HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > おいしいパプリカの見分け方・選び方

おいしいパプリカの見分け方・選び方




パプリカの画像


はじめに


パプリカはとうがらしの一種でからさが穏やかな甘味種になります。ピーマンも同じ甘味種で日本ではジャンボピーマンと呼ばれる品種が完熟して赤や黄色になったものをパプリカといいます。今回はおいしいパプリカの見分け方を詳しく見ていきます。まずはパプリカの旬とパプリカの種類について紹介します。

次にパプリカの見た目での選び方と、手に取ってみての選び方、カットしたパプリカの選び方を紹介します。そしてパプリカが痛むとどうなるのか、パプリカの保存方法やパプリカに含まれる栄養素についても取り上げます。







パプリカを旬で選ぶ


パプリカの旬

パプリカは通年で回りますが旬は7月から10月にかけてです。高知や熊本、宮崎産のものが多いです。パプリカはオランダや韓国、ニュージーランドなどからの輸入物も多いです。通常のピーマンの旬は6月から9月とパプリカとは若干ずれます。



パプリカの種類での見分け方・選び方


南米原産のとうがらしの一種

パプリカはもともとは中南米原産で、コロンブスがアメリカからヨーロッパに持ち込み、そこから広がったものです。品種改良により現在のように辛みの少ないものが開発され、現在の主流となっています。日本には明治時代に大型種がいったん入ってきましたが広がらず、戦後にはいって一般にも広まりました。

ピーマンとパプリカの違い

ピーマンもパプリカもどちらもとうがらしの甘味種で、同じものです。日本ではジャンボピーマンと呼ばれる品種が、緑の未熟果から完熟し、赤や黄色に変わったものが一般的にパプリカと呼ばれています。完熟すると葉緑素の緑が減少し、変わってアントシアニンやカロチノイドなどの色素成分が増えて赤や黄色のパプリカとなります。

パプリカはピーマンとは違い青臭さや苦みが少なく、甘みが強いのが特徴です。色は含まれる色素成分の違いにより、赤や黄色以外にも白や橙、茶、黒紫などもあります。



パプリカの見た目での見分け方・選び方


色が鮮やかでムラがない

つやがあり色が鮮やかなもの、色にムラがないものがいいです。

パプリカはいろが鮮やかでムラのないものを

へたが変色していない

へたの切り口がみずみずしく新鮮な物を選ぶ。パプリカは日がたつとへたの部分からまずい鮮度が落ちてきます。変色、乾燥したものは、腐敗し始めているので避ける。

パプリカのへたが緑で変色してないものを

果柄(かへい)が緑でつやハリがある

果柄の部分が緑で切り口が新しく、つややハリのあるものを選びます。果柄とは枝から果実へと延びる部分です。

パプリカの果柄が緑で切り口がみずみずしいものを



パプリカの触感での見分け方・選び方


はりがある

皮がふかふかせずはりや弾力があるものを選ぶ。古くなってくると水分が抜けて弾力がなくなり、固くなってきます。

重みがある

手に取ってみて同じサイズならより重い方がいいです。古くなってくると水分が抜けてしおれて軽くなってきます。



パプリカの重さはどのくらい?

パプリカを見分ける際に手にとってみて重みがあるかどうかを確認しますが、それでは実際パプリカはどのくらいの重さがあるのでしょうか。実際に測ってみることにします。 検証したのは縦7.5cm、横7.5cmのサイズのものです。へたの部分も含めると縦12cmになります。

パプリカ赤1個の大きさ

このサイズでの重さは131.3gでした。さらにパプリカの重さは1個で何グラム、大きさやカロリーは?ではパプリカをカットした際の重さなども検証しています。

赤パプリカ1個の重さは131.3g



カットしたパプリカの選び方


皮が肉厚なもの

パプリカは通常まるごと売られているもので、カットしたものを見かけることはまれです。そこで買ってきたパプリカを半分に切ったときに良しあしを見分ける方法を紹介します。パプリカは肉厚なものほどいいです。

パプリカは皮が肉厚なものを

種子の色

割ったときに種が育っていないものの方が果肉は柔らかいです。





傷んで腐ってきたパプリカの見分け方


パプリカも使わずに長く置いておくと次第に傷んで腐ってきます。まず色も黒味がかってきてつやもなくなり、弾力もなくなってしわくちゃになってきます。さらに異臭がしたり、カビが生えたりします。



パプリカの保存方法


おいしくて鮮度のいいパプリカを選んだとしても、すぐに使わない場合はちゃんと保存しておかないと傷んでしまいます。そこでパプリカの上手な保存の仕方についても解説します。パプリカは新聞紙で包んでポリ袋に入れ、軽く口をしめて冷蔵庫の野菜室で保存します。カットしてから冷凍保存も可能で、1ヵ月は持ちます。天日で乾燥させてから冷蔵庫での保存でも1ヵ月は持ちます。

カットしたパプリカは傷むのが早いのでぴっちりとラップで包んで冷蔵庫で保存し、4〜5日で使いきりましょう。パプリカのきんぴらなどに調理して冷凍保存してもいいです。こちらは2週間は持ちます。詳しくはパプリカの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

パプリカを新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存



パプリカの栄養素について


ビタミンCが豊富

パプリカにはビタミンCが非常に多く含まれます。ビタミンCの推奨量はは成人男女で1日に100mgですが、パプリカは100gで170mgものビタミンCを摂取できます。ビタミンCは抗酸化作用により体を老化や酸化から守ってくれる働きがあります。またコラーゲンの合成にも関わり、動脈硬化を予防する効果もあります。詳しくはビタミンCの多い食品・食べ物と含有量一覧で解説しています。

ビタミンE、B6も方法

パプリカにはビタミンEも豊富です。ビタミンEも抗酸化作用や動脈硬化の予防などに効果があります。またエネルギー代謝や動脈硬化の予防、月経前症候群の軽減などの効果のあるビタミンB6も豊富です。ビタミンEについてはビタミンEの多い食品・食べ物と含有量一覧で、ビタミンB6についてはビタミンB6の多い食品・食べ物と含有量一覧でも詳しく解説しています。

ヘスペリジンでビタミンCの吸収率アップ

パプリカには毛細血管を丈夫にするヘスペリジンも含まれます。ヘスペリジンにはこの他パプリカに多く含まれるビタミンCの吸収を助ける働きもあります。



チェックの大まかな流れ


まずは見た目のチェックです。パプリカは鮮度が落ちてくると最初にへたの部分に現れます。へたがみずみずしくて新鮮で変色してないものを選びます。色は鮮やかでツヤのあるものを選びます。手に取ってみて重量感があり、張りや弾力のあるものほど良品です。

カットしたものは肉厚で種もそれほど育っていないものの方が身は柔らかいです。

パプリカのチェックの流れ
  • へたがみずみずしく変色してない
  • 色が鮮やかでツヤがある
  • 重みがある
  • 弾力やハリがある
  • 断面は肉厚
  • 種はそれほど育っていないもの




※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
食材図鑑 生鮮食品篇
野菜・山菜ハンドブック
おいしく健康をつくるあたらしい栄養学
野菜のソムリエ
野菜の基礎知識











公開日 2018/02/22











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved