生活知恵袋
HOMEへ
食材見分け方・保存法
食品の重さ
食品数え方
香辛料
調味料
料理のいろは
サイトマップ
HOME > しなびた野菜の復活方法 > しなびた長ねぎ(白ねぎ)が元通りになるの?復活術、再生術を検証します

しなびた長ねぎ(白ねぎ)が元通りになるの?復活術、再生術を検証します





しなびた長ねぎ(白ねぎ)の画像


はじめに


長ねぎ(白ねぎ)は水分が多く含まれていて、上手に保存しなければすぐに水分が抜け出てしおれ、表面も乾燥して固さやハリも失われてきます。

そこで今回はこうしたしなびた長ねぎ(白ねぎ)を再びハリや固さのある長ねぎ(白ねぎ)に復活させる方法を紹介します。さらにその方法が本当に効果があるのかどうかも検証していきます。




しなびる前の長ねぎ(白ねぎ)


まずは今回こちらがしなびる前の長ねぎ(白ねぎ)です。表面もみずみずしくて、しっかりとハリと固さがあります。

しなびる前の長ねぎ(白ねぎ)

こちらは緑の葉の部分です。こちらもしっかりとハリつやがあります。

しなびる前の長ねぎ(白ねぎ)の緑の葉の部分

重さは107.5gです。こちらを冷蔵庫の野菜室でそのまま保存します。

しなびる前の長ねぎ(白ねぎ)の重さは107.5g



しなびた長ねぎ(白ねぎ)


こちらは冷蔵庫の野菜室でそのまま9日ほど保存したものです。見てわかるほどに切り口や葉先などがしなびれ、表面の薄皮もみずみずしさがなくなり、ぱさぱさと浮いてきています。また触ると当初のような張りや固さも減ってきています。

しなびた長ねぎ(白ねぎ)

こちらは長ねぎの中ごろの部分です。こちらもハリや固さが弱まり、薄皮も浮いてきています。

しなびた長ねぎ(白ねぎ)の中ごろ

こちらは緑の葉の部分です。しわしわになってぺらぺらになっています。

しなびた長ねぎ(白ねぎ)の緑の葉の部分

重さをはかってみると82.0gで当初の107.5gから23.8%も減少しています。長ねぎ(白ねぎ)に含まれる水分が大きく減少していることがわかります。

しなびた長ねぎ(白ねぎ)の重さは82.0g



しなびた長ねぎ(白ねぎ)を再生させる


容器に水を入れカットした長ねぎを浸す

容器を用意して水を張ります。次に容器に入るサイズにしなびた長ねぎをカットします。

これを容器に入れ、切り口がしっかりと水につかるようにします。

このままふたをして、冷蔵庫の野菜室に入れ、1日置いておきます。ふた付きでない場合はラップでふたをしてもいいです。

カットした長ねぎ(白ねぎ)を容器に入れて水に浸ける


ちなみに根元の部分と中ごろの部分、葉先の部分が、それぞれ水につけておくとどう変わるかを見ていきます。まずは根元の部分です。重さは18.9gです。

しなびた長ねぎ(白ねぎ)の根元の重さは18.9g

こちらは中ごろの部分です。重さは19.1gです。

しなびた長ねぎ(白ねぎ)の中ごろの重さは19.1g

で最後に葉先の部分です。葉先の部分はもっともしなびれた感じが強く、乾燥して薄くペラペラになっています。重さは1.3gです。

しなびた長ねぎ(白ねぎ)の緑の葉の部分の重さは1.3g



再生法実践2日目の変化


2日目の長ねぎの根元側

野菜室に1日置いたところ、まず根本の部分は表面や切り口のみずみずしさや、触ったときのハリや固さがだいぶ戻ってきています。

水に浸けて2日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)

重さは19.9gで、しなびた当初の18.9gからは6.3%増加しています。

水に浸けて2日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の重さは19.9g


2日目の長ねぎの中ごろ

こちらは中ごろの部分です。こちらもみずみずしさやハリ、固さがだいぶ戻ってきています。

水に浸けて2日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の中ごろ

重さは22.4gで、しなびた当初の19.1gからは17.2%と大きく増加しています。

水に浸けて2日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の中ごろの重さは22.4g


2日目の長ねぎの緑の葉の部分

最後は葉先の部分です。葉先の部分はペラペラだったものが、水につけておいたところかなり厚みが増し、ハリやみずみずしさも戻ってきています。ただ水につけてないほうがやや戻りが弱いので、今度は逆に反対側を水につけてさらに1日置いてみることにします。

水に浸けて2日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の緑の葉の部分

ちなみに重さは4.6gで、当初の1.3gからは何と353%も増加しています。

水に浸けて2日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の緑の葉の部分の重さは4.6g



再生法実践3日目の変化


3日目の長ねぎの根元側

3日目の変化もみてみることにします。根元の部分は前日の改善からはそこまで大きな変化はない感じです。

水に浸けて3日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)

重さは20.1gで、当初の19.1gからは6.3%増加しています。

水に浸けて3日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の重さは20.1g


3日目の長ねぎの中ごろ

中ごろの部分は前日からさらにハリや固さが改善した感じです。 水に浸けて3日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の中ごろ

重さは23.3gで、当初の19.1gからは21.9%増加しています。

水に浸けて3日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の中ごろの重さは23.3g


3日目の長ねぎの緑の葉の部分

最後に葉先の部分で、こちらは反対側を水につけておいたところ、そちらもしっかりと葉の厚みやみずみずしさが戻ってきています。

水に浸けて3日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の緑の葉の部分

重さは4.9gで、当初の1.3gからは376%増加しています。

水に浸けて3日目のしなびた長ねぎ(白ねぎ)の緑の葉の部分の重さは4.9g

経過日数根元中ごろ葉先
しなびた長ねぎ18.9g19.1g1.3g
水につけて1日たった長ねぎ19.9g(+5.2%)22.4g(+17.2%)4.6g(+353%)
水につけて1日たった長ねぎ20.1g(+6.3%)23.3g(+21.9%)4.9g(+376%)


ちなみにしなびた長ねぎ(白ねぎ)の再生法については以下の動画でも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。



長ねぎ(白ねぎ)の保存方法


長ねぎ(白ねぎ)は上手に保存することで、鮮度を維持して長持ちさせることができます。そこで保存法についても紹介します。長ねぎ(白ねぎ)は新聞紙に包んでから冷蔵庫の野菜室で保存します。こうすれば1週間は保存ができます。

他にも用途に合わせてカットしてから冷凍保存すれば1か月は持ちます。保存方法について詳しくは長ねぎ(白ねぎ)、葉ねぎ(青ねぎ)の保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

長ねぎを新聞紙に包んで冷蔵保存

ちなみに以下の動画では実際に新聞紙で包んで保存する方法の効果を検証しています。併せて参考にしてみてください。




長ねぎ(白ねぎ)の鮮度を見るポイント


まず購入段階で鮮度のいいものを選ぶのも、長ねぎ(白ねぎ)をしおらせてしまわないためには重要です。そこでおいしくて鮮度のいい長ねぎ(白ねぎ)を見分けるポイントを紹介します。

長ねぎは白と緑の境目がはっきりとしているもの、つやがあってみずみずしいもの、白い部分の太さが一定なもの、切り口がみずみずしくて変色していないものが新鮮です。また触ってみてハリや固さのあるものも良品です。くわしくはおいしい長ねぎ(白ねぎ)、葉ねぎ(青ねぎ)の見分け方・選び方でも解説しています。

以下では長ねぎ(白ねぎ)の見分け方・選び方をドアップの映像で動画で解説しているので、併せて参考にしてみてください。




まとめ


今回はしなびた長ねぎ(白ねぎ)を再生させる方法についてみていきました。長ねぎ(白ねぎ)も保存期間が長くなると水分が抜け、みずみずしさが失われ、表面が乾燥し、ハリや固さもなくなってきます。

そこで失われた水分を戻すべく、水につけて置いておいたわけですが、1日でもしっかりと水分が吸収され、しなびた部分が再びみずみずしさ、ハリ、固さを取り戻すことができました。しなびれた野菜もあきらめて捨ててしまうのはもったいないです。ぜひその前に今回紹介した再生法、復活法を試してみてください。





※参考書籍
新版食材図典 生鮮食材篇
野菜のソムリエ











公開日 2020/09/23












食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved