HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食品の数え方・単位の大百科 > りんごの数え方・単位は1個、1玉?

りんごの数え方・単位は1個、1玉?




りんごの画像


はじめに


りんごは秋から冬にかけてが旬で、全国各地で栽培されていますが、青森が生産量の半数近くを占めています。今回はそんなりんごについてどのように数えるのかを詳しく見ていくことにします。さらに切ったりんごの数え方やまとめて売ってる場合の数え方、リンゴの木の数え方やりんごの英語での数え方についても紹介します。




りんごの数え方・単位は?


りんごは通常1個、2個と数えられますが、丸い形状をしていることから1玉、2玉とも数えられます。

下はりんごの画像です。数え方は1個のりんご、一玉のりんごになります。

りんご1個の大きさ

りんごの数え方と読み方
一個(いっこ)、一玉(ひとたま)



まとめて売られているりんごの数え方・単位は?


りんごはスーパーなどではまとめて売られていることも多いです。パック詰めなら1パック、袋詰めなら一袋、箱詰めで販売されていたら一箱、ざるにもって入れられていたら一山と数えます。

りんごの数え方と読み方
1パック(わんぱっく)、一袋(ひとふくろ)、一箱(ひとはこ)、一山(ひとやま)



植えてあるりんごの数え方・単位は?


りんごは木になる植物で全体では一本、一株と数えます。株は根の生えた植物のまとまり全体を数える際に使います。

りんごの数え方と読み方
一本(いっぽん)、一株(ひとかぶ)



カットしたりんごの数え方・単位は?


皮むきりんご8分の1個の重さは29.7g

食べやすいようにカットしたりんごを数えるときは一切れ、二切れと数えます。

りんごの数え方と読み方
一切れ(ひときれ)



りんごの英語の数え方は?


りんごは英語でappleといい、数を数えるときはone apple、two applesといいます。anとoneの違いはこれはりんごですとりんごを強調する場合にはan appleといい、これは1個のりんごですと数を強調したい場合にはone appleといいます。

りんごの数え方と読み方
one、two



りんごの重さは?


りんご1個の重さは295.6g

ちなみにりんご1個の重さは295gです。りんごの重さやカットした際の重さなどについてはりんごの重さは1個・1玉で何グラム、大きさやカロリーは?で詳しく解説しています。



りんごの紹介


りんごはヨーロッパ東の黒海からカスピ海に挟まれた地域である北コーカサスが原産です。日本には鎌倉時代に中国から導入されましたが、本格的に生産が開始されたのは明治4年(1871年)からで、アメリカから75品種がもたらされました。その後品種改良などにより国産開発の品種がたくさんうまれました。りんごは全国で栽培されていますが、その50%は青森県が占め、次いで22%が長野県が占めます。どちらも全国的にりんごの生産地として有名な地域です。





参考書籍
数え方の辞典 小学館












Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved