HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > ピーマンの保存方法(常温、冷蔵、冷凍)と保存期間

ピーマンの保存方法(常温、冷蔵、冷凍)と保存期間




ピーマンの画像


ピーマンの保存方法


はじめに

ピーマンはとうがらしの中まで辛さを抑えた品種になります。今回は買ってきたピーマンを上手に保存して無駄なく利用するためのコツを紹介します。まずは常温保存、冷蔵庫での保存、冷凍保存の仕方を詳しく解説します。さらに天日で乾燥させてから保存する方法や、作り置きのおかずにして保存する方法も紹介します。

保存方法と保存期間

ピーマンは常温保存で1週間、冷蔵で2週間、冷凍で1ヵ月、乾燥させて1ヵ月保存ができます。下の表は各保存方法と保存期間の一覧です。

保存方法常温冷蔵冷凍漬物乾物土中
保存期間1週間2週間1ヵ月-1ヶ月-




ピーマンの保存の基本


ピーマンは水けを嫌う

ピーマンは水けがついているとそこから傷みやすくなります。保存するときは水気をよく拭きとって保存します。またポリ袋などにいれて保存する際は湿気がこもらないよう通気も大切なので、つまようじなどで穴を数か所開けておくといいです。

ピーマンを新聞紙に包んで保存

常温や冷蔵庫で保存する場合はピーマンが乾燥しないように新聞紙かキッチンペーパーに包んで保存するといいです。ピーマンから出た水分が新聞紙などに吸水され適度な湿度を保ってくれます。

ピーマンを新聞紙で包んで保存

腐ったものは早めに取り出す

ピーマンは腐ってくるとすぐに他に伝染します。ほうっておくといいピーマンまであっという間に腐ってしまうので早めに取りだすようにしましょう。

ピーマンの最適保存温度、保存湿度は?

ピーマンの保存に適した温度は7〜10度なので、ちょうど冷蔵庫の野菜室での保存が適しています。冷蔵庫の野菜室の温度は5〜10度です。ピーマンはそれ以上温度が低くなるとくぼみができたり、低温障害などが出てきます。

また保存に適した湿度も90〜95%で、こちらも野菜保存のために湿度が高く維持されている野菜室が適しています。ピーマン以外の野菜の最適保存温度、湿度については野菜の最適保存温度と最適保存湿度についてで解説しています。



ピーマンを常温で保存


ピーマンの常温保存

ピーマンの保存に適した温度は7〜10度なので冷蔵庫の野菜室での保存が適しています。冬場は寒い地域などで外気もそれほど高くない場合は、冷暗所で常温保存もできます。一つずつ新聞紙かキッチンペーパーで包んで保存します。大体1週間ほど保存できます。

  • 使う道具 - 新聞紙、キッチンペーパー
  • 保存方法 - 新聞紙かキッチンペーパーに包んで保存
  • 保存期間 - 1週間

冷暗所とは

冷暗所とは14度以下の環境で、直射日光が当たらず、通気もよく湿気のこもりにくい場所です。昔の家なら床下などが冷暗所になります。



ピーマンを冷蔵庫で保存


通常ピーマンは冷蔵庫の野菜室で保存するといいです。ちょうどピーマンの保存に適している5〜10度の環境なのが野菜室です。ピーマンをひとつずつ新聞紙かキッチンペーパーで包んで、ポリ袋に入れて保存します。

密閉するとむれて傷みやすくので、ポリ袋は軽く口をして保存するか、つまようじで数か所穴をあけておきます。冷蔵庫の野菜室での保存なら2週間は持ちます。

ピーマンを新聞紙で包んでポリ袋に入れる

  • 使う道具 - 新聞紙、キッチンペーパー、ポリ袋
  • 保存方法 - 新聞紙かキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れて保存
  • 保存期間 - 2週間



カットして使いかけのピーマンを保存


カットしたピーマンは傷みが早いので、なるべくならその日のうちに使った方がいいです。保存するならラップでしっかりと包んで冷蔵庫で保存します。断面が空気に触れると特に傷みやすいのでしっかりと包んで保存します。冷蔵庫での保存で2〜3日は持ちます。

切ったピーマンはラップに包んで保存

  • 使う道具 - ラップ
  • 保存方法 - ラップで包んで保存
  • 保存期間 - 2〜3日



ピーマンを冷凍庫で保存


ピーマンの冷凍保存の仕方

ピーマンは冷凍して保存することもできます。千切り、乱切り、みじん切りなど用途に合わせてカットしてから、生のままかゆでたり傷めたりしてから、冷まして冷凍用保存袋に入れて保存します。冷凍保存なら1ヵ月は保存できます。

ピーマンを茹でる

まずはカットしたピーマンを茹でます。1分ほど茹でたらざるに上げて熱を冷ましてから、冷凍用の保存袋に平らになるように入れて、冷凍保存します。

ピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋
  • 保存方法 - 千切りにして冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月

金属トレイにのせて保存

金属トレイの画像

食品の鮮度をなるべく落とさないようにして冷凍保存したいなら、急速に冷凍させるのが大事です。そのために使うのが熱伝導率が高い金属トレイです。パプリカを入れた冷凍用保存袋を金属トレイにのせて、そのまま冷凍庫で冷凍させます。パプリカが凍ったら金属トレイは出します。

保存袋の空気をしっかりと抜く

冷凍保存では急速冷凍が大事ですが、そのためには保存袋の空気をしっかりと抜いておくことも大切です。空気は熱伝導率が低いので、空気が多いと冷気もなかなか伝わりません。また酸素が多いと雑菌も繁殖しやすいので、その分食品の保存期間も短くなってしまいます。

保存袋には日付と中身を記載

冷凍保存では長期保存できることからついつい使いそびれてしまいがちです。後になっていつ保存したかわからなくなると、まだ食べられるのかどうかも判断がつきにくくなります。そこで後から見てもいつ保存したかがわかるよう、保存袋には冷凍保存した日付と、中身をしっかりと記入しておくようにしましょう。

ピーマンの解凍方法

先にゆでたり炒めたりしてから冷凍したピーマンなら、前日の夜に冷蔵庫に移して7〜8時間ほど自然解凍してから使うといいです。汁ものや炒め物、煮物などに使う場合はそのまま使ってもかまいません。



ピーマンを干して保存


干すとうまみが凝縮

ピーマンは干して保存してもいいです。干すことにより水分が抜け、うまみが凝縮されます。やり方はまずはピーマンを半分に切って種とワタを取り、断面を上にして天日で2日ほど干します。後は保存袋やビンなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヵ月は持ちます。使うときは水で戻して煮物や炒め物に使うといいでしょう。

  • 使う道具 - ざる、保存袋、ビン
  • 保存方法 - カットしてざるにのせて天日で干す
  • 保存期間 - 1ヵ月

あると便利な干しかご

干すときに便利なのが周囲が網で覆われた干しかごです。虫や鳥などの侵入を抑えることができるのでパプリカを干すのに便利です。

万能干しカゴ 3段 50×50×高さ55cm アウトドア 干し物に活躍
全国家庭用品卸商業協同組合

amazonで購入 楽天市場で購入



ピーマンを作りおきにして保存


ピーマンをきんぴらにして保存

ピーマンを作りおきのおかずにして冷凍保存することもできます。解凍するだけで手軽に料理に一品を加えることができるので時間がないときにもおすすめです。まずはピーマンとパプリカを使ったきんぴらを紹介します。保存期間は冷蔵庫なら4〜5日、冷凍庫なら2週間です。

ピーマンとパプリカのきんぴら

作り方はまずはピーマンとパプリカをそれぞれ半分にカットして種とワタを取り、少し太めに千切りにします。フライパンにごま油を引いて強火で熱し、ピーマンとパプリカを入れてしんなりするまで炒めます。酒・しょうゆ、砂糖を加え、さっと炒めて、最後に塩で味を調えて完成です。

レシピ(4人分)
  • ピーマン … 5個(180g)
  • 赤パプリカ … 1/2個
  • ごま油 … 大さじ1
  • 調味料
    • 酒 … 小さじ2
    • しょうゆ … 小さじ2
    • 砂糖 … 小さじ1/2
    • 塩 … 少々

ピーマンのおかか煮

次にピーマンのおかか煮を紹介します。作り方はまずはピーマンを半分に切って種とワタを取り除き、千切りにします。鍋にごま油を引いて中火で熱し、ピーマンを加えてしんなりするまで炒めます。しょうゆ、みりん、砂糖を加えてさっと炒め、かつお節を加えて混ぜ合わせて出来上がりです。

ピーマンのおかか煮

レシピ(4人分)
  • ピーマン … 8個(320g)
  • かつお節 … 6g
  • ごま油 … 小さじ2
  • 調味料
    • みりん … 大さじ1
    • しょうゆ … 大さじ1
    • 砂糖 … 小さじ2

作り置きを冷凍保存する場合

作り置きを冷凍保存する場合は密閉できるよう気でもいいですが、冷凍用保存袋に入れた方がいいです。こちらなら空気を抜いて密閉しやすいし、平らにして入れれば急速冷凍もさせやすいです。使う際はレンジの解凍キ―でまず解凍し、さらにそのまま温めたい場合は耐熱容器などに移してから、レンジで加熱するといいです。

電子レンジの解凍キー



保存方法別の保存期間の目安


ピーマンは冷暗所での常温保存で1週間、冷蔵庫の野菜室で2週間もちます。カットして冷凍庫で保存で1ヵ月、干してから冷蔵庫で保存すれば同じく1ヵ月持ちます。ピーマンのきんぴらやおかか煮などに作り置きして冷凍保存すれば2週間は持ちます。

保存方法保存期間
常温保存1週間
冷蔵保存2週間
冷凍保存1ヵ月
干して保存1ヵ月
作り置きにして保存冷蔵4〜5日、冷凍2週間



ピーマンが傷んで腐ってくるとどうなる?


ピーマンを上手に保存していても長く保存していると傷みは出てきて、最終的には腐って食べられなくなります。ピーマンが傷んでくると茶色や黒みがかってきて、表面のハリもなくなり、しわくちゃになって触るとぶよぶよしてきます。異臭もしてきて、カビが生えることもあります。

ちなみに赤や黄色がかったピーマンは熟しているだけなので食べても問題ありません。熟したピーマンは青臭さが減って甘みが増します。



おいしいピーマンの見分け方


ピーマンは鮮度が落ちてくるとまず最初にへたの部分に現れます。したがって見るときはへたの部分からみていきます。へたの切り口がみずみずしくて、へたが茶色や黒っぽく変色していないものを選びます。ピーマンの色は緑でつやのあるものを選びます。

ピーマンのへたは緑色で切り口はみずみずしい

手に取ってみて張りや弾力があるもの、重みのあるものを選びます。カットしたものは肉厚で種が変色していないものを選びます。詳しくはピーマンの見分け方・選び方で解説しています。



保存方法まとめ


ピーマンは基本は冷蔵庫の野菜室で保存します。ひとつずつ新聞紙かキッチンペーパーで包んでポリ袋に入れて軽く口を閉めて保存します。これで2週間は持ちます。千切りや乱切りなど用途に合わせてカットしてから冷凍保存することもできます。この場合は1ヵ月ほど保存できます。半分にカットして種とワタを取り、天日で2日ほど乾燥させてから冷蔵庫で保存することもできます。その場合も1か月ほど持ちます。

カットしたピーマンは日持ちしないのでラップでしっかり包んで4〜5日で使いきりましょう。ピーマンのきんぴらやおかか煮などの作り置きのおかずにして冷凍保存してもいいです。この場合は2週間ほど持ちます。




※参考書籍
もっとおいしくながーく安心食品の保存テク
節約&かんたん冷凍保存大事典
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ
作りおき野菜おかず357
野菜のソムリエ




食材の保存方法









最終更新日 2018/02/22
公開日 2007/12/02



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved