HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食品の重さをチェック > 梅(青梅)の重さは1個、1粒で何グラム、大きさやカロリーは?

梅(青梅)の重さは1個、1粒で何グラム、大きさやカロリーは?




梅(青梅)の画像


梅(青梅)の重さ、重量は何グラム?


梅はバラ科の果実で、青い未熟果を梅干しや梅酒、ジュースやジャムなどに利用します。今回は未熟果である青梅1個・1粒あたりでどの程度の重さになるのかを、様々なサイズの青梅で見ていくことにします。

さらに青梅が100g分だとどのくらいの量になるのか、青梅1個にはどのような栄養素がどのくらい含まれているのかについても取り上げます。






梅の数え方


梅は1個、2個または1粒、2粒と数えます。



梅(青梅)の大きさ


特大サイズの梅(青梅)の大きさ

梅(青梅)も個体差があり大きなものから小さいものまでさまざまなサイズがあります。そこでここでは4種類のサイズの青梅の大きさと重さを実際に測ってみることにします。まずは各青梅の大きさです。極大サイズのじゃがいもの大きさは縦4.0cm、横3.8cmです。

青梅(特大)1個の大きさ


大サイズの梅(青梅)の大きさ

つぎは大サイズの青梅の大きさです。縦は3.7cm、横3.2cmです。

青梅(大)1個の大きさ


通常サイズの梅(青梅)の大きさ

つぎは通常サイズの青梅の大きさです。縦は3.2cm、横2.9cmです。

青梅1個の大きさ


小サイズの梅(青梅)の大きさ

つぎは小サイズの青梅の大きさです。縦は2.8cm、横2.7cmです。

青梅(小)1個の大きさ



梅(青梅)1個、1粒の重さは何グラム?


特大サイズの梅(青梅)1個の重さは何グラム?

梅(青梅)(特大)1個の重さは34.3g

それでは実際に各サイズの梅(青梅)1個の重さについて見ていきます。まずは特大サイズの梅(青梅)です。重さは34.3gで、廃棄率は核の部分で15%なので、可食部は残りの85%となります。可食部の重量を計算すると29.1gとなり、その時のカロリーは8.1kcalになります。


大サイズの梅(青梅)1個の重さは何グラム?

梅(青梅)(大)1個の重さは22.0g

つぎに大サイズの梅(青梅)1個の重さです。重さは22.0gで可食部重量は18.7gです。この時のカロリーは5.2kcalです。


通常サイズの梅(青梅)1個の重さは何グラム?

梅(青梅)(通常)1個の重さは16.3g

つぎに通常サイズの梅(青梅)1個の重さです。重さは16.3gで可食部重量は13.8gです。この時のカロリーは3.8kcalです。


小サイズの梅(青梅)1個の重さは何グラム?

梅(青梅)1個の重さは11.3g

次に小サイズの梅(青梅)1個の重さです。重さは11.3gで可食部重量は9.6gです。この時のカロリーは2.6kcalです。

食品 重さ 可食部の重さ 可食部のカロリー
梅(青梅・特大)1個 34.3g 29.1g 8.1kcal
梅(青梅・大)1個 22.0g 18.7g 5.2kcal
梅(青梅)1個 16.3g 13.8g 3.8kcal
梅(青梅・小)1個 11.3g 9.6g 2.6kcal





梅(青梅)100gあたりの分量はどのくらい?


梅(青梅)特大100g分の分量

日本食品標準成分表などでは様々な食品に含まれる栄養素を調査してそのデータを発表しています。しかしながら各食品の栄養素のデータは食品1個当たりではなく100gあたりで表示しています。そこで特大サイズの梅(青梅)と通常サイズの青梅それぞれで、100g分だとどの程度の分量になるのかを調べてみました。特大サイズの梅(青梅)の場合3個で約100gでした。可食部重量は85gで、その時のカロリーは23.8kcalとなります。

特大サイズの梅(青梅)100g分

小梅100g分の分量

通常サイズの梅(青梅)だとは6個で100gとなります。

通常サイズの梅(青梅)100g分



梅(青梅)の重さ一覧表


それでは梅(青梅)の重さをあらためてみていくことにします。梅(青梅)は特大サイズで34.3g、大サイズで22.0g、通常サイズで16.3g、小サイズで11.3gです。

食品 重さ 可食部の重さ 可食部のカロリー
梅(青梅・特大)1個 34.3g 29.1g 8.1kcal
梅(青梅・大)1個 22.0g 18.7g 5.2kcal
梅(青梅)1個 16.3g 13.8g 3.8kcal
梅(青梅・小)1個 11.3g 9.6g 2.6kcal



梅(青梅)1個15g分での栄養素は?


青梅は通常サイズで1個で重さは15gほどです。そこで梅1個15g中に含まれる栄養素について見ていきます。

梅には酸っぱさの素であるクエン酸が豊富に含まれます。クエン酸は炭水化物の代謝を助け、疲労回復効果があります。またビタミンEも豊富に含まれます。ビタミンEは体を酸化や老化から守る抗酸化物質の一つです。他にも動脈硬化の予防や貧血の予防などの効果もあります。ビタミンEの多い食品についてはビタミンEの多い食品・食べ物と含有量一覧で詳しく解説しています。

梅(青梅)1個15gに含まれる栄養素

栄養素 含有量 単位
カロリー 4.2 kcal
たんぱく質 0.1 g
脂質 0.07 g
炭水化物 1.1 g
食塩相当量 0 g

栄養素 含有量 単位
ビタミンA(レチノール当量) 3 μg
ビタミンD 0 μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.5 mg
ビタミンK 0 μg
ビタミンB1 0.004 mg
ビタミンB2 0.007 mg
ナイアシン 0.06 mg
ビタミンB6 0.009 mg
ビタミンB12 0 μg
葉酸 1.2 μg
パントテン酸 0.05 mg
ビオチン 0.07 μg
ビタミンC 0.9 mg

栄養素 含有量 単位
ナトリウム 0.3 mg
カリウム 36 mg
カルシウム 1.8 mg
マグネシウム 1.2 mg
リン 2.1 mg
0.09 mg
亜鉛 0.015 mg
0.007 mg
マンガン 0.01 mg

(他の食品と比較して多めに含まれている成分は太字で表示してます。)
※7訂食品成分表2016より





葉物野菜の重さをチェック



根菜野菜の重さをチェック



野菜の重さをチェック



果物の重さをチェック



豆・豆製品の重さをチェック



種実類の重さをチェック









公開日 2018/10/07











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved