生活知恵袋
HOME > 食材の疑問 > たまねぎをネットに入れて吊るして常温保存したら本当に長持ちするのか検証してみた!

たまねぎをネットに入れて吊るして常温保存したら本当に長持ちするのか検証してみた!

たまねぎをネットに入れて吊るして保存

はじめに

たまねぎといえばネット(網)に入れてから軒先などに吊るしておけば、長持ちするといいますが本当なのでしょうか。気になったので実際に試してみることにしました。

今回試す保存方法

保存用のネット(網)を用意する

まずはたまねぎを入れておくネット(網)を用意します。本来ならみかんなどを入れるのに使うネットがあると便利なのですが、なかったので今回は排水溝用のネット(網)で代用することにします。

排水溝用のネット

こちらはこのように網目状でしっかりと空気が通るようになっていて、通気性はいいです。

開いた排水溝用のネット

この中にたまねぎを入れます。あとは上部を束ね、開かないよう縄などでしっかりと結んでおきます。

たまねぎをネットに入れて縄で締める

S字状のクリップを用意して、ここに結び付けます。

あとはこのまま室内で棒にこのように吊るしておきます。

たまねぎを吊るして保存

たまねぎをネットに入れて吊るして保存

吊るして保存したたまねぎの見た目の変化

まずは保存するたまねぎの初日の状態を確認しましょう。初日のたまねぎはこのように傷もなく、ハリつやもありしっかりと固いです。

たまねぎを涼しい時期に吊るして保存1日目

こちらは1週間目です。特に大きな変化は見られません。

たまねぎを涼しい時期に吊るして保存1週間目

こちらは1カ月目です。特に変化は見られません。

たまねぎを涼しい時期に吊るして保存1カ月目

こちらは2カ月目です。特に大きな変化は見られません。

たまねぎを涼しい時期に吊るして保存2カ月目

並べるとこんな感じです。左上は初日のネットに入れて吊るして保存するたまねぎで、右上は1週間目のもの、左下は1カ月目のもので、右下は2カ月目のものです。並べて見てもほとんど変化がないのがわかるかと思います。

たまねぎを涼しい時期に吊るして保存1日目と1週間目と1カ月目と2カ月目

2カ月吊るして保存したたまねぎの断面は?

ちなみにカットした断面を見てみると、このように2カ月たってもみずみずしいままで、特に傷んだ様子も見られません。食べて見たところみずみずしくて甘みもしっかりとありました。

たまねぎを涼しい時期に吊るして保存2カ月目のカットした断面

吊るして保存したたまねぎの重さの変化

重さの変化を見ていくとこんな感じです。初日の吊るして保存したたまねぎの重さは212.3gです。

たまねぎを涼しい時期に吊るして保存1日目の重さは212.3g

1週間目は211.4gで初日からは0.5%減、1カ月目は209.9gで初日からは1.2%減、2カ月目は210.0gで初日からは1.1%減となっています。

たまねぎを吊るして保存した時の重さ1日目と1週間目と1カ月目と2カ月目

経過日数重さ(増減率)
初日の吊るしたたまねぎ212.3g
1週間目の吊るしたたまねぎ211.4g(-0.5%)
1カ月目の吊るしたたまねぎ209.9g(-1.2%)
2カ月目の吊るしたたまねぎ210.0g(-1.1%)

たまねぎを吊るして保存した時の気温の変化

たまねぎをネットに入れて吊るして保存した気温と湿度の変化を見ていくとこんな感じです。初日の気温は26度で、湿度は59%でした。

たまねぎを吊るして保存した時の気温と湿度1日目と1週間目と1カ月目と2カ月目

1週間目の気温は21度で、湿度は62%、1カ月目の気温は19度で、湿度は66%、2カ月目の気温は18度で、湿度は70%となっています。初日こそ21度と高めですが、それ以降は18度から21度と比較的涼しい環境での保存でした。

気温が高いとたまねぎが傷むことも

気温の高い夏場に吊るして保存

今回の検証は初日こそ26度と比較的高めの気温でしたが、それ以降は21度から18度とそれほど高すぎない気温での保存でした。このため2カ月たっても傷むこともなく、ネットで吊るして常温でも保存することができました。

ただこれも夏場のように、気温が高い場合は話が別です。こちらは同じような条件のもと、27度から30度という高い気温でネットで吊るして常温で保存したものです。

夏場に吊るして保存したたまねぎの見た目の変化

まずは初日です。特に傷んだ様子もありません。

たまねぎを夏場に吊るして保存1日目

こちらは1カ月目です。若干皮がはがれて浮いてきているようにも見えます。

たまねぎを夏場に吊るして保存1カ月目

こちらは2カ月目です。だいぶ皮が浮いてきていて、触ると表面がふかふかして柔らかくなっています。

たまねぎを夏場に吊るして保存2カ月目

皮をはがすとこのように外側の皮が熟してぐじゅぐじゅになっていました。気温が高い環境で常温で吊るして保存しておくと、長期間になるにつれ、外側が熟してドロドロになってしまうようです。

外皮が溶けたたまねぎ

並べるとこんな感じです。徐々に外側の皮が浮いてきているのがわかるかと思います。

たまねぎを夏場に吊るして保存1日目と1カ月目と2カ月目

涼しい気温で2カ月間常温で吊るして保存したたまねぎと比べるとこんな感じです。外皮のハリ具合が全然違うのがわかるかと思います。

たまねぎを夏場と涼しい時期に2カ月間吊るして保存したものを比較

夏場に吊るして保存したたまねぎの断面は?

こちらは半分にカットしたものです。よく見てもらうとわかりますが、外側が熟して柔らかくなっています。このように気温が高い環境で常温で吊るして保存しておくと、長期間になるにつれ、外側が熟してドロドロになってしまいます。

外側がジュクジュクになったたまねぎ断面

こちらも涼しい気温で2カ月間常温で吊るして保存したたまねぎと比べるとこんな感じです。外側の熟し具合の差がわかるかと思います。

夏場と涼しい時期に2カ月間吊るして保存したたまねぎの断面を比較

たまねぎを常温で吊るして保存する場合は、夏場のように気温が高すぎる環境は避けた方がよさそうです。

夏場に吊るして保存したたまねぎの重さの変化

重さの変化を見ていくとこんな感じです。初日の夏場に吊るして保存したたまねぎの重さは200.0gです。

1カ月目は193.3gで初日からは3.4%減、2カ月目は188.3gで初日からは5.9%減となっています。

たまねぎを夏場に吊るして保存した時の重さ1日目と1カ月目と2カ月目

経過日数重さ(増減率)
初日の吊るしたたまねぎ200.0g
1カ月目の夏場に吊るしたたまねぎ193.3g(-3.4%)
2カ月目の夏場に吊るしたたまねぎ188.3g(-5.9%)

たまねぎを夏場に吊るして保存した時の気温の変化

たまねぎを夏場にネットに入れて吊るして保存した気温と湿度の変化を見ていくとこんな感じです。初日の気温は27度で、湿度は68%でした。1カ月目の気温は26度で、湿度は66%、2カ月目の気温は28度で、湿度は57%となっています。

たまねぎを夏場に吊るして保存した時の気温と湿度1日目と1カ月目と2カ月目

外側の溶けたたまねぎは食べられるの?

ちなみに中は傷んでいなかったので、外側の熟した部分と一応その下の皮を取り除いてから、料理に使いました。熟していない部分は特に味も大きな変化はありませんでした。

なお、たまねぎが熟してしまった失敗談についてはたまねぎが溶けた!?間違った保存法でこんなことに!まだ食べられるの?でも詳しく解説しています。

たまねぎを野菜室で保存

たまねぎの野菜室での保存の仕方

夏場の暑い時期などは野菜室で保存した方がいいので、実際に野菜室で保存した時の変化も見ていくことにします。

野菜室で保存する場合はまずはこのように新聞紙で包みます。これをポリ袋に入れ軽く口を締めます。あとは野菜室で保存します。

たまねぎを新聞紙で包んでポリ袋に入れて野菜室で保存

野菜室で保存したたまねぎの見た目の変化

まずは1日目の状態です。

たまねぎを新聞紙とポリ袋に入れて野菜室で保存1日目

こちらは2カ月目です。特に見た目に変化は見られません。

たまねぎを新聞紙とポリ袋に入れて野菜室で保存2カ月目

並べるとこんな感じです。2カ月たってもほとんど変わっていないのがわかるかと思います。

たまねぎを新聞紙とポリ袋に入れて野菜室で保存1日目と2カ月目

それぞれの保存方法で2カ月間保存した結果を並べるとこんな感じです。涼しい気温で吊るして保存したものも、ポリ袋に入れて野菜室で保存したものも、どちらもしっかりとハリがあり、きれいな状態です。

それぞれの保存方法でのたまねぎの2か月後の変化を比較

一方夏場に保存したものは皮が浮いてきてふかふかした感じになっています。

野菜室で保存したたまねぎの断面は?

こちらは半分にカットしたものです。断面もきれいな状態です。

野菜室で2カ月間保存したたまねぎをカットした断面

こちらもそれぞれの保存方法で保存したたまねぎの断面を並べるとこんな感じです。こちらも涼しい気温で保存したたまねぎと野菜室で保存したたまねぎは、外側迄しっかりと身が詰まっています。

それぞれの保存方法でのたまねぎの断面の2か月後の変化を比較

一方夏場に吊るして保存したたまねぎは外側1枚分ぐらいがジュクジュクになっています。

野菜室で保存したたまねぎの重さの変化

重さの変化を見ていくとこんな感じです。初日の野菜室で保存したたまねぎの重さは251.2gです。2カ月目は248.3gで初日からは1.2%減となっています。

たまねぎを野菜室で保存した時の重さ1日目と2カ月目

経過日数重さ(増減率)
初日の野菜室で保存したたまねぎ251.2g
2カ月目の野菜室で保存したたまねぎ248.3g(-1.2%)

それぞれの保存方法での重さの変化を並べるとこんな感じです。涼しい気温で吊るして保存したものもとポリ袋に入れて野菜室で保存したものは、どちらも同じくらいの減少率です。

それぞれの保存方法でのたまねぎの重さの2か月後の変化を比較

一方夏場に吊るして保存したたまねぎは5.9%減と重さの減りも多いです。

ちなみに今回の検証については以下の動画でも取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

たまねぎの鮮度を見るポイント

たまねぎを常温保存する場合でも、最初に鮮度のいいものを選ぶのは長持ちさせるうえで大事なポイントです。そこでおいしくて鮮度のいいたまねぎの見分け方を紹介します。

たまねぎは形は球形に近いもの、芽が出ていないもの、持ってみて重みがあり、頭の部分を押してもへこまないものが良品です。

皮に傷がなくつやがあり乾燥しているたまねぎ

詳しくはおいしいたまねぎの見分け方・選び方で解説しています。

まとめ

今回はたまねぎをネットで吊るして、常温で室内で保存した場合、どのくらい鮮度が持つのかを検証してみました。たまねぎはもともと長く保存ができる野菜の一つで、ネットで吊るして室内で保存して2カ月たっても、特に傷みなどは見られませんでした。

なので大量に買ってきて冷蔵庫に入りきれない場合は、吊るしておくのもいいでしょう。

ただ夏場のように気温が高い場合は、保存が長くなると成熟がすすみ外側から実が熟して、ぐじゅぐじゅになってしまいます。なので夏場は冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。

公開日 2022/07/23

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の食材の疑問


大きなオクラは本当に筋張って固いのかを実際に食べ比べてみた!
大きなオクラは本当に筋張って固いのかを実際に食べ比べてみた!
キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
キャベツにつまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた!
キャベツにつまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
里芋の切り口の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
里芋の切り口の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
緑がかったじゃがいもって食べられるの?
緑がかったじゃがいもって食べられるの?
卵の黄身が球体に!冷凍して解凍するとこうなった!気になる味や食感は!
卵の黄身が球体に!冷凍して解凍するとこうなった!気になる味や食感は!
にんじんはへた側と先側でどっちが長持ちするか検証してみたら驚きの結果に!
にんじんはへた側と先側でどっちが長持ちするか検証してみたら驚きの結果に!
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
新たまねぎは本当に保存で傷みやすいのか検証してみたら驚きの結果に!
新たまねぎは本当に保存で傷みやすいのか検証してみたら驚きの結果に!
レタスの芯の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
レタスの芯の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved