生活知恵袋
HOME > ダメな野菜の見分け方 > こんなにんじんは選んじゃダメ!鮮度の落ちたにんじんの特徴と見分け方6選!

こんなにんじんは選んじゃダメ!鮮度の落ちたにんじんの特徴と見分け方6選!


選んじゃダメなにんじんの画像

はじめに

今回は選んじゃダメな鮮度の落ちたにんじん、味の落ちたにんじんの特徴を6つ紹介します。おいしいにんじん選びの参考にしてみてください。

ニンジンの色があせて赤みが薄い

色あせたにんじん

鮮度の落ちたにんじんは色があせてきて、鮮やかさも失われてきます。また赤みもやや落ちてきます。

色あせてきたにんじん

色鮮やかでつやのあるにんじん

こちらは表面にもしっかりとつやがあり、鮮やかさと赤みの強いにんじんです。にんじんは赤みが強いものほど色素成分で抗酸化作用のあるβ-カロテンが多く含まれます。

にんじんの色が濃くて鮮やか

並べてみるとこんな感じです。左は色鮮やかなにんじんで、右は色があせて赤みも少し薄くなったにんじんです。並べると色味や鮮やかさの違いがよくわかるかと思います。

色の濃いにんじんと色あせてきたにんじん

にんじん表面にハリがなくしなびている

ハリがなくしなびたにんじん

にんじんは鮮度が落ちて乾燥してくると、表面にもハリがなくなり、しわがよって全体的にしなびてきます。

ハリがなくしわの寄ったにんじん

ハリがあるにんじん

一方鮮度にいいにんじんはこのようにしっかりとハリがあります。

ハリつやのあるにんじん

並べてみるとこんな感じです。左はハリのあるにんじんで、右はハリがなくしなびたにんじんです。並べるとハリ具合やしわの出来具合が全然違うのがわかるかと思います

ハリのあるにんじんとしなびたにんじん

にんじんの芯が太すぎる

芯が太すぎるにんじん

にんじんの芯が太すぎて、にんじん全体に対してかなりの割合を占めている場合は、それは成長のしすぎです。成長しすぎると余分に栄養分が消費されてしまうので、味や栄養分も落ちてしまいます。

芯の太いにんじん

芯が細いにんじん

一方こちらは芯が太すぎず、適度な大きさのにんじんです。この程度なら成長も適度で、味や栄養もしっかりしています。

芯の細いにんじん

並べてみるとこんな感じです。左は芯の細いにんじんで、右は芯の太いにんじんです。並べるとにんじんの直径に対しての芯の割合が全然違うのがわかるかと思います。

芯の細いにんじんと芯の太いにんじんの違い

芯の太いにんじんの断面

ちなみに芯が太くなっているにんじんの断面はこんな感じです。中まで太い芯が貫通していて、芯の部分が全体の中で多くを占めているのがわかるかと思います。

芯の太いにんじんの断面

芯の細いにんじんの断面

一方こちらは芯が細いにんじんの断面です。こちらは中の芯もそんなに太くなく、芯以外の割合も十分にあります。

芯の細いにんじんの断面

並べてみるとこんな感じです。上は芯が細いにんじんの断面で、下は芯が太いにんじんの断面です。並べるとその差がよくわかるかと思います。

芯の細いにんじん断面と芯の太いにんじん断面の違い

芽が出ている

芽が出たにんじん

にんじんは保存の仕方が悪かったり、収穫から日数がたってくると芽が出てきます。芽が出てくるとその成長にどんどん栄養分が使われてしまいます。なので芽が出ているものは避けましょう。

芽が出たにんじん

芽が出ていないにんじん

一方鮮度にいいにんじんはこのように切り口を見ても特に芽などは見られません。

芽の出ていないにんじん

並べるとこんな感じです。左が芽の出ていないにんじんで、右が芽の出たにんじんです。並べると違いがよくわかるかと思います。

芽の出ていないにんじんと芽が出たにんじん

ちなみににんじんの保存に失敗して芽が出てしまった失敗談をにんじんから芽が出てきた!間違った保存法でこんなことに!ちなみにまだ食べれるの?で解説しているので併せて参考にしてみてください。

白カビがはえている

白カビがはえたにんじん

にんじんも保存の仕方が悪いと白カビがはえてくることがあります。白カビはこのように羽毛のような感じで、匂いもカビ臭がするのですぐわかります。白カビの生えたものは選ばないようにしましょう。

白カビのはえたにんじん

白カビの生えていないにんじん

鮮度にこのように表面もきれいです。

白カビの生えていないにんじん

並べるとこんな感じです。左はカビの生えたにんじんで、右はカビの生えていない奇麗なにんじんです。こちらも並べると違いがよくわかるかと思います。

きれいなにんじんと白カビの生えたにんじん

ちなみににんじんの保存に失敗してカビがはえてしまった失敗談をにんじんに白カビが!この保存方法だけはやっちゃダメ、ちなみにまだ食べれるの?で解説しているので併せて参考にしてみてください。

にんじん表面が柔らかい

表面が柔らかいにんじん

鮮度が落ちて乾燥したにんじんは、ハリがなくなり柔らかくなっています。指で押さえると表面が少し凹みます。こうしたにんじんは避けた方がいいです。

ハリや固さのないにんじん

ハリがあり固いにんじん

こちらはハリがあり、指で押してもへこむこともなくしっかりと固いにんじんです。

ハリや固さのあるにんじん

並べてみるとこんな感じです。左は表面が固いにんじんで、右は表面にハリがなく柔らかくなったにんじんです。

ハリや固さのあるにんじんとハリがなく柔らかいにんじん

ちなみに今回の検証については以下の動画でも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。

まとめ

今回はダメなにんじん、鮮度の落ちたにんじんの特徴を6つ紹介しました。色があせたにんじん、ハリがなくしわの寄ったにんじん、芯が太すぎるにんじん、芽の出ているにんじん、白カビの生えたにんじん、持ってみて表面がやや柔らかいにんじんは、鮮度が落ちていたり、成長のし過ぎで味が落ちています。

この6つのチェックポイントを確認するだけでも、おいしいにんじん、新鮮なにんじんに出会える確率はぐっと上がります。にんじんを購入する際の参考にしていただけると幸いです。

※参考書籍
新・野菜の便利帳
からだにおいしい野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
野菜のソムリエ
食の教科書 野菜の基礎知識

公開日 2022/03/24

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜のダメな野菜の見分け方


こんなアスパラガスは選んじゃダメ!鮮度の落ちたアスパラガスの特徴と見分け方8選!
こんなアスパラガスは選んじゃダメ!鮮度の落ちたアスパラガスの特徴と見分け方8選!
こんなキャベツは選んじゃダメ!鮮度の落ちたキャベツの特徴と見分け方5選!
こんなキャベツは選んじゃダメ!鮮度の落ちたキャベツの特徴と見分け方5選!
こんなきゅうりは選んじゃダメ!鮮度の落ちたきゅうりの特徴と見分け方6選!
こんなきゅうりは選んじゃダメ!鮮度の落ちたきゅうりの特徴と見分け方6選!
こんな小松菜は選んじゃダメ!鮮度の落ちた小松菜の特徴と見分け方6選!
こんな小松菜は選んじゃダメ!鮮度の落ちた小松菜の特徴と見分け方6選!
こんな里芋は選んじゃダメ!鮮度の落ちた里芋の特徴と見分け方4選!
こんな里芋は選んじゃダメ!鮮度の落ちた里芋の特徴と見分け方4選!
こんな春菊は選んじゃダメ!鮮度の落ちた春菊の特徴と見分け方5選!
こんな春菊は選んじゃダメ!鮮度の落ちた春菊の特徴と見分け方5選!
こんな大根は選んじゃダメ!鮮度の落ちた大根の特徴と見分け方7選!
こんな大根は選んじゃダメ!鮮度の落ちた大根の特徴と見分け方7選!
こんなパプリカは選んじゃダメ!鮮度の落ちたパプリカの特徴と見分け方7選!
こんなパプリカは選んじゃダメ!鮮度の落ちたパプリカの特徴と見分け方7選!
こんなピーマンは選んじゃダメ!鮮度の落ちたピーマンの特徴と見分け方5選!
こんなピーマンは選んじゃダメ!鮮度の落ちたピーマンの特徴と見分け方5選!
こんなブロッコリーは選んじゃダメ!鮮度の落ちたブロッコリーの特徴と見分け方5選!
こんなブロッコリーは選んじゃダメ!鮮度の落ちたブロッコリーの特徴と見分け方5選!
こんなほうれん草は選んじゃダメ!鮮度の落ちたほうれん草の特徴と見分け方6選!
こんなほうれん草は選んじゃダメ!鮮度の落ちたほうれん草の特徴と見分け方6選!
こんなレタスは選んじゃダメ!鮮度の落ちたレタスの特徴と見分け方5選! こんなレタスは選んじゃダメ!鮮度の落ちたレタスの特徴と見分け方5選!
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved