生活知恵袋
HOMEへ
食材見分け方・保存法
食品の重さ
食品数え方
香辛料
調味料
料理のいろは
サイトマップ
HOME > しなびた野菜の復活方法 > しなびたオクラが元通りになるの?オクラの復活術、再生術を検証します

しなびたオクラが元通りになるの?オクラの復活術、再生術を検証します





しなびたオクラの画像


はじめに


オクラは水分が多く含まれていて、鮮度が落ちるのも早い野菜の一つです。日にちが経ったり上手に保存しないとしなびてしまいます。そこで今回はこうしたしなびたオクラを再びハリや固さのあるオクラに復活させる方法を紹介します。さらに実際に実践してみてその方法に本当に効果があるのかも検証していきます。




しなびる前のオクラ


まずはこちらがしなびる前のオクラです。しっかりとハリと固さがあります。

しなびる前のオクラ

こちらを冷蔵庫の野菜室でそのまま保存します。



しなびたオクラ


こちらは冷蔵庫の野菜室でそのまま4日間ほど保存したものです。見てわかるほどにしなびています。触るとハリや固さも減っています。

しなびたオクラ

重さをはかってみると1本目は6.0gです。

しなびたオクラ1本目の重さは6.0g

2本目は5.5gです。こちらが再生術、復活術でどのように変化するのかを見ていきましょう。

しなびたオクラ2本目の重さは5.5g



しなびたオクラを再生させる方法その1


水を含ませたキッチンペーパーで包む

それではしなびたオクラを再生させる2つの方法を試してみることにします。まずはオクラ全体を水に浸けておきます。ただオクラは中に空洞があるのでそのままだと浮いてきてしまいます。

そこで十分に水を含ませたキッチンペーパーで包み、それごと水に浸けます。これで全体に水がいきわたります。これで一日置いておきます。

オクラを濡らしたキッチンペーパーで包んで水に浸ける


2日目の変化

結果は以下の画像の通りです。全体にハリや固さが戻り、乾燥していた部分にもみずみずしさが戻ってきています。

1日水に浸けたオクラ

重さは8.4gで当初の6.0gに対して40%も増えています。しっかりと水を吸収していることがわかります。

水に浸けて1日目のしなびたオクラの重さは8.4g

経過日数重さ(増減率)
4日目のしなびたオクラ6.0g
水につけて2日目のオクラ8.4g(+40%)



しなびたオクラを再生させる方法その2


上部をカットして水に浸ける

もう一つはオクラのへた側上部をカットし、切り口を下にして容器に入れ、水を加え水に浸します。これで冷蔵庫の野菜室で保存しておきます。

カットしたオクラの断面を水に浸けておく

ちなみに上部をカットしたオクラの重さは4.6gです。

カットしたしなびたオクラの重さは4.6g


2日目の変化

1日たつとこちらもしっかりとハリや固さが戻り、乾燥していた個所もみずみずしさが戻ってきています。

1日カットした断面をつけておいたオクラ

重さは7.0gで、当初の4.6gからは52.1%も増加しています。上部をカットして断面を水につけておくことで、吸水効率も上がったようです。

断面を水に浸けて2日目のしなびたオクラの重さは7.0g

重さは7.0gで、当初の4.6gからは52.1%も増加しています。上部をカットして断面を水につけておくことで、吸水効率も上がったようです。

オクラをつけておいた水にとろみがついている

経過日数重さ(増減率)
4日目のしなびたオクラ4.6g
水につけて2日目のオクラ7.0g(+52.1%)

ちなみにしなびたオクラ、しおれたオクラの再生法については以下の動画でも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。




オクラの保存方法


オクラは上手に保存しないと鮮度が落ちてしなびて柔らかくなります。そこで保存法についても紹介します。オクラはキッチンペーパーで包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。こうすれば2週間は保存ができます。

オクラをポリ袋に入れて口をしめて保存

他にも茹でてからまるごと、もしくはカットして冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存すれば1か月は持ちます。保存方法について詳しくはオクラの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

茹でたオクラを保存袋に入れて冷凍保存

ちなみに以下の動画では実際にキッチンペーパーで包んでポリ袋に入れて保存する方法の効果を検証しています。併せて参考にしてみてください。




オクラの鮮度を見るポイント


まず購入段階で鮮度のいいものを選ぶのも、オクラをしおらせてしまわないためには重要です。そこでおいしくて鮮度のいいオクラを見分けるポイントを紹介します。ピーマンは緑色で色つやがいいもの、表面に産毛が均一に覆っているものがいいです。

またへたの切り口が変色していないもの、触ってみてハリがあるものも良品です。くわしくはおいしいオクラの見分け方・選び方でも解説しています。

以下ではオクラの見分け方・選び方をドアップの映像で動画で解説しているので、併せて参考にしてみてください。




まとめ


今回はしなびたオクラを再生させる方法についてみていきました。オクラも日にちが足ったり、保存の仕方が悪いとしなびてしまいやすいので、しっかりと保存法を実践して保存しておくことが長持ちの秘訣です。

しなびてしまったオクラは水につけておくことで、もう一度ハリや固さを取り戻すことができます。水につける場合は、上部をカットして浸けると吸水効果が上がりますが、ぬめり成分も抜けやすくなるので、そのまま全体を水に浸けるといいです。こちらの方法でもしっかりと水分は吸収されます。
















公開日 2020/10/05












食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved