HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食材の保存方法 > さつまいもの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

さつまいもの保存方法と保存期間、長持ちのコツ



さつまいもの画像


さつまいもの保存方法


さつまいもといえば比較的長期で保存ができる食材ですが、上手に保存しないと味や鮮度の落ちも早くなります。そこでここではさつまいもを上手に保存する方法を、常温、冷蔵、冷凍ごとに詳しく見ていきます。さらにさつまいもをデザートにして保存する方法や冷凍保存したさつまいもを使ったレシピも紹介します。






さつまいもの保存の基本


さつまいもは寒さに弱い

さつまいもは寒さに弱いので、0度〜5度の環境である冷蔵庫の冷蔵室での保存は避けましょう。冷蔵庫の野菜室の温度は5度〜10度なので、保存するなら野菜室か冷暗所での保存が適しています。冷暗所とは14度以下で直射日光が当たらず、風通しのいい場所のことです。



さつまいもを常温で保存


常温保存が可能

ジャガイモは10℃〜13℃の常温下での保存が最適な保存温度です。保存は新聞紙などに包んで、ダンボール箱や麻袋、紙袋などにいれて立てて保存しましょう。常温での保存は1ヵ月は可能です。保存は風通しがよく湿気がこもりにくく、直射日光に当たらない場所が適しています。

夏場は外気の気温は高めなのでこの場合は冷蔵庫の野菜室で保存します。

さつまいもを新聞紙で包んで紙袋に入れて保存

  • 使う道具 - 紙袋、麻袋、新聞紙
  • 保存方法 - 新聞紙で包んで、紙袋か麻袋にいれて冷暗所で保存
  • 保存期間 - 1ヶ月


夏は冷蔵庫の野菜室で保存

夏場は外気も高くなりますが、さつまいもは20度を超えると発芽が進んでしまいます。そのため常温での保存には適していないので、夏場は冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。


さつまいもの最適保存温度、最適湿度は?

さつまいもは最適保存温度は10〜13度当たりといわれています。保存するならちょうど5〜10度の室温が保たれている冷蔵庫の野菜室か、14度以下の冷暗所での常温保存が適しています。

ちなみにさつまいもの最適湿度は85〜90%です。湿度維持が大切なので保存する場合は乾燥しないように注意が必要です。さつまいも以外の野菜の最適保存温度、湿度については野菜の最適保存温度と最適保存湿度についてで解説しています。



さつまいもを冷蔵庫で保存

新聞紙に包んでポリ袋に入れて冷蔵庫で保存

さつまいもは冷蔵庫の野菜室でも保存できます。保存する場合は乾燥しないように新聞紙で包み、ポリ袋に入れて口を軽くしめてから立てて保存するといいです。冷蔵庫の野菜室で保存すれば2か月ほど保存できます。

さつまいもを新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存

  • 使う道具 - 新聞紙、ポリ袋
  • 保存方法 - さつまいもを新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存
  • 保存期間 - 2ヵ月


ポリ袋の口は軽くしめる

ポリ袋に入れることでより乾燥を防げますが、密閉してしまうと今度は逆にむれてしまうので、口はしっかりとしめないで軽く締めるようにしましょう。ちょうど下の画像の様なしめ具合です。

保存用のポリ袋の口のしめ方



カットしたさつまいもの保存


カットして余ったさつまいも

一度で使い切れずに余ったさつまいもは、切り口から乾燥してくるので、ぴっちりとラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。早めに使い切るようにしましょう。

カットしたさつまいもをラップで包んで保存



さつまいもを冷凍庫で保存

蒸してからカットして冷凍保存

さつまいもは冷凍保存すると長期間保存することも可能です。まずは蒸し器で蒸し焼きにします。他にも電子レンジやゆでて加熱してもいいですが、甘みが最もひきたつのは蒸し焼きなので先に蒸し焼きの仕方を紹介します。さつまいもを洗って蒸し器の中にいれて加熱します。

蒸し器の上にさつまいもをのせる

湯気が出て来たら付近をかぶせたふたをして、15分から30分ほど過熱します。加熱時間は250gほどのさつまいもなら25分ほどです。竹串を指してみて中まですっと入ればちょうどいいです。

ふたをしてさつまいもを蒸す

あとは用途に合わせてカットして、熱を冷ましてから冷凍用保存袋に入れ、金属トレイの上にのせて冷凍保存です。これで1ヵ月は保存ができます。

蒸したさつまいもを保存袋に入れて冷凍保存

  • 使う道具 - 蒸し器、冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - さつまいもを蒸してからカットし、冷凍用保存袋に入れ、金属トレイの上にのせて冷凍保存
  • 保存期間 - 1ヵ月


焼きいもにして保存

さつまいもは焼きいもにして冷凍保存してもいいです。この場合1か月ほど保存ができます。焼きいもはオーブンで焼いても蒸し器で蒸してもいいですが、電子レンジでも手軽に作れます。

まずはさつまいもを洗って、水がついたままキッチンペーパーで包みます。さらに上からラップをしてレンジで最初は500Wか600Wで1分半、次に解凍キーもしくは弱(200W)で10分加熱します。

さつまいもをキッチンペーパーとラップで包む

低温でじっくり加熱することで、酵素の働きが活性化され、甘みが引き出され、電子レンジでも甘くておいしい焼きいもを作ることができます。後は焼き芋が冷めるまで待ち、ラップで包んで冷凍庫で保存します。これで1ヵ月は持ちます。

電子レンジで温めたさつまいも

  • 使う道具 - ラップ
  • 保存方法 - 焼きいもにしてラップで包んで冷凍保存
  • 保存期間 - 1ヵ月


さつまいもをマッシュして冷凍保存

さつまいもはマッシュしてから冷凍保存してもいいです。まずはさつまいもの皮をむき輪切りにして、水に3分ほどつけてあく抜きします。次に鍋に水をはりさつまいもを入れて中火で沸騰させてから、弱火にして15分から20分ほどゆでます。竹串を指してすっと入るぐらいが目安です。

さつまいもを茹でる

柔らかくなったら水を捨ててからさっと火にかけてさつまいもの表面の水分を飛ばします。そのあとさつまいもをボールに移し、まだ熱い状態でマッシュしていきます。

マッシュしたさつまいも

後はマッシュしたさつまいもが冷めるのを待ち、冷凍用保存袋に入れて1回に使う分ごとに指で溝を作ってから、金属トレイの上に乗せ、冷凍庫で保存で1ヵ月は保存ができます。

マッシュしたさつまいもを保存袋に入れて冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - 茹でてからマッシュし、冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月



さつまいもの冷凍保存のコツ


加熱処理して保存

さつまいもはそのまま保存するよりも加熱処理してから保存した方が味や鮮度の持ちはよくなります。これは酵素の働きが関係しています。酵素は低温下ではその働きも弱まりますが、それでも徐々に食品の味や鮮度は落ちていきます。これをあらかじめ加熱処理しておくことで、酵素の働きを抑え、味や鮮度の落ちを少なくすることができます。


保存袋には保存した日を書く

冷凍保存だと長期保存ができるため、ついつい使いそびれてしまいがちです。後になっていつ保存したのかわからなくなるなんてこともよくあります。そこで保存の際には保存日と保存した中身を記入しておくようにします。こうしておけば後になっても何時でも保存日を確認することができます。

ジップロックの日付記入欄

ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。

ジップロック フリーザーバッグ
旭化成ホームプロダクツ

amazonで購入 楽天市場で購入


冷凍保存は金属トレイにのせて

さつまいもを冷凍保存する場合は急速冷凍させると鮮度の落ちも抑えることができます。そこで熱伝導率の高い金属トレイの上にのせて冷凍することで、通常よりも早くさつまいもを冷凍することができます。

金属トレイの画像


薄く平らにして保存する

さつまいもを保存袋に入れる際はなるべく平らになるように入れましょう。こうすると表面積が増えて冷却にかかる時間も短縮できます。また全体に均一に冷やされます。さらに解凍時の時間の短縮にもつながります。


保存袋の空気はしっかり抜く

さつまいもを冷凍保存する場合は保存袋の中の空気はしっかりと抜きましょう。空気は熱伝導率が低いので、空気がたくさん残っているとその分冷却にかかる時間も長くなります。さつまいもの冷凍保存についてはさつまいもの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介でも詳しく解説しています。



さつまいもの解凍方法

冷凍した蒸したさつまいもの解凍方法

蒸してからカットしたさつまいもを冷凍すると以下の画像のようにカチカチに凍ります。

冷凍した蒸したさつまいも

このままでもシャリシャリとした食感で食べれないことはありませんが、解凍した方がしっとりとしておいしいです。解凍するなら前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。解凍は常温よりも低温下で行った方が水分の流出も少なく、味や食感が落ちるのも抑えることができます。以下の画像は冷蔵庫で自然解凍した蒸したさつまいもです。

解凍した蒸したさつまいも

蒸したさつまいもはそのまま食べてもいいし、サラダや炒め物に使ってもいいです。


冷凍した焼き芋の解凍方法

冷凍した焼きいもは前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。こうすると翌日にはちょうどいい冷たさの冷えた焼きいもを、スプーンでアイスのようにして食べることができます。味わいも焼きいもとはまた違った感じでおいしいです。

冷蔵庫で自然解凍した焼きいも

電子レンジで温めてもいいです。この場合は自然解凍せずに直接電子レンジで温めなおしてもいいです。元の焼きいものような味わいを楽しめます。


マッシュしたさつまいもの解凍方法

マッシュしたさつまいもは冷凍すると以下の画像のようにカチカチに凍ります。

冷凍したマッシュしたさつまいも

食べる際は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。時間がない時はレンジで生解凍してもいいですが、加熱しすぎないよう注意しながら解凍しましょう。解凍してから温めなおせば再びほくほくした食感になります。

解凍したマッシュしたさつまいも

解凍したマッシュしたさつまいもはスイートポテトやさつまいものお焼き、ポテトサラダやコロッケ、ポータージュなどにしていただくといいでしょう。



冷凍保存したさつまいもを使ったレシピ

蒸しさつまいもと鶏肉の塩炒め

冷凍したさつまいもを使ったレシピをいくつか紹介していきます。まずは蒸し焼きにしてから冷凍したさつまいもを使ったレシピです。今回紹介するのは蒸しさつまいもと鶏肉の塩炒めです。使用する材料は以下の通りです。さつまいもは自然解凍したものでも冷凍のままでもどちらでも構いません。

蒸したさつまいもと鶏肉の塩炒め

レシピ(4人前)
  • さつまいも … 300g
  • 鶏もも肉 … 250g
  • 塩・こしょう … 少々
  • ごま油 … 大さじ1
  • 調味料A
    • アンチョビペースト … 大さじ1/2
    • 塩、こしょう … 少々
    • 酒 … 大さじ1
  • 万能ねぎ … 適量

まずは鶏もも肉を一口大に切って塩・こしょうをふっておきます。万能ねぎは小口切りにしておきます。次にフライパンにごま油を引いて中火にかけ、鶏もも肉を色が変わってくるまで炒めます。

さらにさつまいもも加えてザックリと炒めたら、調味料Aを入れてさっと混ぜて馴染ませてからふたをし、弱めの中火で4分ほど蒸し焼きにします。

さつまいもも加えて炒める

最後に強火にしてさっと炒めたら器に盛り、万能ねぎをふりかけて完成です。アンチョビペーストがなければナンプラーか、しょうゆ大さじ1/2にレモン小さじ1/2でもいいです。


スイートポテト

解凍したマッシュしたさつまいもを使ったレシピを一つ紹介します。今回紹介するのはスイートポテトです。使う材料は以下の通りです。

スイートポテト

レシピ
  • さつまいも … 400g
  • 砂糖 … 40g
  • バター … 20g
  • 塩 … 少々
  • 牛乳 … 60ml
  • 卵黄 … 1個分

作り方はまずは解凍したマッシュポテトをボールに入れ、砂糖、塩、バターも加えてよく混ぜます。さらに牛乳も少しずつ垂らし入れながらよく混ぜ合わせます。

さつまいもに牛乳を加えてよく混ぜる

これをアルミカップに入るように成形してからアルミカップに入れます。

成形して卵黄を塗る

あとはオーブンで1100Wで15分ほど過熱したら出来上がりです。加熱時間は外から焦げ合いを見て調節してください。

温かいまま食べてもいいし、冷めてから冷蔵庫で冷やして食べても甘さが増しておいしいです。



さつまいもをデザートにして冷凍保存


さつまいもの甘露煮にして冷凍保存

さつまいもをデザートを作って冷凍保存しておけば、解凍するだけでおいしいさつまいものデザートがいつでも食べられます。今回はいくつかさつまいものデザートレシピと冷凍保存の方法を紹介していきます。まずはさつまいもの甘露煮ですです。使う材料は以下の通りです。保存は冷蔵庫なら3〜4日、冷凍庫なら1ヵ月ほど可能です。

さつまいもの甘露煮

レシピ
  • さつまいも … 250g
  • みりん … 大さじ2と1/2
  • 砂糖 … 40g
  • しょうゆ … 小さじ1と1/2
  • 水 … 適量

まずはさつまいもを輪切りにして、3分ほど水に浸けてあくを抜きます。

次に鍋にさつまいもとみりん、砂糖、ひたひたの水を入れて一煮立ちさせます。

さつまいもに調味料を加えて煮込む

さらにしょうゆを加えて落し蓋をし、水気がなくなってくるまで煮込んだら完成です。

保存はさつまいもの甘露煮の粗熱が取れたら、冷凍用保存袋に入れ、金属トレイの上にのせて冷凍庫で保存します。これで1ヵ月は持ちます。冷蔵庫なら3〜4日ほど保存できます。


大学いもにして冷凍保存

次に大学いもの作り方を紹介します。使う材料は以下の通りです。

大学いも

レシピ
  • さつまいも … 300g
  • 黒ごま … 適量
  • 揚げ油 … 適量
  • 調味料A
    • 黒砂糖(粉末) … 100g
    • 砂糖 … 50g
    • 水 … 1カップ
    • 水あめ … 大さじ1
    • 濃口しょうゆ … 小さじ2

作り方はまずはさつまいもを洗って一口サイズに乱切りし、水に3分ほどつけてあく抜きします。

さつまいもを水に浸けてあく抜きする

さつまいもの水気をキッチンペーパーなどでふき取り、120度に熱した油できつね色になるまでゆっくりと揚げます。あがったら網をひいたバットにのせて油を切ります。

さつまいもを油で揚げる

鍋に黒砂糖と砂糖、水を入れて中火にかけ、ぷつぷつしてきたら水あめを加えて、さらにしょうゆで風味をつけます。木べらですーと流れる濃度になったら弱火にします。

さつまいもを蜜にからめる

揚げておいたさつまいもを加えて手早く絡め、4〜5分ほど煮込んだらバットに移して上からごまを振りかけ、うちわなどで一気に冷まして完成です。

さつまいもをバットにあげてゴマを振る

出来上がった大学いもがさめたら、冷凍用保存袋に入れて、金属トレイの上にのせて冷凍保存します。これで1ヵ月は保存ができます。冷蔵庫なら3〜4日ほど保存できます。


冷凍したさつまいものデザートの解凍方法

冷凍したさつまいものデザートは冷凍のままでもシャリシャリとしてアイスのようでおいしいですが、自然解凍した方がしっとりとしておいしいです。前日の夜に冷蔵庫に移して自然解凍しておくといいです。冷蔵庫なので適度に冷えてなおかつしっとりとした食感になります。

冷凍したさつまいものデザートは、レンジで温めてから食べてもおいしいです。



保存方法別の保存期間の目安

さつまいもは冷暗所での保存なら1ヵ月は、冷蔵庫の野菜室なら2ヵ月は保存ができます。蒸したりゆでたり、レンジで加熱してから冷まして冷凍庫で保存すれば1か月ほど保存ができます。

保存方法保存期間
冷暗所で保存1ヵ月
冷蔵庫の野菜室で保存2ヵ月
冷凍庫で保存1ヵ月





さつまいもが傷んで腐ってくるとどうなる?

上手に保存すれば長期保存もさつまいもですが、傷んで腐ってくるとどうなるのでしょうか。さつまいもは傷んでくると水分が抜け表面がしわしわになり、触るとぐにょっとします。また触るとべとべとして、酸味や異臭を放つようになります。白カビや青カビなども発生することもあります。こうした変化が見られたらすでに傷んでいるので、処分しましょう。

断面に黒い斑点が見られることもありますが、これは低温障害によるものです。食べられないことはありませんが、味は落ちるのでその部分はカットして使うといいです。



さつまいもの見分け方・選び方


さつまいもを少しでも長く日持ちさせたいならまずは購入段階でしっかりといいものを選ぶことも大切です。さつまいもは色が鮮やかで色ムラのないもの、黒い斑点や傷のないものを選びましょう。見た目はふっくらとしていてひげ根の毛穴も浅く、凹凸が少なくてなめらかなものもいいです。

また手に取ってみてズシリと重みを感じるものも良品です。さつまいもの詳しい見分け方についてはさつまいもの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!で解説しています。

さつまいもの見た目がふっくらとしている



保存方法まとめ

今回はさつまいもの保存方法について詳しく見ていきました。冷暗所なら1ヵ月、冷蔵庫の野菜室なら2ヵ月は保存ができます。乾燥しないように新聞紙等で包んでからたてて保存しましょう。

冷凍保存する場合は蒸したり、ゆでてからマッシュしたり、レンジで加熱してから丸ごと保存したりなどさまざまな方法があります。どれも冷凍保存で1か月ほど保存ができます。スイートポテトやさつまいもの甘露煮などにして冷凍しておいてもいいです。

冷蔵庫で自然解凍してひんやりとしたデザートとして楽しんでもいいし、レンジで温めなおしてもいいです。どちらもおいしくいただけます。是非参考にしてみてください。




※参考書籍
一流料理長の和食宝典
なるほどなっとく!おいしい料理には科学がある大事典
もっとおいしくながーく安心 食品の保存
野菜の保存&使いきりレシピ
材料の下ごしらえ百科
基本の洋食
基本の家庭料理 洋食篇
節約&かんたん冷凍保存大事典



公開日 2019/04/06



その他の根菜野菜の保存方法


ごぼうの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ごぼうの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
里いもの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
里いもの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
じゃがいもの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
じゃがいもの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
しょうがの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
しょうがの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
大根の保存方法、長持ちのコツ
大根の保存方法、長持ちのコツ
たまねぎの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
たまねぎの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
にんじんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
にんじんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
れんこんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ れんこんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ


その他の食品群の保存方法





















食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved