目の新聞紙とポリ袋に入れたレタス463.3g(-2.0%)
1週間目の新聞紙とポリ袋に入れたレタス461.4g(-2.4%)


1週間目の芯の断面に小麦粉を付けてから保存したレタス

こちらは断面に小麦粉をつけて保存したレタスです。1週間たっても葉はしっかりとハリがあり、みずみずしさを維持しています。葉物野菜は水分が抜けやすいのですが、ここまでしっかりとハリやみずみずしさを維持しているのは驚きです。

芯に小麦粉をつけて保存したレタスの1日目と3日目と5日目と1週間目の違い

断面は茶色の変色が濃くなってきています。

芯に小麦粉をつけて保存したレタスの芯の1日目と3日目と5日目と1週間目の違い

重さは373.6gで、初日の382.3gからは2.3%減少しています。

1週間目の芯に小麦粉をつけて保存したレタスの重さは375.7g

経過日数重さ(増減率)
初日の芯に小麦粉をつけたレタス382.3g
3日目の芯に小麦粉をつけたレタス377.8g(-1.2%)
5日目の芯に小麦粉をつけたレタス375.7g(-1.8%)
1週間目の芯に小麦粉をつけたレタス373.6g(-2.3%)


ちなみに今回の検証については以下の動画でも取り上げているので、併せて参考にしてみてください。




レタスの鮮度を見るポイント


ちなみにレタスを長持ちさせたいなら、購入段階で鮮度のいいものを選ぶのも大切です。レタスは緑色が濃すぎず葉の巻きがふんわりしているもの、葉先がハリがありしなびていないものがいいです。

切り口は白くてみずみずしいものがよく、持った時に適度に弾力があるもの、見た目よりも重すぎないものも良品です。レタスの詳しい見分け方についてはレタスの見分け方・選び方、鮮度が良い悪いで比較!え、こんなに違うの?で解説しています。

また以下ではレタスの見分け方・選び方を動画で解説しているので、併せて参考にしてみてください。




まとめ


今回はレタスの芯の断面をカットして、そこに小麦粉をつけた保存した場合の効果について検証していきました。レタスはそのまま保存するとすぐに外葉がしなびてきます。一方新聞紙に包んでからポリ袋に入れて保存すればしっかりと鮮度を維持することができます。

また芯をカットして断面に小麦粉をつけ、新聞紙で包んでポリ袋に入れた場合も十分に鮮度を維持することができました。ただ切り口に小麦粉をつけず、そのまま新聞紙とポリ袋で保存したものと比較すると、大きな差は見られませんでした。なので小麦粉をつけなくてもしっかりと新聞紙とポリ袋に入れて保存すれば、それだけでも十分鮮度は保てるでしょう。








公開日 2020/12/24



この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 





その他の野菜の食材の疑問


キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた


















食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved