HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > 里芋の冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方

里芋の冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方




里芋の画像


はじめに


里芋といえば煮物料理の定番で、出汁がしみ込みおいしくいただくことのできる野菜です。里芋は保存を間違えるとすぐに傷んでしまいます。基本は冷暗所での常温保存ですが、冷凍して長期保存することも可能です。今回は里芋を上手に冷凍保存する方法を紹介します。






里芋を生のまま冷凍保存


里芋を生のまま皮をむいて輪切りにして冷凍保存用の保存袋に入れて冷凍保存することも可能です。使う時はそのまま煮物料理の煮汁に加えるか、電子レンジの解凍キーで解凍して使うといいです。



保存性を増すなら茹でてから保存を


里芋はそのままでも保存できますが、茹でてから保存した方が保存性はまします。里芋だけに限らず野菜には様々な酵素が含まれます。この酵素の働きにより腐敗などが進みます。温度が下がると酵素の働きも低下するのですが、それでも長期間保存すれば徐々に腐敗は進んでいきます。

そこであらかじめ熱湯で加熱処理をしておくことで、酵素の壊し、その働きを抑えることができます。その結果野菜の腐敗の進行を遅らせることができます。冷凍保存するなら茹でてからの方が保存性は増すのです。



里芋をゆでてから冷凍保存


冷凍の手順

里芋はゆでてから冷凍してもいいです。皮をむいた里芋を3分ほど中火でゆでてから取り出し、流水でぬめりを取ってから水けをきって、冷凍用保存袋に入れて保存します。冷凍保存で1ヵ月は保存できます。

茹でた里芋の冷凍用保存袋に入れて冷凍保存

ゆでると皮をむきやすい

里芋の皮はそのままではむきにくいものです。包丁などで皮をむいていきます。しかしながら里芋の栄養分は皮に近い部分により多くあります。里芋は加熱することで手でも皮が簡単に向けるようになります。茹でてから手で皮をむいて保存した方が皮に近い部分の里芋まで包丁で切り取りすぎることもなく、栄養分を無駄なく利用することができます。皮は熱いうちに向いた方が向きやすいので、そのままだと熱い場合はキッチンタオルなどを使ってむくといいでしょう。

ただし冷凍保存する場合は皮をむいてからの方がいいです。里芋をゆでてから皮をむく場合は7〜8分ほど茹でないと手でもなかなか皮は向けません。ゆで時間がかかるので中まで火が通ってしまいます。冷凍保存では煮物などにいれて使いますが、固ゆででなく中まで火が通ると荷崩れしやすくなります。冷凍保存ならゆでる時間は3分ほどでいいいので、その場合は先に皮をむいてからゆでます。

使う用途にカットしてから保存

里芋はそのまま煮込み料理に加えたり、輪切りにしたりいちょう切りにしたりして料理に使うこともあります。あらかじめ輪切りやいちょう切りにしておけばそうした料理で使う際にそのまま加えるだけで済むので手間も省けて便利です。ゆでた里芋を輪切りにやいちょう切りにカットして平らにして冷凍用保存袋に入れて冷凍保存します。

茹でた里芋をカットして冷凍保存



冷凍保存する際のポイント


冷凍保存するときは水けをしっかりとふき取る

里芋を茹でて冷凍保存する際には水けをきり、キッチンペーパーなどで水けをふき取ってから冷凍保存します。こうすると霜がつきにくいです。霜がつくと解凍時に味が落ちやすくなります。また食品同士もくっつきやすくなるので、使う時に不便です。

冷凍保存するときは金属トレイにのせて

野菜は冷凍にかける時間が短ければ短いほど鮮度の落ちも少なくて済みます。冷凍したものもおいしさを維持したいならいかに早く冷凍させるかが大事です。そこで金属トレイの登場です。金属トレイは熱伝導率が高く、里芋に素早く冷気を伝えて冷凍を早めてくれます。冷凍用保存袋に入れた里芋を金属トレイの上にのせて冷凍保存するといいです。

しっかりと冷凍し終わったなら金属トレイを取り出して里芋だけを冷凍保存します。

ジップロックの日付記入欄

ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。

ジップロック フリーザーバッグ
旭化成ホームプロダクツ

amazonで購入 楽天市場で購入


空気はしっかりと抜く

冷凍用保存袋に入れて保存する場合は空気をしっかりと抜いて保存しましょう。雑菌は空気に触れることで繁殖するので、そのままだと食材の傷みも早くなります。

薄く平らにして保存する

食品の冷凍で大事なのはいかに早く冷凍するかですが、そのためにも保存する際は食材をなるべく薄く平らにして保存しましょう。こうすると素早く均一に冷凍することができます。また解凍時の時間も短縮することができます。

保存袋に日付を記入

冷凍保存でよくあるのがいつ保存したのかを忘れてしまうことです。1カ月保存できると油断して放置してしまって実際いつ頃保存したのかわからなくなってしまうというのもありがちです。冷凍用保存袋に保存した日付を記入するか、シールに日付を記入して張っておくといいでしょう。

冷凍用保存袋に日付を記入



里芋の解凍の仕方


冷凍した里芋はそのまま煮込み料理などに加えるのが最も手軽です。それ以外で解凍したいなら電子レンジの解凍キーで解凍するといいでしょう。台所など風通しのいい場所に置いておいて自然解凍してもいいです。夏場は冷蔵庫に半日ほど入れておいて解凍するといいでしょう。



里芋を作りおきのおかずにして冷凍保存


里芋の煮っころがし

里芋の煮っころがし

里芋は作りおきおかずにして冷凍保存もできます。冷凍保存しておけば解凍だけで手軽に料理に一品を加えることができます。まずは里芋料理の定番の里芋の煮っころがしを紹介します。

作り方は里芋の皮をむいて一口サイズに切り、鍋に里芋がかぶるくらいの水を入れて沸騰させ里芋を加えて中火で3分ほど茹でます。里芋を取り出して流水でぬめりを取り、再びからの鍋に入れ、調味料を加えて一煮立ちさせた後、弱火にして落し蓋をして15分ほど煮込んで完成です。

レシピ(4人分)
  • 里芋 … 600g
  • 調味料
    • だし汁 … 1カップ
    • 砂糖 … 大さじ1と1/2
    • しょうゆ … 小さじ1
    • 塩 … 小さじ1/3

里芋のともあえ

里芋のともあえ

里芋のともあえにして冷凍保存してもいいです。作り方は里芋の皮をむいて一口サイズに切り、塩(小さじ1/4 分量外)をかけてぬめりを出して流水でぬめりを洗い流します。鍋に里芋がかぶるくらいの水を入れ、沸騰させてから里芋を加え10分ほど茹でて里芋が柔らかくなったら取り出します。柔らかさは竹串がすっと入るとちょうどいいです。

ボウルに里芋1/3を加えてフォークで砕きながら調味料と混ぜ合わせ、さらに残りの里芋も加えて砕きながらよく混ぜ合わせれば完成です。

レシピ(4人分)
  • 里芋 … 600g
  • 調味料
    • みそ … 大さじ1
    • マヨネーズ … 小さじ2
    • 塩 … 小さじ1/3

作りおきの冷凍保存の方法

作りおきのおかずは容器ではなく冷凍用保存袋に入れて平らにして、冷凍保存します。使う時はレンジの解凍キーを使います。さらに温めたい場合は電子レンジで使える別の容器に入れて温めなおすといいです。

電子レンジの解凍キー



冷凍庫の保存温度は何度?


そもそも冷凍庫の保存温度はどのくらいなのでしょうか。冷蔵庫の保存温度は0度〜5度です。これに対して冷凍庫の保存温度はマイナス18度に設定されています。食材をしっかりと冷凍させるために0度近辺ではなくこの温度に設定されているわけです。なお製品によっては急速冷凍させるためにマイナス30度に設定しているものもあります。



里芋の冷凍保存以外の保存方法


冷暗所で常温保存

里芋は通常は冷暗所で新聞紙を引いたダンボールに重ならないように入れ、上から新聞紙をかけて保存します。1か月ほど保存ができます。冷暗所とは14度以下の環境で直射日光が当たらず、湿気の少ない場所です。夏場などで冷暗所がないなら冷蔵庫の野菜室に新聞紙に包んで保存してもいいです。冷蔵庫だと1週間ほど保存できます。

里芋を新聞紙で挟んで保存

干して保存

里芋は干して乾燥させて保存することもできます。まずは皮をむいて輪切りにした里芋を水にさらしてから、しっかりと水けをふきとります。後はざるに並べて3日ほど天日に干した後保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。1か月ほど保存できます。使う時はみそ汁に入れたり煮物に直接入れるといいです。里芋の保存方法全般については里芋の保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

輪切りにした里芋をざるの並べて干す



おいしい里芋の見分け方


里芋も冷凍保存することで長期保存が可能ですが、そもそも購入段階で鮮度のいい里芋をしっかりと選ぶことも、冷凍保存するうえでは重要です。そこで鮮度に良い里芋の見分け方を紹介します。里芋はまずは土付きのものを購入しましょう。

そしてしま模様がはっきりとしていて、持ってみて身がしっかりとしまっているもの、お尻の部分(切り口のある方)がふかふかしていないものを選びます。また表面にひび割れがなく適度にしっとりしているものを選びます。

しま模様がはっきりとしている里芋





※参考書籍
節約&かんたん冷凍保存大事典
間違いだらけの食材保存&調理術
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
栽培技術・利用方法がわかる野菜・山菜ハンドブック
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ










最終更新日 2017/03/02
公開日 2017/01/10











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved