HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > いろはに香辛料 > ミントティーの作り方、リフレッシュ効果や胃の消化促進作用も



ミントティーの作り方、リフレッシュ効果や胃の消化促進作用も



ミントティーの画像


世界中で定番のハーブディー



ミントハーブティーは世界各地で古くから親しまれてきているハーブティーです。アルコールが禁止されているアラブ諸国ではアルコールの代わりとしてミントティーが飲まれてきていたほどです。ミントティーには鎮静効果やリフレッシュ効果があり、消化促進や風邪の初期症状にも効果があるといわれています。

今回はミントティーの作り方からペパーミントとスペアミントとの違い、ミントの保存方法や名前の由来などについて詳しく解説していきます。




ミントティーの作り方



ミントティーのレシピ

ミントティーは生の葉でも乾燥した葉でもどちらでも構いません。生の葉を使う場合はちぎっておくと香りが出やすくなります。熱湯200佞世隼箸ξ未魯潺鵐箸了5つぐらいです。

ペパーミント5枝分

まずはティーポットにミントの葉を入れその上から熱湯を注いで5分ほど待ちます。

ティーポッドにミントと熱湯を入れる

5分ほどたったものがこちらです。

5分経ったティーポッドのミントティー

あとはティーカップにミントティーを注いで完成です。乾燥した葉の場合も同様で、ティーカップに入れて熱湯を注ぎ、5分ほど待ってティーカップに注ぎます。

ミントティー1杯

砂糖を加えると飲みやすくなる

ミントティーはそのままだと青臭さが強くて飲みづらいかもしれません。その場合は砂糖を加えるといいでしょう。ミントは砂糖ともよく合うので飲みやすくなります。200佞稜湯なら砂糖大さじ1ほど加えるといいです。加える量はお好みで調整してください。

はちみつやレモンを加えてもいい

ミントティーにはちみつやレモン、ジャムなどを加えてもいいでしょう。ステビアの葉も甘みが加わりミントティーとよく合います。

ミントティーは水出しもできる

ミントティーは水出しもできます。その場合はミントの葉を細かく切って10分ほどつけておきます。



ペパーミントとスペアミントの違い



ペパーミントの特徴

ミントには大きくペパーミントとスペアミントがありますが、ミントティーを作る場合はどちらを使った方がいいのでしょうか。まずペパーミントの香りの主成分であるメンソールには鎮痛やリフレッシュ効果、胃のむかつきや花粉症場を抑える働きがあります。こうした効果を期待したいならペパーミントを使った方がいいでしょう。ペパーミントについてはペパーミントの使い方、味や香り、効能、よく合う料理は?でも詳しく解説しています。

ペパーミントの葉、ホール

スペアミントの特徴

一方スペアミントはメントールの量が少ないため清涼感や香りは穏やかなので、ほのかな甘みがあるのでハーブティーにするなら飲みやすいのはこちらです。スペアミントについてはスペアミントの使い方、味や香り、効能、よく合う料理は?でも詳しく解説しています。

スペアミントの葉、ホール



ミントティーの効果・効能



リラックス効果

ミントティーには鎮静効果やリラックス効果があり、イライラしたときや不安な時に飲むと気分を穏やかにしてくれる働きがあります。

胃のむかつきや胃もたれを抑える

ミントに含まれるメントールには消化促進効果があり、胃のむかつきや胃もたれ、胃潰瘍などを抑える働きがあります。

口臭の予防に

ミントに含まれるメントールには殺菌効果もあり濃い目に抽出したハーブディーでうがいをすれば口臭予防にも効果的です。



ミントティーで余ったミントは?



密閉容器で保存

ミントティー用にたくさんのミントを買ってきたものの、一度で使いきれなかった場合はどうすればいいでしょうか。ミントの茎が比較的長く残っているものなら、水差しすれば常温でも日持ちします。茎が短くカットされているものは密閉容器か保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。乾燥した葉の場合も密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します。

ミントを密閉容器に入れて保存

アイスキューブにして保存

ミントは紅茶などと合わせてもおいしいです。またミントの葉を入れて凍らせたアイスキューブを作っておけば保存も聞くし、そのアイスキューブを紅茶に加えるだけで手軽にミントの清涼感を加えた紅茶が出来上がります。

ミントアイスキューブ入り紅茶



ミントの名前の由来



ミントの名前はギリシャ神話の死後の世界の神ハーデスが寵愛した妖精ミント(メンタ)からきています。ミントはその寵愛のためハーデスの妻ペルセフォネの怒りを買い、様々な嫌がらせを受けていました。そのためミントは自らの姿を植物へと変え、清涼感のある香りで周囲に自らの存在を知らせていたのだといわれています。





※参考書籍
スパイスのサイエンス スパイスを科学で使いこなす!
からだにおいしい野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
ハーブ&スパイス大事典
はじめてのハーブ手帖
おいしく飲んで美しく健康にハーブティー



ハーブティーの作り方と効果・効能リスト









公開日 2018/02/09



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved