生活知恵袋
HOMEへ
食材見分け方・保存法
食品の重さ
食品数え方
香辛料
調味料
料理のいろは
サイトマップ
HOME > しなびた野菜の復活方法 > しなびたアスパラガスが元通りになるの?アスパラガスの復活術、再生術を検証します

しなびたアスパラガスが元通りになるの?アスパラガスの復活術、再生術を検証します





しなびたアスパラガスの画像


はじめに


アスパラガスは水分が多く含まれていて、上手に保存しなければすぐに水分が抜け出てしおれてきます。そこで今回はこうしたしなびたアスパラガスを再びハリや固さのあるアスパラガスに復活させる方法を紹介します。さらにその方法が本当に効果があるのかどうかも検証していきます。




しなびる前のアスパラガス


まずは今回こちらがしなびる前のアスパラガスです。しっかりとハリと固さがあります。

しなびる前のアスパラガス

おもさは34.6gです。

しなびる前のアスパラガスの重さは34.6g

こちらを冷蔵庫の野菜室でそのまま保存します。



しなびたアスパラガス


こちらは冷蔵庫の野菜室でそのまま3日ほど保存したものです。見てわかるほどにしなびています。触ると固さやハリもだいぶ弱まり、指で動かすと簡単にぐねぐねとしなります。またハリもなくなり表面にも筋が出てきています。

3日目のしなびたアスパラガス

重さをはかってみると32.1gで当初の34.6から7.3減少しています。アスパラガスに含まれる水分が大きく減少していることがわかります。

しなびたアスパラガスの重さは144.9g



しなびたアスパラガスを再生させる


しなびたアスパラガスを再生させる

それではしなびたアスパラガスを再生させる方法を試してみることにします。まずはコップに水を張り、アスパラガスの切り口を水につけて、立てかけておきます。

このまま冷蔵庫の野菜室に入れ、1日置いておきます。

しなびたアスパラガスの切り口を水に浸ける


2日目の変化

その結果は以下の画像の通りです。たった1日で切り口から先のほうまでしっかりと水分を吸収し、固さがもどっています。ハリも出て筋も目立たなくなっています。 水に浸けて1日たったしなびたアスパラガス

重さは32.1gで当初の34.6gに対して7.3%減だったのが、36.0gで逆に当初から4%増加しています。しっかりと水分を吸収していることがわかります。

切り口側を水に浸けた2日目のしなびたアスパラガスの重さは36.0g

経過日数重さ(増減率)
初日のアスパラガス34.6g
5日目のしなびたアスパラガス32.1g(-7.3%)
水につけて1日たったアスパラガス36.0g(+4%)


ちなみにしなびたアスパラガス、しおれたアスパラガスの再生法については以下の動画でも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。




まとめ


今回はしなびたアスパラガスを再生させる方法についてみていきました。アスパラガスはそのままだと水分が抜けやすいので、しっかりと保存法を実践して保存しておくことが長持ちの秘訣です。

しなびてしまったアスパラガスは水につけておくことで、もう一度ハリや固さを取り戻すことができます。





※参考書籍
新版食材図典 生鮮食材篇
野菜のソムリエ











公開日 2020/09/10












食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved