HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > しょうがの見分け方・選び方

しょうがの見分け方・選び方




しょうがの画像


はじめに


しょうがは独特の香りと辛みが特徴で、そのままでも食べられるほか、料理の薬味や香り付け、臭み消しなど幅広い用途で使われます。こんかいはおいしいしょうがの見分け方、選び方を詳しく見ていくことにします。まずはしょうがの旬について見ていき、しょうがの種類やしょうがを目で見て見分ける方法、手に取って見分ける方法を紹介します。

さらにしょうがが傷んで腐ってくるとどうなるのかやしょうがの保存方法、しょうがに含まれる栄養素についても取り上げます。







しょうがを旬で選ぶ


しょうがの旬

しょうがには収穫して6〜11月ごろに出荷される新しょうがと新しょうがを保存して翌年出荷されるひねしょうががあります。ひねしょうがは通年で回っています。新しょうがは旬は6月〜8月ごろです。

新しょうがの根茎がまだ小指サイズの時に葉付きで出荷される葉しょうがは4〜8月ごろで回ります。



しょうがを種類で選ぶ


根しょうがと葉しょうががある

しょうがはアジア南部が原産で、多年生の宿根草になります。宿根草とは生育に適さない時期には地上部が枯れ、生育期になると再び発芽するものを言います。しょうがは大きく根ショウガと葉しょうがにわけることができます。

根しょうがの新しょうがとひねしょうが

根しょうがは6月から11月ごろ収穫され、市場に出荷されます。これを新しょうがといいます。新しょうがは茎の付け根が鮮やかな紅色をしてます。新しょうがは甘酢漬けやスライスして食べられます。

新しょうがを貯蔵しておいて翌年出荷するものをひねしょうがといいます。辛みが強いのが特徴で、おろしたり、きざんだり、なべ物、寿司、てんぷら、魚料理のたれや薬味、素材の臭み消しなどに利用されます。新しょうがとひねしょうがの違いについては新しょうがとひねしょうがの違いでも詳しく解説しています。

ひねしょうがと新しょうが

葉しょうがの種類

葉しょうがは新しょうがの根茎が小指大程度に育った時に、葉をつけたまま出荷されるものです。谷中しょうがやつばめしょうがなどがあります。刺身のつまや味噌をつけて食べたり、甘酢漬けにして食べます。葉しょうがのうち若いものが筆しょうがになります。

種類見た目料理での用途
新しょうが茎の付け根が鮮やかな紅色をしている甘酢漬けやスライスして生食
ひねしょうが全体が黄金色をしているすりおろしてたれや薬味、素材の臭い消しに
葉しょうが根茎が小指大で葉付きで売られる刺身のつまや味噌を付けたり甘酢漬けに、揚げ物にも



見た目で見分けるしょうがの選び方


しわや傷のないもの

皮にしわや傷のない物を選びましょう。

はりつやのいいもの

根しょうがは肉厚ではりつやのいいものを選びましょう。

色が黄金色で均一なもの

根しょうがは黄金色で見た目に色が均一なものをえらびます。

ひねしょうがは黄金色ではりつやがいい

しま模様が等間隔なもの

しま模様が等間隔なものほど良品です。

しょうがはしま模様が等間隔なものを

形がいびつでも問題ない

しょうがは大きな根茎を切り分けて販売しています。そのため形がいびつであっても味に特に問題はありません。



断面でで見分けるしょうがの選び方


切り口がみずみずしいものを

根しょうがは切り口がみずみずしいものを選びましょう。乾燥していたりカビなどが生えているものは避けましょう。乾燥している場合でも切り口を薄く切ればまだ使えます。

しょうがの断面がみずみずしい

切り口が黄色い

切り口の断面が黄色いものはさわやかな香りと辛みがさらに強いです。



手に取って見分けるしょうがの選び方


手に取ってみてしっかりとした固いものを選びます。



新しょうがの選び方・見分け方


新しょうがもひねしょうがも基本的には見分け方は同じですが、新しょうがの場合は全体的に白い部分が多く、茎の付け根部分が鮮やかな赤い色をしているものほど良品です。

新しょうがは葉先の赤が鮮やかなものを



葉しょうがの選び方・見分け方


緑、紅、白とそれぞれ色がくっきりしてる

葉しょうがは葉の緑と茎の紅色と根の白とそれぞれのいろがくっくりしているものを選びましょう。

はりつやがいいもの

葉しょうがははりつやのいいものを選びましょう

肥大した物は避ける

葉しょうがで根が大きく肥大した物は辛味が強い場合があるので避けたほうが無難です。





傷んで腐ったしょうがの見分け方


しょうがも傷んでくるとしわしわになってきます。さらに傷みが進むと茶色や黒に変色してきます。変色が一部であればその部分をカットしてまだ使えます。白い綿のようなカビが生えたり、異臭やぬめり、汁などが出て来たらもう食べられないので処分しましょう。



しょうがの保存方法


おいしいしょうがを選んできても、ちゃんと保存せずに腐らせてしまっては元も子もありません。そこでしょうがの保存方法についても解説します。しょうがは新聞紙で包んで冷暗所での保存で2週間、新聞紙で包んでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室での保存で1〜2週間保存できます。

しょうがを新聞紙に包んで冷暗所で保存

まるごとまたはカットしてからラップで包み保存袋に入れて冷凍保存で1〜2ヵ月、天日で干してから保存袋に入れて冷蔵庫で3ヶ月は持ちます。さらに甘酢漬けにして保存で3ヶ月、お酒につけて保存で6カ月ほど持ちます。詳しくはしょうがの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。



しょうがの栄養素について


辛み成分のジンゲロン

しょうがに含まれる辛み成分のジンゲロンは血行促進して体を温める働きがあります。このため冷え性や生理痛、風邪の引き始めなどに有効です。殺菌効果もあるので生ものに添えてもいいです。

辛み成分のショウガオール

同じくしょうがに含まれる辛み成分であるジンゲロールは抗酸化作用が高いことが知られています。その抗酸化作用により体を酸化や老化から守ってくれます。ジンゲロールは加熱されるとショウガオールに変わります。ショウガオールは血行促進や脂肪燃焼などの効果があります。

香り成分のジンギベレンとシトロネラール

しょうがの独特の香りの元になっている成分はジンギベレンとシトロネラールで、これらには殺菌作用と消臭作用もあります。しょうがの効果や効能についてはしょうがの味や香りと効果・効能でも詳しく解説しています。



チェックの大まかな流れ


新しょうがは白い部分が多く茎の先は鮮やかな赤色をしたもの、ひねしょうがは黄金色で色が均一なものを選びましょう。新しょうが、ひねしょうがどちらも皮に傷やしわが少なく、肉厚ではりつやがあり、しま模様の感覚が均一で断面がみずみずしくて乾燥していないものが良品です。また手に取ってみてしっかりと固いものを選びましょう。

根しょうがのチェックの流れ
  • 色が黄金色(新しょうがは茎先が鮮やかな赤)
  • つや、張りがあり、傷やしわがない
  • しま模様が等間隔
  • 断面がみずみずしい
  • 手に取ってしっかりとした固さがある

葉しょうがは葉は緑、茎は紅色、根は白と色がそれぞれはっきりとしていて、根に傷やしわが少なくはりつやのいいものを選びましょう。

葉しょうがのチェックの流れ
  • 葉、茎、根の色がはっきりしている
  • はりつやがり、傷やしわがない
  • 根茎が肥大していない




※参考書籍
からだにおいしい野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
調理以前の料理の常識2
材料の下ごしらえ百科
野菜の基礎知識
新版食材図鑑 生鮮食材篇
野菜・山菜ハンドブック
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
もっとおいしく、ながーく安心食品の保存テク











最終更新日 2018/04/20
公開日 2006/09/04



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved