生活知恵袋
HOME > しなびた野菜の復活方法 > しなびたピーマンが元通りになるの?ピーマンの復活術、再生術を検証します

しなびたピーマンが元通りになるの?ピーマンの復活術、再生術を検証します





しなびたピーマンの画像


はじめに


ピーマンは水分が多く含まれていて、上手に保存しなければすぐに水分が抜け出てしおれてきます。そこで今回はこうしたしなびたピーマンを再びハリや固さのあるピーマンに復活させる方法を紹介します。さらにその方法が本当に効果があるのかどうかも検証していきます。




しなびる前のピーマン


まずはこちらがしなびる前のピーマンです。しっかりとハリと固さがあります。

しなびる前のハリのあるピーマン

重さは42.9gです。こちらを冷蔵庫の野菜室でそのまま保存します。

しなびる前のハリのあるピーマンの重さは42.9g




しなびたピーマン


こちらは冷蔵庫の野菜室でそのまま1週間ほど保存したものです。見てわかるほどにしなびています。触るとハリや固さも減り、柔らかくて弾力があります。

しなびたピーマン

重さをはかってみると39.4gで当初の42.9gから8.2%減少しています。

しなびたピーマンの重さは39.4g



しなびたピーマンを再生させる方法その1


カットした断面を水に浸ける

それではしなびたピーマンを再生させる2つの方法を試してみることにします。まずはピーマンを半分にカットし、へたと種を取り除きます。

半分にカットしたしなびたピーマン

へたと種を取り除いたピーマンの片方の重さは18.2gです。

半分にカットしたしなびたピーマン

これを水を張った容器に入れ、断面が水に浸るようにします。

しなびたピーマンの断面を水に浸ける

横から見るとこんな感じです。これを冷蔵庫の野菜室で1日置いておきます。

横から見た断面を水に浸けたピーマン


2日目の変化

結果は以下の画像の通りです。しわはやや改善してはいますが、まだだいぶあります。触ったときのハリや固さも前日よりはだいぶ改善はしていますが、まだ柔らかさが残っています。

断面を水に浸けたピーマンのつける前と1日つけた後の違い

重さは19.4gで、しなびた状態の18.2gからは6.5%増加しています。

断面を水に浸けて1日目のしなびたピーマンの重さは19.4g

経過日数重さ(増減率)
しなびたピーマン18.2g
再生法2日目のしなびたピーマン19.4g(+6.5%)



しなびたピーマンを再生させる方法その2


全体を水に浸ける

もう一つの方法も試してみます。こちらはカットしてへたと種を取りもう片方のピーマンです。

もう片方の半分にカットしたしなびたピーマン

重さは15.6gです。

もう片方の半分にカットしたしなびたピーマンの重さは15.6g

こちらを容器に入れ、カットしたピーマン全体が浸るように水を入れます。ピーマンが浮いてこないようにスプーンを重石代わりにのせます。これを冷蔵庫の野菜室に入れ、1日置いておきます。

しなびたピーマン全体を水に浸ける


2日目の変化

1日たつとこちらはしわもだいぶ目立たなくなってきています。さらに触ったときのハリや固さもかなり改善しています。

全体を水に浸けたピーマンのつける前と1日つけた後の違い

重さは18.7gで、しなびた状態の15.6gからは19.8%も増加しています。全体をつけていたほうが吸水力は3倍も違います。

全体を水に浸けて2日目のしなびたピーマンの重さは18.7g

経過日数重さ(増減率)
しなびたピーマン15.6g
再生法2日目のしなびたピーマン18.7g(+19.8%)

ちなみにしなびたピーマン、しおれたピーマンの再生法については以下の動画でも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。




ピーマンの保存方法


ピーマンは上手に保存しないと鮮度が落ちてしなびて柔らかくなります。そこで保存法についても紹介します。ピーマンは新聞紙に包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。こうすれば2週間は保存ができます。

ピーマンを新聞紙で包んでポリ袋に入れる

他にも茹でてからカットして冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存すれば1か月は持ちます。保存方法について詳しくはピーマンの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

ピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

ちなみに以下の動画では実際に新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存する方法の効果を検証しています。併せて参考にしてみてください。




ピーマンの鮮度を見るポイント


まず購入段階で鮮度のいいものを選ぶのも、ピーマンをしおらせてしまわないためには重要です。そこでおいしくて鮮度のいいピーマンを見分けるポイントを紹介します。ピーマンは緑色で色つやがいいもの、へたがみずみずしいものがいいです。

また触ってみてハリがあるものも、重みがあるものも良品です。くわしくはおいしいピーマンの見分け方・選び方でも解説しています。

以下ではピーマンの見分け方・選び方をドアップの映像で動画で解説しているので、併せて参考にしてみてください。




まとめ


今回はしなびたピーマンを再生させる方法についてみていきました。しなびてしまったピーマンも水に浸けておくことで、できてしまったしわや、ハリや固さがかなり改善することがわかりました。

断面だけ水に浸けておく方法でも、それなりに改善しますが、全体をつけていたほうに比べるとかなり劣ります。その点全体をつけたほうは見た目のしわの改善だけでなく、ハリや固さもしっかりと改善していました。もしピーマンをしなびらせてしまった場合は、全体を水に浸けておく方法を試してみることをおすすめします。








公開日 2020/12/27



この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 





















食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved