HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > にんじんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

にんじんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ




にんじんの画像


にんじんの保存方法


保存方法常温冷蔵冷凍漬物乾物土中
対応状況--

にんじんは基本は冷蔵保存か冷凍保存が可能で、冬の寒い時期なら冷暗所での保存も可能です。まずはにんじんを保存するうえでの基本を見て行き、ついで冷蔵保存、冷凍保存の方法をみていきます。また干したりピクルス漬けにして保存する方法も紹介します。





にんじんの保存の基本


立てて保存する

人参は収穫前の状態と同じにしてやると長持ちします。土の中で立った状態でうまっているにんじんは縦に伸びようとエネルギーを消費します。これを横にして保存すると、横から縦に伸びようと余計にエネルギーを消費するのでその分しおれるのも早くなります。容器などに入れると立てて保存するのに便利です。

土つき野菜は土を取らずに保存

野菜は基本的に育った環境そのままで保存するほど長持ちします。土つきの野菜は、土がついているほど長持ちするものですが、最近は出荷前にキレイに洗い流してしまうのが主流です。土つきのお野菜を手にする機会がある時は、保存はそのまま新聞紙にくるんで保存しましょう。

人参の最適保存温度、最適湿度は?

人参の最適な保存、貯蔵温度は0〜5度だといわれています。保存するなら冷蔵庫での保存が適しています。また乾燥にも弱いので湿度は90〜95%ほどがいいとされています。乾燥対策も長持ちの基本です。

カットして余った人参

一度で使い切れずに余った人参は、切り口から乾燥してくるので、ぴっちりとラップをして保存します。早めに使い切るようにしましょう。

切った人参はラップに包んで保存



にんじんを常温で保存


新聞紙に包んで保存

にんじんを新聞紙で保存

にんじんは水分がつくとそこから痛んでしまうので保存するときはよく拭き取るようにします。また高温多湿の環境にも弱いので、水分を吸収する新聞紙で1本ずつくるんでやると湿気による傷みも予防できます。新聞紙で包んだにんじんをかごなどに立てかけて冷暗所で保存します。1週間ほど保存が可能です。

冷暗所とは

冷暗所とは文字通りひんやりとして暗い場所です。具体的には14度以下の環境で風通しがよく、日光の当たらない涼しい場所です。にんじんは冬場の寒い時期には冷暗所でも保存が可能です。

夏場は常温保存には適さない

夏場は外気が高くなるので冷暗所自体を確保することも難しくなります。このため夏場はにんじんは常温ではなく冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。



にんじんを冷蔵庫で保存


新聞紙に包んで保存

にんじんを冷蔵庫で保存する場合は冷蔵庫の野菜室で保存します。にんじんを乾燥しないように新聞紙かキッチンペーパーで包んでからポリ袋に入れ、口を軽くしめ、立てて保存します。これで2週間ほど保存できます。

ポリ袋の口は軽くしめる

ポリ袋に入れることでより乾燥を防げますが、密閉してしまうと今度は逆にむれてしまうので、口はしっかりとしめないで軽く締めるようにしましょう。ちょうど下の画像の様がしめ具合です。

保存用のポリ袋の口のしめ方



にんじんを冷凍庫で保存


冷凍保存

まずは薄切り、乱切りなど用途に応じてカットします。そして少し固めにゆでて、水を切り、ラップに包むか冷凍用の保存袋にいれて保存します。保存は1〜2ヶ月程可能です。

冷凍保存したニンジンの解凍方法

解凍は電子レンジか、茹でなおすかで行います。電子レンジは解凍キーがあればそれを押し、なければ弱で加熱します。そのまま煮物、汁物などにいれていもいいです。サラダなどに使う場合は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいでしょう。自然解凍は7〜8時間程見ておくといいです。



にんじんの冷凍保存のコツ


ブランチングで保存性アップ

にんじんは生よりも加熱調理してからの方が冷凍保存の保存性は増します。生のにんじんには腐敗を進める酵素が含まれており、この酵素は低温化だとその働きが弱まりますが、それでも徐々に腐敗は進行します。そこであらかじめ加熱処理して酵素を壊しておくと、腐敗の進行を抑えることができ冷凍保存での保存性も高めることができます。これをブランチングといいます。

水けをふき取る

にんじんを冷凍保存する際はしっかりと水けをふき取らないと、冷凍したときに霜がついてしまいます。霜があると解凍時に味が落ちやすくなります。またにんじん同士もくっついて使う時にも不便です。キッチンペーパーなどで水けをふき取ってから冷凍しましょう

保存袋に日付の記載を

冷凍保存は長期保存が可能なので、ついつい使うのを忘れてしまいがちです。後になってこれいつ保存したの?とならないように、保存する際は保存袋に保存日と中身を記入しておくようにしましょう。そうすれば後になってもいつ保存したのかが一目でわかります。

ジップロックの日付記入欄

ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。

ジップロック フリーザーバッグ
旭化成ホームプロダクツ

amazonで購入 楽天市場で購入


金属トレイで急速冷凍

金属トレイの画像

冷凍保存で食品の品質を損なわせないようにするのに大事なことは、いかに早く冷凍するかです。金属トレイは熱伝導率が高いので、カットしたニンジンなどをその上にのせて保存すれば素早く冷凍させることができます。



にんじんを干して保存


にんじんは干して乾燥させても長持ちします。輪切り、千切り、乱切りなど料理の用途に合わせてカットし、湿気の少ない日を選び、風通しのいい場所で2日ほどざるの上で天日干しにします。干したにんじんは煮物や漬物、炊き込みご飯の具などに利用できます。密閉できる保存袋や瓶などに入れ1か月ほど保存できます。

天日干しでは虫がついたり鳥が食べたりしないかも気になるところです。そこで便利なのが天日干し用の網付きカゴです。周囲が網で覆われているので虫や鳥などの侵入を防いでくれます。

万能干しカゴ 3段 50×50×高さ55cm アウトドア 干し物に活躍
全国家庭用品卸商業協同組合

amazonで購入 楽天市場で購入



にんじんをピクルスにして保存


ピクルスとは欧米でよく食べられてきた保存食で、野菜をお酢につけて保存します。にんじんもピクルスにすれば1か月ほど保存が可能です。ピクルス液の材料は以下の通りです。

・酢…200
・水…150
・砂糖…50g
・塩…4g
・ローリエ…1枚
・白コショウ…少々

まずにんじんを輪切り、千切り、乱切りなどにして瓶に入れます。次にピクルス液の材料を鍋に入れ一度沸騰させます。そのピクルス液をにんじんを入れた瓶に注ぎ、冷ましてから冷蔵庫で保存します。長期保存に使う瓶は煮沸消毒したものを使いましょう。煮沸消毒は深めの鍋に水を入れ瓶とふたを入れて沸騰させます。沸騰した後2〜3分ほど煮込みます。火を止め菜箸やトングなどを使って清潔な布巾かキッチンペーパーを引いた台の上に取り出し、自然乾燥させます。



保存方法別の保存期間の目安


にんじんは冬場なら冷暗所など常温で保存すると1週間ほど保存できます。冷蔵庫で保存する場合は2週間ほどです。カットしてから冷凍保存すれば1〜2か月はもちます。またカットして干したものを冷蔵庫で保存しても1か月ほど持ちます。ピクルス漬けにしても1か月ほど保存ができます。

保存方法保存期間
常温保存1週間
冷蔵保存2週間
冷凍保存1〜2か月
干して保存1ヵ月
ピクルス漬けにして保存1ヵ月





にんじんの見分け方・選び方


にんじんの見分け方や選び方についても解説します。にんじんはβ-カロテンが豊富で赤みの強いものほど含有量は多くなります。つやがあり凸凹が少なく滑らかなものも良品です。触ってみて張りがあり重量感があるのもポイントです。にんじんは葉付きのものは収穫してからそれほど日もたっておらず鮮度も高いのでお勧めです。ただしそのままだと葉に栄養分を吸収されてしまうので、持ち帰ったらすぐにカットしましょう。葉を切り落とした断面部は小さいものほど中の芯も小さくなるので繊維質が少なく柔らかい食感になります。くわしくはにんじんの見分け方・選び方でも解説しています。

表面が滑らかで色濃く鮮やか



保存方法まとめ


にんじんは表面に水が付くと傷みやすくなるので水分をふき取って新聞紙に包んで5度前後の環境である冷蔵庫または冷暗所で保存します。カットしてあまった場合は乾燥しないようラップに包んで保存します。1、2週間で使い切れなさそうなら、料理の用途を想定してカットして軽くゆでて冷凍保存します。2日ほど天日干しにしてから保存しても1か月ほど保存ができます。ピクルスにして保存すればこちらも1か月ほど保存ができ、手軽に料理に一品加えることができます。




※参考書籍
野菜のソムリエ
野菜の基礎知識
からだにおいしい 野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
料理の裏ワザ便利帳
調理以前の料理の常識
もっとおいしくながーく安心 食品の保存のテク
農家が教える野菜の収穫・保存・料理











最終更新日 2017/02/04
公開日 2004/03/02



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved