生活知恵袋
HOME > これ食べれるの? > トマトに白カビが!まだ食べられるの?実際に食べて検証してみた!

トマトに白カビが!まだ食べられるの?実際に食べて検証してみた!

白カビの生えたトマト、食べれるの?

はじめに

冷蔵庫に保存しておいたトマトを使おうと取り出してみたら、なんと表面に白カビが!少し使うのが遅くなって保存が長くなってしまったのが原因だと思われます。

気になるのはまだ食べられるのかどうかです。そこで今回は実際に白カビが生えたトマトが食べられるのかどうかを検証してみることにします。

白カビの生えてしまったトマト

こちらは白カビが生えてしまったトマトです。このように表面の一部に白いカビが生えています。

白カビの生えたトマト

ただ白カビが生えてしまったのは全体の一部で、残りは特に傷んだ様子は見られません。

一部に白カビの生えたトマト

白カビが生えたトマトの断面

白カビの生えたトマトを半分にカットする

表面だけだと白カビの傷みがどの程度進行しているのかがわからないので、白カビが生えている部分から全体を半分にカットしてみることにしました。

白カビの生えたトマトを半分にカット

カットすると中はこんな感じです。どうやら傷んでいる部分は表面の一部だけのようです。

白カビの生えたトマトのカットした断面

残りの部分はきれいでみずみずしく、通常のトマトとそんなに違いは見られません。

なので白カビが生えた部分を少し大きめにカットすれば、残りは食べれそうです。

白カビの生えた部分を大きめにカットする

こちらは白カビの生えた部分を、大きめにカットしたトマトです。

トマトの白カビ部分を大きめにカット

このように見たところ特に傷んだ様子もなく、みずみずしいきれいなトマトです。

白カビ部分をカットしたトマトを食べて見る

それではカットした奇麗な方のトマトを実際に食べて見ることにします。

白カビ部分をカットしたトマト

味の方は特にカビ臭さもなく、傷んで変な味がするというわけでもありません。普通のトマトの味でした。

また翌日になっておなかを壊すといったようなこともありませんでした。

一つ注意してほしいのが半分にカットした後は、包丁の方にも白カビの一部がついているかもしれません。なのでさらに切り分ける際は、いったんしっかりと包丁を洗ってから切り分けるようにしてください。

ちなみに今回の検証については以下の動画でも取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

まとめ

今回はトマトに白カビが生えてしまった場合、まだ食べられるのかどうかを検証しました。半分にカットしてみたら、白カビで傷んでいる部分は表面の一部だったので、大きめにカットすることで、問題なく食べることができました。

白カビが生えてしまった場合も、他の部分に特に傷みも見られないなら、まずは半分にカットしてみて、その範囲が表面の一部なのかどうかを確認してみて、食べるかどうかはそのあと判断してみても、遅くはないのではないでしょうか。

ただ気になる場合は無理して食べないで、捨ててしまってもいいでしょう。

公開日 2022/08/11

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の食材の疑問


キャベツの断面が黒ずんでるけど大丈夫?実際に食べて検証してみた!
キャベツの断面が黒ずんでるけど大丈夫?実際に食べて検証してみた!
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
たまねぎから緑の芽が出てきた、恐る恐る食べてみたら意外な結果に!
たまねぎから緑の芽が出てきた、恐る恐る食べてみたら意外な結果に!
ナスのへた先から何か白いもの!カビなの?まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
ナスのへた先から何か白いもの!カビなの?まだ食べれる?間違った保存法でこんなことに!
ピーマンが常温保存でオレンジ色(橙色)に変色、これって食べれるの? ピーマンが常温保存でオレンジ色(橙色)に変色、これって食べれるの?
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved