HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > おいしいオクラの見分け方・選び方

おいしいオクラの見分け方・選び方




オクラの画像


はじめに


オクラは夏が旬の野菜で、サラダや和え物にしたり、きざんで薬味として利用します。そんなオクラですが今回はおいしいオクラ、鮮度のいいオクラの見分け方、選び方について詳しく見ていきます。

まずはオクラの種類について解説し、各オクラの見た目での見分け方・選び方、触って確かめる見分け方・選び方、断面で見分ける見分け方・選び方を紹介します。さらに傷んだオクラの見分け方やオクラに含まれる栄養素、オクラの上手な保存方法についても取り上げます。






オクラを旬で選ぶ


オクラの旬

オクラはハウス栽培などにより年間を通して出回りますが、旬は6月から9月にかけてです。オクラの主な産地は1位の鹿児島、4位の熊本、5位の宮崎と九州に集中していて、そのほかでは高知の2位や沖縄の3位などが主な産地です。



オクラの品種での見分け方・選び方


オクラの種類

オクラは緑色で断面が5角形のものがハウス栽培に適した品種なのもあり、市場でもよく見かけます。他にも断面が丸形の丸オクラ、色が白色の白オクラ、赤色の赤オクラなどもあります。


丸オクラ

丸オクラは断面がまるで実は大型です。5角のものに比べると身は柔らかく、沖縄では島オクラ、東京都の八丈島では八丈オクラとも呼ばれます。

丸オクラの画像


赤オクラ

赤オクラはゆでると色が溶けだし、緑色になってくるので色を活かしたいなら生食で利用します。普通のオクラよりも果肉は薄く柔らかいです。


白オクラ

白オクラは薄緑色で、通常のオクラと比べると粘りも強くビタミンCも豊富です。



オクラの見た目での見分け方・選び方


鮮やかな緑色ではりつやがある

オクラは緑が鮮やかで、はりやつやのあるものを選びましょう。


角がはっきりしている

丸型ではなく角ばったオクラの場合は、その角ははっきりとしたものがいいです。

オクラの角がはっきりしている


産毛が均一に覆っている

オクラの表面に生えている産毛が全体に覆われていて、均一に生えてるものがいいです。

オクラの表面が産毛で覆われている


へたの切り口が変色してない

へたの切り口を見て、切り口がみずみずしくて変色していないものが良品です。鮮度が落ちてくると黒ずんできます。

オクラのへたの切り口が白くてみずみずしい


大きすぎないものを選ぶ

オクラは花を咲かせた後1週間ぐらいで一気に成長するので、収穫機を逃すと大きくなりすぎてしまいます。成長し過ぎたオクラは果肉も種も固くなっているので、あまり大きすぎないものを選びましょう。



丸オクラの見た目での見分け方・選び方


丸オクラも鮮やかな緑ではりつやがあるものを

ついでに丸オクラについても見分け方を紹介します。見分け方は通常のオクラとほぼ同じです。緑が鮮やかで、はりやつやのあるものを選びましょう。


産毛が均一に覆っている

産毛も丸オクラの場合も全体に覆われていて、均一に生えてるものがいいです。

丸オクラ表面を産賀が覆っている


へたの切り口が変色してない

へたの切り口もやはり丸オクラの場合も切り口がみずみずしくて変色していないものが良品です。

丸オクラのへたの切り口が白くてみずみずしい


通常のオクラよりも実は大きめ

丸オクラは通常のオクラよりも実が大きいのが特徴ですが、実や種はやわらかいです。ただし丸オクラも大きすぎるものは実や種は固くなっておいしくありません。



オクラの触感での見分け方・選び方


オクラは水分が抜けやすいので、手に取ってみてより重たい方が新鮮です。



カットしたオクラの見分け方・選び方


オクラを縦に半分にカットして断面を見た時に、たねが詰まっているとその分実が固くなります。たねが小ぶりなほど身は柔らかいです。またたねが成長しすぎるとオクラも全体的に大きくなるので、そこでも判断できます。種は成長して熟しすぎると苦みも出てきます。下の画像は通常のオクラの断面です。

オクラの断面

一方以下の画像は丸オクラの断面です。どちらもたねが成長しすぎて大きくなっているものは固くなっておいしくありません。

丸オクラの断面





傷んで腐ったオクラの見分け方

オクラは収穫後比較的すぐに角などが黒く変色しがちですが、それだけなら問題なく食べられます。オクラの表面がぬめってきたり、異臭がしたり、ふにゃっとしてきたり、カビなどが生えてきた場合や、カットしたときに中身が茶色く変色している場合は傷んでいるので食べない方がいいです。



オクラの栄養素について


ぬめり成分ペクチンの効能

オクラのぬめり成分の一つである食物繊維のペクチンには腸内の善玉菌を増やし、整腸作用や、血中コレステロール値の急上昇を抑える働きがあります。


ぬめり成分ムチンの効能も豊富

同じくオクラのぬめり成分である多糖類のムチンには器官や消化器、粘膜を保護する働きや、胃炎、胃潰瘍の予防などの働きがあります。他にもたんぱく質の消化吸収を助ける働きもあるので、肉や魚と一緒に取るのも効果的です。


葉酸も多い

オクラには葉酸も豊富に含まれます。葉酸は動脈硬化の予防や粘膜の健康維持、貧血の予防や胎児の成長維持などの働きのあるビタミンです。葉酸の効果については葉酸の多い食品・食べ物と含有量一覧でも詳しく解説しています。



オクラの保存方法


冷蔵庫で保存

鮮度のいいオクラを買ってきても上手に保存できないと、おいしさは失われてしまいます。そこでオクラの保存の仕方も解説します。オクラはキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存すれば3〜4日ほど保存できます。

オクラをポリ袋に入れて口をしめて保存


冷凍して保存

オクラを塩もみして産毛を取ってから茹でて、冷ました後に冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存すれば1か月ほど保存できます。塩もみしてよく洗ってから水けをふいて2〜3日天日干しにした後、保存袋に入れて冷蔵庫で保存すればこちらも1か月ほど保存できます。詳しくはオクラの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

茹でたオクラを保存袋に入れて冷凍保存



チェックの大まかな流れ


オクラはまずは緑色が鮮やかではりつやがあるものを選びます。全体にうぶ毛が密に覆われているもの、角がはっきりしているものも良品です。へたの切り口はみずみずしくて黒ずんでないものを選びましょう。サイズは大きすぎなものは成長し過ぎなので大きすぎない物を選びます。

手に取ってみてより重たい方が新鮮で、切った断面は種があまり大きく成長して異なものが柔らかくておいしいです。

オクラのチェックの流れ
  • 緑色ではりつやがある
  • 産毛が密で全体に均一
  • 角がはっきりしている
  • へたの切り口が変色してなくてみずみずしい
  • サイズは大きすぎない
  • より重たい
  • 断面はたねが成長しすぎていないもの




※参考書籍
野菜のソムリエ
からだにおいしい 野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
新・野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
食材図典生鮮食材篇
野菜・山菜ハンドブック
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
野菜の基礎知識
もっとおしくながーく安心食品の保存テク










公開日 2018/10/23











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved