HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方

ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方




ピーマンの画像


はじめに


すぐに使わないピーマンは冷蔵庫の野菜室でも保存できますが、冷凍保存しておいてもいいです。今回はピーマンを冷凍保存の仕方と、用途別の解凍方法について詳しく見ていくことにします。さらに冷凍保存以外の保存方法やおいしいピーマンの見分け方についても併せて紹介します。






ピーマンの冷凍保存の基本


ピーマンは生でも冷凍保存できますが、ゆでたり炒めたりして加熱調理してから冷凍保存した方が長持ちします。生のピーマンだと含まれる酵素の働きで腐敗が進行してしまいます。この酵素は低温化だとその働きも弱まりますが、それでも徐々に腐敗は進みます。そこで加熱処理をすることであらかじめこの酵素を壊してやることで、冷凍保存時の腐敗に進行を遅らせることができます。結果冷凍保存の保存性が増します。さらに冷凍保存中の変色もしにくくなります。



カットしたピーマンの冷凍保存


冷凍保存の仕方

ピーマンは千切りなど用途に合わせてカットしてから生のまま、もしくはゆでたり炒めたりしてから熱を冷まし、冷凍用保存袋に入れて金属トレイの上にのせて、冷凍庫で冷凍保存します。冷凍保存で1カ月ほど保存できます。

ピーマンを茹でる

まずはカットしたピーマンを茹でます。1分ほど茹でたらざるに上げて熱を冷まします。冷ましたピーマンを冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。

ピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - カットして冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月



ピーマンの冷凍保存のコツ


冷凍保存前に水けをふき取る

ピーマンだけに限りませんが野菜を冷凍保存する際は水気が表面に残らないようキッチンペーパーなどでしっかりとふき取ることが大切です。こうすることで冷凍保存しても霜がつきにくくなります。霜がつくと解凍するときに味が落ちやすくなります。また食品同士もくっつきやすくなるので使う際にも不便です。

金属トレイに乗せる理由

冷凍保存するときのポイントは急速に冷凍させることです。その方が食品の傷みもすくなくなります。急速冷凍させたいなら熱伝導率の高い金属トレイが便利です。金属トレイの上にのせて冷凍保存することで、通常よりも素早く冷凍できます。

金属トレイの画像

保存袋の空気を抜く

同様に急速冷凍させたいなら保存空気をしっかり抜くことも大事です。空気は熱伝導率が低いので、その量が多いとその分冷凍させるのに時間がかかります。しっかりと空気を抜いて冷凍保存させましょう。

薄く平らにして保存する

食品の冷凍で大事なのはいかに早く冷凍するかですが、そのためにも保存する際は食材をなるべく薄く平らにして保存しましょう。こうすると素早く均一に冷凍することができます。また解凍時の時間も短縮することができます。

ジップロックの日付記入欄

ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。

ジップロック フリーザーバッグ
旭化成ホームプロダクツ

amazonで購入 楽天市場で購入


保存袋に日付を記入

冷凍用保存袋はいつ取り出しても、いつ保存したのかがわかるよう保存した日付と保存した中身についてを明記しておくようにしましょう。



カットしたピーマンの解凍方法


和え物に使うなら冷蔵庫で自然解凍

カットしてゆでたり炒めたりして冷凍保存したピーマンを、和え物などに使う場合は、前日に冷蔵庫に移して7〜8時間ほどかけて自然解凍させてから使います。

時間がないときは解凍

自然解凍をし忘れていて、時間がないときには電子レンジの解凍キーで解凍します。解凍キーがないときは強さを弱にして、様子を見ながら時間を調節して解凍します。

煮物や炒め物で使うなら直接入れる

煮物や炒め物、汁物など加熱調理で使う場合は、解凍の手間を省いて凍ったままそのまま加えてもかまいません。



ピーマンを作りおきにして冷凍保存


ピーマンをきんぴらにして冷凍保存

ピーマンは作りおきのおかずにして冷凍保存してもいいです。時間がないときにレンジをするだけで手軽に一品加えることができて便利です。冷蔵庫での保存なら4、5日、冷凍庫なら2週間は保存できます。まずはピーマンのきんぴらから紹介します。

ピーマンとパプリカのきんぴら

作り方はまずはピーマンとパプリカを半分に切って、種とワタを取って少し太めに千切りにします。フライパンにごま油を引いて強火で熱し、ピーマンとパプリカを加えてしんなりするまで炒めます。酒・しょうゆ、砂糖を加えてさっと炒め、塩で味を調えて完成です。

レシピ(4人分)
  • ピーマン … 5個(180g)
  • 赤パプリカ … 1/2個
  • ごま油 … 大さじ1
  • 調味料
    • 酒 … 小さじ2
    • しょうゆ … 小さじ2
    • 砂糖 … 小さじ1/2
    • 塩 … 少々

ピーマンのおかか煮で冷凍保存

次にピーマンのおかか煮を紹介します。作り方はまずはピーマンを半分に切って種とワタを取り除き、ほぞ切りにします。フライパンにごま油を引いて中火で熱し、ピーマンを加えてしんなりするまで炒めます。しょうゆ、みりん、砂糖を加えてさっと炒め、最後にかつお節を加えて混ぜ合わせて完成です。

ピーマンのおかか煮

レシピ(4人分)
  • ピーマン … 8個(320g)
  • かつお節 … 6g
  • ごま油 … 小さじ2
  • 調味料
    • みりん … 大さじ1
    • しょうゆ … 大さじ1
    • 砂糖 … 小さじ2

冷凍は冷凍用保存袋で

作りおきにしたピーマンは冷蔵庫で保存するなら密閉できる容器などでも構いません。しかしながら冷凍保存するなら容器ではなく冷凍用の保存袋の方がおすすめです。保存袋なら空気を抜きやすいので密閉しやすく、また作りおきにしたピーマンを平らにして入れれば、冷却効率も上がります。



作りおきにしたピーマンの解凍方法


作りおきにしたピーマンのおかずを解凍するときは自然解凍だと水っぽくなるので、電子レンジでの解凍の方がいいです。冷凍用の保存袋で加熱までしてしまうと袋が耐えられない可能性があるので、まずは解凍キーで解凍します。

さらに過熱して温めたい場合はいったん耐熱容器に移してから電子レンジで加熱するといいです。

電子レンジの解凍キー



冷凍庫の保存温度は何度?


そもそも冷凍庫の保存温度は何度でしょうか。冷蔵庫は0〜5度に設定されていますが、冷凍庫の場合はしっかりと冷凍させるためにマイナス18度に設定されています。製品によっては急速冷凍させるために30度に設定しているものもあるようです。



ピーマンの冷凍保存以外の保存方法


冷蔵庫の野菜室で保存

ピーマンはそのまま新聞紙かキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れ、軽く口をして冷蔵庫の野菜室でも保存できます。野菜室での保存なら2週間ほど持ちます。

ピーマンを新聞紙で包んでポリ袋に入れる

天日で乾燥させて保存

ピーマンはざるにのせて天日で2日ほど乾燥させ、保存袋に入れて冷蔵庫で保存もできます。こちらは1か月ほど保存できます。ピーマンの保存方法全般についてはピーマンの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。



おいしいピーマンの見分け方


ここまでピーマンの冷凍保存と解放方法の仕方について詳しく見てきましたが、おいしくて鮮度のいいピーマンの見分け方についても紹介します。ピーマンの鮮度はへたの部分に最初に現れるので、へたの切り口がみずみずしくて、へたの色も黒ずんでいないものを選びます。ピーマンの色は緑でつやとハリのあるのものがいいです。

このほかピーマンを手に持って弾力のあるもの、重みのあるものを選びます。カットしてみて断面が肉厚なものも良品です。詳しくはおいしいピーマンの見分け方・選び方で解説しています。

ピーマンのへたは緑色で切り口はみずみずしい





※参考書籍
もっとおいしくながーく安心食品の保存テク
節約&かんたん冷凍保存大事典
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ
作りおき野菜おかず357










公開日 2018/02/22











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved