生活知恵袋
HOME > 食品を上手に冷凍保存・解凍する方法 > にんじんの冷凍保存、生のままとレンジで加熱、どっちが正解か検証したら意外な結果に!

にんじんの冷凍保存、生のままとレンジで加熱、どっちが正解か検証したら意外な結果に!

生のにんじんとレンジで加熱するにんじん

はじめに

にんじんは冷凍保存しておくことで、鮮度を維持したまま長期保存が可能です。ただ冷凍保存は生のまま冷凍保存するのか、レンジで加熱してから冷凍保存するのか、どちらがいいのかよくわからない方も多いかと思います。

そこで今回は実際にそれぞれの方法で保存してみて、どう違うのかを検証してみることにします。

にんじんの冷凍保存の仕方

にんじんをそのまま冷凍保存

それではにんじんの冷凍保存の仕方を解説します。ちなみににんじんは冷凍保存しておけば1か月は保存が可能です。まずはにんじんの皮をむき、両端をカットします。にんじんを輪切りにしたら、これをそのまま冷凍用保存袋に入れ、金属トレイを下にしいてから冷凍保存します。

生のにんじんを保存袋に入れて冷凍保存

にんじんをレンジで加熱してから冷凍保存

もう一つはにんじんをレンジで加熱してから冷凍保存します。まずはにんじんを輪切りにします。これを耐熱容器に入れ、水をにんじん1本(150g)に対し大さじ1と1/2加えます。これをラップしてレンジで加熱します。

にんじんを耐熱容器に入れ、レンジで加熱

加熱時間は600Wで4分10秒、500Wなら5分加熱します。加熱する時間はにんじんの量によって加減します。例えばにんじん2本(300g)なら600Wで8分20秒になります。

こちらがレンジで加熱したにんじんです。

レンジで加熱したにんじん

ざるに上げて水けをきり、冷めるまで待ってからキッチンペーパーで水けをふき取り、冷凍用保存袋に入れます。金属トレイを下に敷いてから冷凍保存します。

レンジにかけたにんじんを保存袋に入れて冷凍保存

冷凍したにんじんを流水解凍する

冷凍した生のにんじんを流水解凍する

それでは冷凍したにんじんを実際に解凍してみることにします。解凍は流水解凍で行います。こちらが冷凍保存して2週間たった生のにんじんです。

冷凍した生のにんじん

容器に水を入れ、この冷凍した生のにんじんをポリ袋に入れたまま浸けます。少しずつ水をたらしながら10分ほど置いておけば解凍できます。解凍は触ってみて柔らかくなってるかどうかで判断します。

冷凍したにんじんを流水解凍

解凍するとこのようになります。解凍するとだいぶ水分がにじみ出ているのがわかるかと思います。

解凍した生のにんじん

食べた感想はややしなっとしていて歯ごたえは少し弱くなっています。またにんじんの味や香りも薄味になっています。

並べるとこんな感じです。左は生のにんじんで、真ん中は冷凍した生のにんじん、右は冷凍して流水解凍した生のにんじんです。冷凍して解凍すると表面が水っぽくなっているのがわかるかと思います。

生のにんじんと冷凍した生のにんじんと解凍した生のにんじんを比較

冷凍したレンジで加熱したにんじんを流水解凍する

つぎは冷凍したレンジで加熱したにんじんを流水解凍します。こちらが冷凍保存して2週間たったレンジで加熱したにんじんです。

冷凍したレンジで加熱したにんじん

この冷凍のレンジで加熱したにんじんをポリ袋に入れ、容器に入れて上から水を垂らし続けます。こちらも10分ほどで解凍できます。

こちらが流水解凍したレンジで加熱したにんじんです。食べた感想は歯ごたえも比較的キープされている感じがします。何より生で冷凍したものよりもにんじんの香りや甘みはしっかりと残っています。

解凍したレンジで加熱したにんじん

並べるとこんな感じです。左は冷凍する前のレンジで加熱したにんじんで、右は冷凍して解凍したレンジで加熱したにんじんです。見た目ではこちらも冷凍して解凍したものの方が、やや表面が水っぽい感じがします。

レンジで加熱したにんじんと冷凍したものとと解凍したものを比較

2つを食べ比べた感想

2つのやり方で冷凍したにんじんを流水解凍してみましたが、食べ比べてみた感想はレンジで加熱したにんじんの方が食感はよく、比較的歯ごたえもありました。一方生のにんじんの方は大分しなっとしていました。

味に関してもレンジで加熱したにんじんのほうが味はしっかりと残っていました。なので流水解凍して使う場合はレンジで加熱してから冷凍する方がおすすめです。

冷凍したにんじんを加熱解凍する

冷凍した生のにんじんを加熱解凍する

今度は冷凍したにんじんを冷凍のまま加熱解凍します。まずは冷凍した生のにんじんです。加熱したフライパンで冷凍した生のにんじんを入れて炒めます。焦げないように中火で炒めました。

冷凍した生のにんじんを加熱解凍

下は冷凍したレンジで加熱したにんじんで、上は冷凍した生のにんじんです。生のにんじんの方が加熱した際に水分が多く出てきました。

冷凍した生のにんじんとレンジで加熱したにんじんを加熱解凍

こちらがフライパンで加熱解凍した生のにんじんです。加熱解凍したものも流水解凍したものとどうよう、しなっとした食感で、味や甘みも薄く感じました。

加熱解凍した生のにんじん

並べてみるとこんな感じです。左は生のにんじんで、真ん中は流水解凍した生のにんじん、右は加熱解凍した生のにんじんです。加熱解凍したものは、加熱することで表面の水けが飛んで、少し焼き色がついています。

生のにんじんと流水解凍した生のにんじんと加熱解凍した生のにんじんを比較

冷凍したレンジで加熱したにんじんを加熱解凍する

次は冷凍したレンジで加熱したを加熱解凍します。生のにんじんと同様フライパンに入れ、中火で炒めます。

こちらが炒めたレンジで加熱したです。こちらも比較的歯ごたえもしっかりとありました。またにんじんの香りや甘みも濃くしっかりと残っています。

加熱解凍したレンジで加熱したにんじん

並べてみるとこんな感じです。左はレンジで加熱したにんじんで、真ん中は流水解凍したレンジで加熱したにんじん、右は加熱解凍したレンジで加熱したにんじんです。こちらも加熱解凍したものは炒めることで表面の水気が飛び、少し焼き色もついています。

レンジで加熱したにんじんと流水解凍したものとと加熱解凍したものを比較

2つを食べ比べた感想

2つをやり方で冷凍したにんじんを加熱解凍してみましたが、結果は味や食感にかんして、どちらもレンジで加熱したにんじんの方がよかったです。

加熱解凍した冷凍した生のにんじんと加熱解凍した冷凍したレンジにかけたにんじんを比較

なので加熱解凍する場合でもレンジで加熱してから冷凍保存する方をおすすめします。

並べてみるとこんな感じです。左が加熱解凍した生のにんじんで、右は加熱解凍したレンジで加熱したにんじんです。見た目に関してはそんなに差はありません。

ちなみに今回の検証については以下の動画でも詳しく取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

冷凍したにんじんを使ったレシピ

にんじんとジャガイモの甘辛炒め

にんじんとジャガイモの甘辛炒め

それでは冷凍したにんじんを使ったレシピをいくつか紹介します。今回紹介するのはにんじんとジャガイモの甘辛炒めです。使う材料は以下の通りです。

レシピ(4人前)
  • 輪切りにんじん … 150g
  • じゃがいも … 200g
  • 薄切りベーコン … 3枚
  • サラダ油 … 小さじ1
  • 酒 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 大さじ1
  • しょうゆ … 大さじ1
  • 鶏がらスープの素 … 小さじ1/3

まずはジャガイモの皮をむいて乱切りにします。これを耐熱容器に入れ、ラップを上から乗せてレンジで4分〜5分(600W)加熱します。つまようじを刺してみてすっと入ればしっかりと加熱できています。

次にフライパンに油をひいて火にかけ、2cm幅ほどにカットした薄切りベーコンを炒めます。

さらに冷凍のまま輪切りにんじんを加え炒めます。少し火が通ったらさらにジャガイモも加えて炒めます。

ジャガイモに焼き目がついてきたら酒、みりん、砂糖、しょうゆ、鶏がらスープの素を加えてよく絡めます。

汁気が少なくなってきたら火を止めて器に盛って出来上がりです。

にんじんのごまみそマヨ和え

輪切りにんじんのみそマヨ和え

次はにんじんとごぼうのごまみそマヨネーズ和えを紹介します。使う材料は以下の通りです。

レシピ(4人前)
  • 輪切りにんじん … 150g
  • ごぼう … 1/2本(120g)
  • 調味料A
    • マヨネーズ … 大さじ3
    • みそ … 小さじ2
    • 白すりごま … 大さじ2
    • 砂糖 … 小さじ1
    • しょうゆ … 小さじ1

まずは冷凍したにんじんを流水解凍しておきます。

ごぼうは土をよく洗い落としたら薄めの乱切りにします。切ったごぼうは水を入れた耐熱容器に入れておきます。こうすることで変色を防げます。

全部カットしたら水を流します。この時大さじ1分ぐらい水を残しておくと、レンジで加熱したときにふっくらと仕上がります。

あとは上からラップをしてレンジで600Wで3分、500Wなら3分40秒加熱します。

ボウルに調味料Aを入れてよく混ぜ合わせておきます。

ここに解凍したにんじんとレンジにかけたごぼうを加え、よく和えたら出来上がりです。

まとめ

今回はにんじんを冷凍するなら生のままとレンジで加熱してからのどちらがいいのかを検証してみました。流水解凍して使う場合でも加熱調理で直接冷凍のまま使う場合でも、味や食感はレンジで加熱してから冷凍したものの方がよかったです。

生のまま冷凍したにんじんは流水解凍の際も加熱解凍の際も、水分が多く出てしまい、その分味や食感が落ちてしまったのだと考えられます。なので冷凍保存する場合は一度レンジで加熱してから保存することをおすすめします。

※参考書籍
組み合わせ自由自在作り置き野菜おかず357
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ
まるごと使いきってムダなし!野菜の保存&使いきりレシピ

最終更新日 2022/01/15

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の根菜野菜の上手な冷凍保存


さつまいもの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さつまいもの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
里いもの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
里いもの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
じゃがいもの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
じゃがいもの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
しょうがの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
しょうがの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
大根の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
大根の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
たまねぎの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
たまねぎの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
にんじんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
にんじんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介


その他の食品群の上手な冷凍保存


食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved