HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食品の数え方・単位の大百科 > 豆腐の数え方・単位は1丁、1パック?

豆腐の数え方・単位は1丁、1パック?




木綿豆腐の画像


はじめに


豆腐はヘルシーでミネラルも豊富な食品です。日本人の食生活にもなじみの深いものです。そんな豆腐ですがどのように数えればいいのでしょうか。そこで今回は豆腐の数え方と、カットした豆腐の数え方、英語での豆腐の数え方などを詳しく見ていくことにします。




豆腐の数え方・単位は?


豆腐は1丁、2丁と数えます。丁とは本来偶数をあらわします。博打などで使う「半か丁か」の丁になります。なので以前は豆腐1丁といえば豆腐2個分をさし、1個分なら豆腐半丁と言っていました。 しかしながら現在では豆腐1個分を豆腐1丁といいます。パック詰めで売られていることが多いので1パック、2パックとも数えます。

ちなみに手に持って使う道具や武器なども1挺(丁)と数えますが、こちらは意味が異なります。

下は豆腐の画像です。数え方は一丁の豆腐になります。

木綿豆腐の大きさ

豆腐の数え方と読み方
一丁(いっちょう)、1パック(わんぱっく)



カットした豆腐の数え方・単位は?


みそ汁の具材や麻婆豆腐などに使うようにカットした豆腐は、豆腐1個、2個と数えます。

2cm角に切った木綿豆腐1個の重さは8.9g

豆腐の数え方と読み方
1個(いっこ)



豆腐の英語の数え方は?


豆腐は英語でもtofuといいます。豆腐のようなカットして使うことを前提とした食品の場合は不可算名詞となります。この場合数える際はa cake of tofuもしくはa block of tofuといいます。複数形の場合はtwo cakes of tofu、two blocks of tofuとなります。

豆腐の数え方と読み方
a、two



豆腐の重さは?


木綿豆腐1丁の重さは414.4g

ちなみに豆腐1枚の重さは414.4gです。豆腐の重さやカットした際の重さなどについては木綿豆腐の重さは1丁、1個で何グラム、大きさやカロリーは?で詳しく解説しています。



豆腐の紹介


豆腐は大豆を絞った豆乳に、にがりなどの凝固剤を加えて固めたものです。豆腐の起源は中国で8〜9世紀の唐代中期頃と言われています。日本には遣唐使によって持ち込まれたという説が有力なようです。





参考書籍
数え方の辞典 小学館
オールガイド食品成分表2017




葉物野菜の数え方・単位



根菜野菜の数え方・単位



野菜の数え方・単位



果物の数え方・単位



その他食品の数え方・単位









公開日 2019/11/18











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved