HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > ピーマンの見分け方・選び方

ピーマンの見分け方・選び方




ピーマンの画像


はじめに


ピーマンはとうがらしの一種で、とうがらしでも辛みの少ない甘味種を食べやすいように品種改良してできたものです。そんなピーマンですが今回はおいしいピーマンの選び方を紹介します。まずはピーマンの旬について取り上げ、ピーマンの種類を解説します。そしてピーマンを見た目で見分ける方法と、手に取って見分ける方法、カットしたピーマンの見分け方を紹介します。

さらにピーマンが傷むとどうなるのか、ピーマンの保存方法やピーマンに含まれる栄養素についても取り上げます。







ピーマンを旬で選ぶ


ピーマンの旬

ピーマンは通年で回ります。通年ものだと茨城や岩手産が多いです。冬春物だと高知と宮崎産が8割を占め、次いで茨城産が多いです。ピーマンの旬は6月から9月にかけてです。大型で赤や黄色などの色味がついたパプリカの旬は7月〜10月とピーマンとは若干ずれます。

通常旬は夏から秋にかけてですが、春物のピーマンのよく熟してておいしいです。天候にも左右されますが、通常ピーマンは15〜20日くらいかけて生育していきますが、春物の場合は20〜25日と生育時間が長くなる分じっくりと熟して味もおいしくなります。



ピーマンを種類で選ぶ


南米原産のとうがらしの一種

ピーマンはもともとは中南米原産のとうがらしの一種で、コロンブスがヨーロッパへと持ち帰り、品種改良で現在のような辛みのないものへと変わりました。日本に伝わったのは明治期で、本格的に一般に広がったのは戦後に入ってからです。

中肉中果のピーマン

現在主流のピーマンで短くて太く、ベル型の形状をしています。緑が鮮やかでつやがあります。成熟すると赤や黄色になるので、その前に収穫します。赤くなったピーマンも市販されていることがあります。こちらは青臭さが減り甘みが増します。未熟果の緑のピーマンは少し青臭く、多少の苦味があるのが特徴です。

赤と橙のカラーピーマン

上の画像はカラーピーマンです。大きさは通常のピーマンと同じで、熟して色が赤や橙に変わっています。

とんがりピーマン

とうがらしのような形状で細長いピーマンです。見た目はとうがらしに似ていますが、甘味種なのでとうがらしのように強い辛みはありません。

ジャンボピーマン

通常のピーマンの2〜4倍の大きさで、生産量が増えてきているピーマンです。緑の未熟果での出荷よりも熟した赤や黄色のものがよく市場に出回ります。こちらはパプリカとして扱われることも多いです。苦味はごく少なく、甘みが強いのが特徴です。

種類見た目特徴
中肉中果のピーマン太くて短くベル状広く一般に流通しているタイプ。
とんがりピーマンとうがらしのように細長い味はピーマンで、とうがらしのような辛みはない。
ジャンボピーマン通常のピーマンの2〜4倍の大きさ赤や黄色でパプリカとして売られているものが多い。苦味は少なく甘みが強い。



見た目で見分けるピーマンの選び方


緑色で色つやのいいもの

つやがあり緑の濃いもの。色にムラがないもの。緑に赤紫がかった部分が出てくるとと腐敗し始めている。腐敗し始めたピーマンは他のピーマンにも影響してくるので、傷んだ物は早めに処分する。

緑色で色つやのいいピーマン

へたがみずみずしくて変色していない

へたの切り口がみずみずしくへた自身みどりで新鮮な物を選ぶ。日がたつとへたの部分から鮮度が落ちてくるので、この部分は鮮度を見分けるおおきなポイントです。茶色に変色していたり、乾燥したものは、腐敗し始めているので避けます。

ピーマンのへたは緑色で切り口はみずみずしい



手に取って見分けるピーマンの選び方


はりがある

皮がふかふかせず、はりや弾力のあるものを選びます。古くなってくると水分が抜けて弾力がなくなり、固くなってきます。

重い方がいい

同じサイズのものなら手に取ってみてより重いものの方がいいです。古くなってくると水分が抜けてしおれて軽くなってきます。

へたも弾力のあるものを

へたの部分も押してみて弾力のあるものの方がいいです。



ピーマンの重さはどのくらい?

ピーマンを見分ける際に手にとってみて重みがあるかどうかを確認しますが、それでは実際ピーマンはどのくらいの重さがあるのでしょうか。実際に測ってみることにします。 検証したのは縦7.5cm、横4.5cmのサイズのものです。

ピーマン中1個の大きさ

このサイズでの重さは37.5gでした。さらにピーマンの重さは1個で何グラム、大きさやカロリーは?ではピーマンをカットした際の重さなども検証しています。

ピーマン中1個の重さは37.5g



カットしたピーマンの選び方


肉厚なもの

ピーマンは通常まるごと売られているもので、カットしたものが売られているのはまれです。そこで買ってきたピーマンをカットしたときに断面から良品を見分ける方法を紹介します。カットしたピーマンの皮は肉厚なものほどいいです。

ピーマンは皮が肉厚なものを

種子の色

割った時の種子の色は白いものほど鮮度はいいです。茶色く変色したものは多少味が落ちますが、食用には問題ないです。

ピーマンの種は白いものを





傷んで腐ったピーマンの見分け方


ピーマンは傷んでくると色味が茶色や黒っぽくなり、しわくちゃになって触ると弾力もなくなりぶにょぶにょしてきます。また異臭がしたり、カビが生えたりします。ピーマンが赤くなったり黄色くなったりする場合もありますが、これは熟しているだけで傷んでいるわけではありません。熟すと青臭さが減って甘みが増します。



ピーマンの保存方法


おいしくて鮮度のいいピーマンを買ってきても、すぐに使わない場合はちゃんと保存しないと傷んでダメになってしまいます。そこでピーマンの保存の仕方も紹介します。ピーマンは基本は冷蔵庫の野菜室での保存がてきしています。新聞紙に包んでポリ袋に入れ、軽く口を閉めて保存すれば2週間は持ちます。用途に合わせてカットして冷凍庫で保存すれば1ヵ月は持ちます。天日で乾燥させてから冷蔵庫で保存しても1ヵ月は持ちます。

カットしたピーマンは傷みが早いのでしっかりとラップして冷蔵庫で保存し、4〜5日で使いきりましょう。ピーマンのきんぴらやおかか煮などにして冷凍保存しても2週間は持ちます。詳しくはピーマンの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

ピーマンを新聞紙で包んでポリ袋に入れる



ピーマンの栄養素について


ビタミンCが豊富

ピーマンはビタミンCが非常に豊富です。成人男女が1日に必要なビタミンCの量が100mgですが、ピーマンは100gで76mgものビタミンCを摂取することができます。ビタミンCは抗酸化作用により、老化や酸化から体を守ってくれる働きがあります。また動脈硬化の予防やコラーゲンの合成にもかかわります。詳しくはビタミンCの多い食品・食べ物と含有量一覧で解説しています。

ヘスペリジンでビタミンCの吸収率アップ

ピーマンには毛細血管を丈夫にするヘスペリジンも含まれます。ヘスペリジンにはピーマンに多く含まれるビタミンCの吸収率を高める働きもあります。

香り成分のピラジン

ピーマンの香り成分のピラジンには血栓を予防して血液をサラサラにする効果もあります。



チェックの大まかな流れ


まずは見た目のチェックです。ピーマンは鮮度が落ちてくるとへたに最初に現れるので、へたがみずみずしくて緑で変色してないものを選びます。ピーマンは色つやがよくて緑色で色に村のないものを選びます。次に手に取って確認します。弾力やハリのあるもの、適度な重みを感じるものを選びます。カットしたピーマンは肉厚で種が茶色く変色していないものが良品です。

ピーマンのチェックの流れ
  • へたがみずみずしく変色してない
  • 緑鮮やかでツヤがある
  • 重みがある
  • 弾力やハリがある
  • 断面は肉厚
  • 種は変色していないもの




※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
食材図鑑 生鮮食品篇
野菜・山菜ハンドブック
おいしく健康をつくるあたらしい栄養学
野菜のソムリエ
野菜の基礎知識











最終更新日 2018/02/22
公開日 2007/12/02



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved