HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食品の数え方・単位の大百科 > 銀杏(ぎんなん、いちょう)の数え方・単位は1個、1粒、1本?

銀杏(ぎんなん、いちょう)の数え方・単位は1個、1粒、1本?




銀杏の画像


はじめに


ぎんなんはいちょうの木になる種子を利用したものです。ぎんなんもいちょうもどちらも感じでは銀杏と書きます。今回はぎんなんの数え方と、いちょうの木の数え方について詳しく見ていくことにします。




銀杏(ぎんなん)の数え方・単位は?


まずはいちょうの種子であるぎんなんの数え方について紹介します。ぎんなんは1個、2個もしくは1粒、2粒と数えます。下はぎんなんの画像です。数え方は一個のぎんなん、一粒のぎんなんとなります。

銀杏1粒の大きさ
銀杏(ぎんなん)の数え方と読み方
一個(いっこ)、1粒(ひとつぶ)



銀杏(いちょう)の木や葉の数え方


銀杏(いちょう)の樹木の数え方は1本、1株、1樹、1木などで数えます。いちょうの葉は1枚、1葉と数えます。

銀杏(いちょう)の木や葉の数え方と読み方
1本(いっぽん)、1株(ひとかぶ)、1樹(いちじゅ)、1木(いちぼく)、1枚(いちまい)、1葉(いちよう)



銀杏(ぎんなん)の重さは?


ちなみにぎんなん1個の重さはで2.8gほどで、中身の重さは1.5gほどになります。ぎんなんの各サイズの重さなどについては銀杏の重さは1個・1粒で何グラム、大きさやカロリーは?で詳しく解説しています。

銀杏1粒の重さは2.8g



銀杏(ぎんなん、いちょう)の紹介


いちょうはイチョウ科の針葉樹で、世界古来の樹木の一つです。生きた化石とも言われています。いちょうの種子は食用としても利用されていますが、取り過ぎると中毒症状を引き起こすため、摂取には注意が必要です。





参考書籍
数え方の辞典 小学館




葉物野菜の数え方・単位



根菜野菜の数え方・単位



野菜の数え方・単位



果物の数え方・単位



その他食品の数え方・単位









公開日 2019/05/10











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved