生活知恵袋
HOME > 間違った野菜の保存方法 > 春菊が枯れて黄色や茶色に変色!間違った保存方法でこんなことに!

春菊が枯れて黄色や茶色に変色!間違った保存方法でこんなことに!


葉の溶けた春菊

はじめに

春菊も保存の仕方が悪いと葉が黄色や黒に変色してきて枯れてくることがあります。今回は黄色や茶色に変色させて枯れさせてしまった春菊の保存の失敗談と、正しい春菊の保存方法を紹介します。

春菊の保存失敗談

ポリ袋に入れ、常温で保存

春菊は冷蔵庫など、ある程度気温の低い環境での保存が大事です。気温の高い常温で保存すると傷みが早くなります。今回は春菊を保存する際、まずはポリ袋に入れ軽く口をしめ、あえて常温で保存することにしました。

春菊をポリ袋に入れて常温で保存

まずは初日の状態です。葉も濃い緑色でみずみずしい状態です。

ポリ袋に入れて常温保存する春菊1日目

26.0gです。

ポリ袋に入れて常温保存する春菊1日目の重さは26.0gです。

この日の気温は20度で、湿度は66%です。

春菊を常温保存する1日目の気温と湿度

保存して3日目

こちらは3日後の状態です。購入段階でもやや葉先が黄色っぽくなっている部分がありましたが、さらにそれが黒っぽく変色してきています。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊3日目

並べてみるとこんな感じです。左が初日の春菊で、右が3日目の春菊です。右側の一部で葉先が黒くなっている部分があります。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊1日目と3日目

重さは25.3gで、初日の26.0gからは2.7%減少しています。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊3日目の重さは25.3gです。

ちなみにこの日の気温は21度で、湿度は66%でした。

春菊を常温保存した3日目の気温と湿度

保存して5日目

こちらは5日後の状態です。黒っぽく変色している範囲が少し広がってきています。ただ全体的にはまだ緑色です。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊5日目

並べてみるとこんな感じです。左が初日の春菊で、真ん中が3日目の春菊、右が5日目の春菊です。葉先の広がり具合がよくわかるかと思います。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊1日目と3日目と5日目

重さは24.5gで、初日の26.0gからは5.8%減少しています。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊5日目の重さは24.5gです。

ちなみにこの日の気温は21度で、湿度は66%でした。

春菊を常温保存した5日目の気温と湿度

保存して1週間目

こちらは1週間目の状態です。1週間目になると黄色や黒に変色している範囲がだいぶ広がってきました。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊1週間目

並べてみるとこんな感じです。左上が初日の春菊で、右上が3日目の春菊、左下がが5日目で右下が1週間目の春菊です。初日と比べるとかなり変色が進んでいるのがわかるかと思います。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊1日目と3日目と5日目と1週間目

重さは23.4gで、初日の26.0gからは10%減少しています。

ポリ袋に入れて常温保存した春菊1週間目の重さは23.4gです。

ちなみにこの日の気温は22度で、湿度は67%でした。

春菊を常温保存した1週間目の気温と湿度

黄色や黒色に変色した春菊は食べられるの?

黄色や黒に変色した春菊も、味は落ちますが、茹でて食べる分には問題なく食べられました。気になるなら変色した部分だけカットして食べるといいです。変色だけでなくぬめりや異臭などがする場合は食べない方がいいです。

常温で保存して枯れた春菊

正しい春菊の保存法は?

ポリ袋に入れて野菜室で保存

ポリ袋に入れても常温だと変色が進んでしまったので、今度は冷蔵庫の野菜室で保存してみることにします。

春菊をポリ袋に入れて野菜室で保存

まずは初日の状態です。

ポリ袋に入れて野菜室で保存する春菊1日目

保存して1週間目

保存して1週間目になると、葉先が黄色や黒色に変色している個所が一部で見られます。常温で保存したときのように広範囲に広がっているわけではありません。野菜室で保存した方が変色を抑えることができるようです。

ポリ袋に入れて野菜室で保存した春菊1週間目

並べてみるとこんな感じです。左は初日のポリ袋に入れて野菜室で保存した春菊で、右はその1週間目です。

ポリ袋に入れて野菜室で保存した春菊の1日目と1週間目の違い

重さは27.8gで、初日の29.4gからは5.5%減少しています。

ポリ袋に入れて野菜室で保存した春菊1週間目の重さは27.8gです。

何もせずに野菜室で保存したものと比較

こちらはポリ袋には入れず、そのままの状態で冷蔵庫の野菜室で保存する春菊です。まずは初日の状態です。

そのまま野菜室で保存する春菊1日目

これが3日経つとここまでしなびれてしまいました。

そのまま野菜室で保存した春菊3日目

最初の状態と並べるとこんな感じです。左は初日の春菊で、右は3日目の春菊です。最初の状態と比べるとかなり乾燥しているのがわかるかと思います。

そのまま野菜室で保存した春菊の1日目と3日目の違い

重さは11.6gで、初日の22.6gからは48.7%も減少しています。

そのまま野菜室で保存した春菊3日目の重さは11.6gです。

このように何もしない場合だと乾燥がだいぶ進んでしまいます。一方でポリ袋に入れて保存すれば、1週間たってもみずみずしい状態を維持することができます。なので保存するならこちらのポリ袋に入れて保存する方法をおすすめします。

ちなみに今回の失敗談についてはこちらの動画でも取り上げているので、よかったら合わせて参考にしてみてください。

また春菊の保存方法全般については春菊の保存方法が本当に効果があるのかを検証してみたら驚きの結果に!でも詳しく解説しています。

まとめ

今回は春菊の保存方法に失敗して広い範囲で黄色や黒色に変色してしまった失敗談について取り上げました。春菊はポリ袋に入れれば乾燥を抑えることができますが、それでも気温が高いと葉の変色が進んでしまいます。

なので保存するならポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存することをおすすめします。

公開日 2021/12/31

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜のやっちゃダメな保存法


アスパラガスに白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
アスパラガスに白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
里芋に白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
里芋に白カビが!まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
ブロッコリーが黄色に?実際に食べてみたら味や触感が全然違う
ブロッコリーが黄色に?実際に食べてみたら味や触感が全然違う
ほうれん草が溶けて異臭が!間違った保存法でこんなことに! ほうれん草が溶けて異臭が!間違った保存法でこんなことに!
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved